棚橋寿彦

所属機関名 岐阜県農業技術センター
肩書き 土壌化学部長
氏名 棚橋寿彦
連絡先(電話番号) 058-239-3135
所在都道府県名 岐阜県
見える化ID 002072
URL http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei/ken-gaiyo/soshiki-annai/nosei/nosei/kenkyu.data/02-6nougise.pdf
http://www.g-agri.rd.pref.gifu.lg.jp/houkoku/h27r/16hou03.pdf
http://www.g-agri.rd.pref.gifu.lg.jp/houkoku/h27r/16hou04.pdf
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008144198
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008144199
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008144169
http://www.ari.pref.niigata.jp/chikusan/Environment/taihi/index.html
https://www.naro.affrc.go.jp/narc/kenkyu_koryu/files/kantoseika_h26gifu03.pdf
カテゴリ 水稲 施肥 その他の野菜

研究情報

2015年度   豚ぷん堆肥を原料とした粒状肥料の開発

2014年度   家畜ふん堆肥のAD分析法の簡易化とその活用

2013年度   肥料価値の高い豚ぷん堆肥・鶏ふん堆肥の製造と利用 第21報 リン酸肥効率が低くなる堆肥の条件

2012年度   肥料価値の高い豚ぷん堆肥・鶏ふん堆肥の製造と利用 、第17報 家畜ふん堆肥のリン酸肥効を左右する諸条件

2012年度   有機質資材の肥効評価技術 2)リン酸

2012年度   トマト葉先枯れ症の施肥による改善の試み

2011年度   家畜ふん堆肥の窒素の形態に基づく肥効評価法の開発

2011年度   肥料価値の高い豚ぷん堆肥・鶏ふん堆肥の製造と利用 、第13報 家畜ふん堆肥のリン酸形態と肥効の関係

2011年度   家畜ふん堆肥の窒素の形態解析に基づく実用的肥効評価法の開発

2011年度   家畜ふん尿の新処理・利用技術と課題 、6.牛ふん堆肥、豚ぷん堆肥の新しい窒素肥効評価法

2011年度   家畜ふん堆肥の窒素の形態解析に基づく実用的肥効評価法の開発

2011年度   耕種の立場から見たニーズを捉えた堆肥

2011年度   酸性デタージェント可溶有機物量による鶏ふん堆肥,豚ぷん堆肥のメタン発生ポテンシャルの評価

2011年度   酸性デタージェント可溶有機物量による鶏ふん堆肥,豚ぷん堆肥のメタン発生ポテンシャルの評価

2010年度   酸性デタージェント可溶窒素による牛ふん堆肥および豚ふん堆肥の窒素肥効評価

2010年度   易分解性有機物の指標としてのAD可溶有機物の有用性

2010年度   牛ふん堆肥・豚ぷん堆肥中のリン酸マグネシウムアンモニウムの存在とその評価のための抽出法

2010年度   酸性デタージェント可溶有機物と無機態窒素を指標とした牛ふん堆肥・豚ぷん堆肥の窒素肥効評価

2009年度   肥料代替資材としての家畜ふん堆肥の活用技術

2009年度   家畜ふん堆肥の種類に応じた窒素肥効評価法(第9報)窒素肥効評価法の地温考慮による高精度化

2009年度   畜産廃棄物を利用した肥培管理

2009年度   有機物の分解性に基づく牛ふん堆肥・豚ぷん堆肥の新しい窒素肥効評価

2009年度   家畜ふん堆肥の肥料成分・窒素肥効評価マニュアル

2009年度   有機物の分解特性に基づく牛糞堆肥、豚ふん堆肥の新しい窒素肥効評価法

2008年度   新たな窒素肥効分析法に基づいた家畜ふん堆肥の施用支援ツール

2008年度   家畜ふん堆肥の種類に応じた窒素肥効評価法 第7報 有機成分を加味した豚ぷん堆肥の窒素無機化パターンのモデル化

2008年度   鶏ふん堆肥のアンモニア態窒素による窒素肥効評価法の検証

2007年度   家畜ふん堆肥の種類に応じた窒素肥効評価法 第2報 家畜ふん堆肥の速効的・緩効的窒素とその評価法(その1)

2005年度   家畜ふん堆肥からの塩酸抽出の意義と肥料成分の簡易分析法

2005年度   家畜ふん堆肥の種類に応じた窒素肥効評価法

2004年度   鶏ふん堆肥の窒素含量に基づく肥効推定法

2004年度   鶏ふん堆肥中のアンモニア態窒素存在形態と培養無機態窒素量の関係

2003年度   被覆尿素を用いた水稲育苗箱施肥における苗白化症の発生原因と軽減対策

2003年度   堆肥中アンモニア態窒素の定量法について

この記事は