大森 伸之介

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本部
肩書き 主任研究員
氏名 大森 伸之介
連絡先(電話番号) 029-838-7699
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000019
URL http://researchmap.jp/sohmori
カテゴリ 遺伝子マーカー開発 遺伝母本作出 受粉 水稲 品種開発

研究情報

2014年度   オオムギのうどんこ病抵抗性に関わるMlo遺伝子の多型解析及び既往DNAマーカーの適用性の検討.

2014年度   Cleistogamy decreases the effect of high temperature stress at flowering in rice

2013年度   イネ閉花受粉性変異体spw1-clsおよび疎粒変異体M645(lax2-3アレル)識別用PCR-based DNAマーカーの開発

2013年度   オオムギのうどんこ病抵抗性に関わるMLO遺伝子の多型解析及び既往DNAマーカーの適用性の検討

2013年度   各地で栽培したspw1-cls 変異を持つ閉花受粉性イネ系統の開花率と開花/閉花予測地図の試作

2013年度   閉花受粉性イネによるイネ墨黒穂病の耕種的防除の試み

2012年度   閉花性イネ突然変異体の開花期耐冷性

2012年度   Agronomic traits and gene containment capability of cleistogamous rice lines with the superwoman1-cleistogamy mutation

2012年度   閉花性イネ突然変異体の開花期耐冷性

2011年度   生育履歴温度による閉花性イネ突然変異体の開花率変動

2011年度   生育履歴温度による閉花性イネ突然変異体の開花率変動

2009年度   MOSAIC FLORAL ORGANS1, an AGL6-like MADS Box gene, regulates floral organ identity and meristem fate in rice

2009年度   イネの花器官形成を制御する新規MADSボックス転写因子

2008年度   Unequal Genetic Redundancy of Rice PISTILLATA Orthologs, OsMADS2 andOsMADS4, in Lodicule and Stamen Development

2008年度   イネのクラスG MADS-box遺伝子MFO1と他のクラスのMADS-box遺伝子との相互作用

2007年度   開花せず花粉を飛散しないイネ突然変異体とその原因遺伝子

2011-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   イネの開穎機構を制御する遺伝的プログラムの解明

この記事は