長坂 善禎

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 長坂 善禎
連絡先(電話番号) 019-643-3414
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000194
URL http://researchmap.jp/read0004197/
カテゴリ 機械化 直播栽培 水稲 低コスト

研究情報

2013年度   A Robot System for Paddy Field Farming in Japan

2012年度   CANバスを利用した無人自脱コンバインの開発

2012年度   CANバスを利用した無人自脱コンバインの開発

2011年度   Automated rice transplanting operation using a GPS-guided vehicle

2011年度   Autonomous rice field operation project in NARO

2007年度   大豆収穫における頭部損失低減技術の開発(第4報)

2007年度   自動走行田植機の開発(第2報)

2006年度   大豆のコンバイン収穫損失低減技術

2004年度   インターネットを利用した農作業シミュレーションプログラムの開発

2002年度   大豆コンバインを基幹とする麦大豆輪作技術シミュレーション

2002年度   牛の省力的発育診断技術の開発(第1報)-背線高測定装置の試作-

2002年度   牛の省力的発育診断技術の開発(第2報)-背線高を用いた乳用育成牛におけるモニタリングの検討-

2002年度   牛の省力的発育診断技術の開発(第3報)ー体型・体重測定における作業的検討ー

2002年度   自動走行田植機のシステムと作業方法について

2002年度   トラクタ内部バス情報に基づくアクチュエータ制御

2002年度   CANを利用したトラクタ内情報の通信と制御

2002年度   傾斜目皿式播種機の播種精度におよぼす振動の影響

2002年度   CANを利用したトラクタ内情報の通信について

2002年度   小麦移植と大豆狭畦栽培(狭条間播種)による水田輪作体系の試み

2001年度   大豆用浅耕播種機の開発 -振動が播種精度に及ぼす影響-

2001年度   背線高測定装置の開発(第2報)-家畜改良センタにおける実証的試験-

2001年度   A Control System in an Automated Rice Transplanter

2001年度   水田転換畑における不耕起播種技術

2001年度   調湿大豆による湿害回避技術の開発(予報)

2001年度   植生マルチ被覆田への水稲機械移植

2000年度   自動走行田植機の開発(第1報)

2000年度   ハイブリッドセンシングによる水田作業車の自律走行の研究(第3報)

2000年度   Automated rice transplanting in paddy fields

2000年度   高精度GPSによる無人田植え作業

2000年度   Hill seeding thechnique using transplanter for flooded rice direct seeding culture

2000年度   Real Time LINUX for Agricultural Machine Control

2000年度   AETEC99に参加して

2000年度   コンバイン収穫時の操作性に関する研究-オペレータ挙動からの操作性検討-

2000年度   姿勢計測装置

2000年度   水稲種子固定シートを用いた湛水直播方法

2000年度   微小生体の物性計測技術(第3報)(講演要旨)- 局所的粘弾性計測 -

2000年度   Using RTKGPS as a Level Sensor for Land Plainer

2000年度   GPSを利用した無人田植機

2000年度   An investigation of the turning behaviour of an autonomous rice transplanter

2000年度   A Study about an Automated RiceTransplanter with GPS and FOG

2000年度   Development of an Automated Rice Transplanter with RTKGPS and FOG

2000年度   自動走行田植機による移植作業

2000年度   Automated rice transplanting operation using GPS and FOG sensors

2000年度   2000年アメリカ農業工学会国際大会に参加して

2000年度   微小生体構成物質の物性計測に関する研究(第1報)-AFMマイクロカンチレバーのバネ定数計測-

2000年度   LBS in der Applikationstechnik

2000年度   植生マルチ中への水稲機械移植

2017年度   大区画水田におけるGNSS自動操舵及びガイダンスの利用効果

2017年度   残稈の埋没性を高めた水田用スタブルカルチ

2015年度   車両系農作業ロボット1台を使用する場合の安全性確保のための技術要件

2014年度   既存のトラクタを最新の共通通信技術に対応させるための後付キット

2013年度   農業機械上での通信制御の国際標準化を簡単にするソフトウエアライブラリ

2013年度   大豆用コンバインロボットによる収穫同時排出作業

2011年度   農業機械を利用して放射性物質に汚染された表土を除去する技術

2008年度   自律走行型農作業ロボットへのCANバス利用

2007年度   軟弱地に対応した電動セミクローラ運搬車

2007年度   収穫中に収量を計測できる大豆用コンバイン

2007年度   農作業快適化のためのファン付き作業服(空調服)改良技術

2006年度   大豆のコンバイン収穫損失低減技術

2006年度   アンローダ排出時間計測によるコンバイン収穫質量測定装置

2006年度   ナミハダニ休眠雌成虫を除去する揺動噴射式果実洗浄機

2006年度   ナミハダニ休眠雌成虫を除去する揺動噴射式果実洗浄機

2005年度   ダイズ出芽安定化のための種子水分調整方法

2005年度   RTK-GPSを利用した圃場3次元マッピング技術

2004年度   平行棒式コンケーブによる大豆の汚粒および脱穀・選別損失低減技術

2004年度   GPS仮想基準点補正データ受信システムを利用した無人田植え作業

2004年度   平行棒式コンケーブによる大豆の汚粒および脱穀・選別損失低減技術

2004年度   GPS仮想基準点補正データ受信システムを利用した無人田植え作業

2003年度   データシート利用の農作業シミュレータ

2003年度   狭ピッチ切断部による大豆コンバイン頭部損失低減効果

2003年度   データシート利用の農作業シミュレータ

2003年度   狭ピッチ切断部による大豆コンバイン頭部損失低減効果

2002年度   トラクタ操縦装置情報に基づく作業機制御のためのネットワーク構築

2002年度   平行リンク式ロータリハローシーダによる大豆播種精度向上技術

2006-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   分散ロボットネットワークによるダイズわい化病罹病解析に関する研究

この記事は