渡辺 満

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター
肩書き 農業技術コミュニケーター
氏名 渡辺 満
連絡先(電話番号) 019-643-3402
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000182
URL http://researchmap.jp/susumu55
カテゴリ 機能性 水稲 そば ほうれんそう

研究情報

2014年度   ホウレンソウの品種・栽培条件の違いがルテイン含有量に及ぼす影響

2014年度   冷涼気候で栽培した有色素米のフェノール性抗酸化化合物含量及び抗酸化能

2014年度   Effect of low temperature on flavonoids, oxygen radical absorbance capacity values, and major components of winter sweet spinach (Spinacia oleracea, L.).

2013年度   ソバスプラウトの高脂肪食摂食マウスに対する作用

2013年度   桃色系および橙色系トマトカロテノイド抽出物の拘束ストレス負荷マウスに対する作用

2012年度   ホウレンソウのカロテノイド組成と分析条件の検討

2012年度   ホウレンソウのORAC値への収穫後処理と茹で時間の影響

2012年度   Anti-diabetic Effects of Adlay Protein in Type 2 Diabetic db/db Mice.

2011年度   Carotenoid pigment composition, polyphenol content, and antioxidant activities of extracts from orange-colored Chinese cabbage.

2011年度   2 型糖尿病d b / d b マウスの脂質代謝に及ぼす雑穀の効果

2011年度   ヒエ、キビ、ハトムギの抗糖尿病作用

2010年度   紫ニンジン色素抽出物の拘束ストレス負荷マウスに及ぼす効果

2010年度   Effects of buckwheat sprouts on plasma and hepatic parameters in type 2 diabetic db/db mice.

2009年度   日本の主要リンゴ品種におけるPenicillium expansumのマイコトキシン産生とパツリン産生に及ぼす果実成分の影響

2009年度   リンゴ果実で産生するかび毒エクスパンソリデスの部分精製と細胞毒性

2008年度   糖尿病モデルマウスのソバスプラウト長期摂食の影響

2006年度   An anthocyanin compound in buckwheat sprouts and its contribution to antioxidant capacity

2006年度   リンゴ果汁中のシトリニン分析法

2005年度   2004年に東北地域で収集したリンゴジュースの安全性確認

2004年度   ダッタンソバスプラウトのフラボノイド組成

2004年度   複粒化種子を用いて播種した黒稗の出芽

2003年度   雑穀類の食物繊維量

2002年度   生育条件の異なるソバ芽生えのポリフェノール組成

2002年度   ソバ芽生えのフェノール性化合物量に及ぼす光の影響

2002年度   雑穀ヒエの摂取がアレルギー反応に及ぼす影響

2001年度   ソバ地上部の生育ステージによる抗酸化能とフラボノイド組成の変動

2001年度   論文: ソバ及び雑穀のポリフェノール組成と抗変異原性

2001年度   論文: ソバ幼植物のフラボノイド組成

2000年度   ソバ殻抽出物を含有する食品

2000年度   小麦種子胚のVP1-like遺伝子の発現と種子休眠性

2000年度   Changes in the composition of antioxidative phenolic compounds from aerial parts of buckwheat (Fagopyrum esculentum Moench) during growth period

2000年度   大豆中の無機元素の分布と溶出挙動

2000年度   ソバ子実フェノール性物質の測定法および品種間差異

2000年度   粗タンパク含量がコムギ種子の胚乳色に及ぼす影響

2014年度   寒締め栽培によりホウレンソウのフラボノイドと抗酸化能は増加する

2012年度   ハトムギタンパク濃縮物は2型糖尿病モデルマウスの脂質代謝を改善する

2011年度   ハクサイ及びオレンジハクサイのカロテノイド組成と抗酸化能

2011年度   ヒエ、ハトムギ種子は2型糖尿病モデルマウス(db/db)の脂質代謝を改善する

2010年度   拘束ストレス負荷マウスに対する紫ニンジン色素抽出物の効果

2010年度   2型糖尿病モデルマウスに対するソバスプラウトの効果

2009年度   光学異性体分離カラムによるカテキン及びエピカテキンの光学分割法

2008年度   リンゴ青かび病菌(Penicillium expansum)が果実で産生する恐れのあるかび毒

2006年度   ソバスプラウトに含まれるフラボノイドの抗ストレス作用

2005年度   ソバスプラウトに含まれるアントシアニンの構造・分布と抗酸化性

2005年度   リンゴ青かび病菌の産生するシトリニン定量法と収集製品の含量

2004年度   黒ヒエの気管支喘息モデルマウス炎症性アレルギー反応抑制作用

2004年度   黒ヒエの気管支喘息モデルマウス炎症性アレルギー反応抑制作用

2003年度   Web上で活用できる中山間地域におけるマーケティング支援システム

2003年度   Web上で活用できる中山間地域におけるマーケティング支援システム

2003年度   東北地域で収集したリンゴジュース・リンゴ果汁使用ジュースのパツリン含有量

2002年度   軟化栽培及び軟化後緑化栽培時のソバ芽生えポリフェノール量

2000年度   凝固剤の種類により豆腐中のミネラル量が変わる

2000年度   凝固剤の種類により豆腐中のミネラル量が変わる

2000年度   機能性食品素材としてのソバ殻エタノール抽出物

2000年度   ソバ植物体の抗酸化能及び活性成分の推移

1997年度   ソバ種子に含まれるラジカル消去成分

この記事は