木下 貴文

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 木下 貴文
連絡先(電話番号) 019-643-3414
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000211
URL http://researchmap.jp/read0208709
カテゴリ 栽培技術 施設環境管理 施肥 たまねぎ トマト 水管理

研究情報

2014年度   中山間地域農家の所得拡大を目指した夏秋トマトの低コスト・省力・安定生産技術体系の取組と課題

2014年度   トマト低段密植栽培における子葉直上摘心後の腋芽を利用した苗の生育と収量

2014年度   Development of a Simplified and Highly Nutrient-Efficient Fertilization Method by Using Controlled-Release Fertilizer in Tomato Cultivation

2014年度   Effects of Controlled-Release Fertilizer on Leaf Area Index and Fruit Yield in High-Density Soilless Tomato Culture Using Low Node-Order Pinching

2013年度   Suitability of a new application method for controlled-release fertilizers in long-term forcing culture of tomato by using capillary wick irrigation system

2013年度   Use of Air Circulation to Reduce Wet Leaves under High Humidity Conditions

2013年度   防根給水ひも栽培に肥効調節型肥料を適用したトマトの省力・環境負荷低減型簡易生産システムの開発

2012年度   愛媛県中山間地における夏季のトマトポット育苗において渓流水を活用した低コスト根域冷却技術の開発

2012年度   Effects of Different Application Methods of Controlled-Release Fertilizers on Capillary Wick Culture of Tomato

2012年度   夏季高温期におけるトマトのポット育苗において根域冷却の時間帯が生育および収量に及ぼす影響

2012年度   愛媛県中山間地域における夏季のトマトポット育苗において渓流水を活用した低コスト根域冷却技術の開発

2012年度   Effect of Controlled Release Fertilizers versus Liquid Fertilizers on Fruit Yield and Nutrient Dynamics in Forcing Tomato Culture with Root-proof Capillary Wick Irrigation

2011年度   Differential nutrient uptake and its transport in tomato plants on different fertilizer regimens

2011年度   促成トマトの防根給水ひも栽培における培地の種類が生育および収量に及ぼす影響

2010年度   促成トマトの防根給水ひも栽培における培地の種類が生育および収量に及ぼす影響

2009年度   冬春セルリー栽培における傾斜地養液栽培システムの性能および根域加温の時間帯の効果

2009年度   促成トマトの防根給水ひも栽培における肥効調節型肥料の適用

2008年度   外気湿度が春夏花壇苗4品目の低温傷害発生に及ぼす影響

2006年度   中山間傾斜地におけるブルーベリーのコンテナ養液促成栽培の実用化

2006年度   傾斜地の低コスト施設を利用した夏秋トマト栽培を核とする栽培体系

2018年度   東北地方北部におけるセット球を用いたタマネギ初冬どり新作型に適した栽培条件

2018年度   拍動灌水装置による夏秋トマト栽培で尻腐れ果発生を抑制する施肥方法

2016年度   東北・北陸地域に適するタマネギの春まき夏どり作型

2012年度   中山間地の夏季のトマト育苗における冷水資源を活用した根域冷却技術

2012年度   低コストな高軒高ハウスと自動灌水装置等による夏秋トマト低段密植2作採り

2009年度   夏季の花壇苗生産における気化冷却を活用した培地昇温抑制による生育改善

2007年度   夏秋トマト後作のセルリー養液栽培における根域加温の効率的な時間帯

2006年度   傾斜地の低コスト施設を利用した夏秋トマト栽培を核とする栽培体系

2006年度   傾斜地養液栽培システムによる夏秋トマト・促成ブルーベリーの栽培体系

2006年度   作物群落の熱収支を考慮したCFD解析による温室内環境の推定

2005年度   天頂方向からの画像処理で収穫後の小ギク切り花の開花程度は定量できる

2005年度   培地乾燥に起因するトルコギキョウのロゼット化は種子冷水浸漬で抑制できる

2004年度   親株の環境制御による高温期における無側枝性ギク摘心後萌芽の改善

2004年度   親株の環境制御による高温期における無側枝性ギク摘心後萌芽の改善

この記事は