大前 英

所属機関名 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点
肩書き プロジェクトリーダー
氏名 大前 英
連絡先(電話番号) 0980-82-2306
所在都道府県名 沖縄県
見える化ID 001794
URL
カテゴリ あずき 肥培管理 輪作 その他の作物

研究情報

2011年度   炭疽病・輪斑病複合抵抗性のやや早生緑茶用品種‘さえあかり’の育成

2011年度   暖地向け緑茶用極早生品種‘しゅんたろう’の育成とその特性

2006年度   耐暑性が高い丸莢のインゲンマメ新品種「ナリブシ」

2005年度   秋整枝の高さの違いが翌年チャ新芽の収量及び一番茶品質に与える影響

2004年度   茶中間母本農4号

2004年度   茶中間母本農5号

2004年度   茶中間母本農6号

2004年度   種間交雑によるアントシアニン高含有‘茶中間母本農6号’の育成

2003年度   チャ(Camellia sinensis (L.) O. Kuntze)幼葉発達モデルの開発(第1報) ー整枝、摘採時期を起点とする側芽長、開葉数の推移と幼葉数との関係ー

2003年度   チャ(Camellia sinensis (L.) O. Kuntze)幼葉発達モデルの開発(第2報) ー整枝、摘採時期を起点とする気温と日長からの側芽幼葉発達の推定-

2003年度   九州地域における茶園メッシュ地図の作成と国土数値情報を用いた茶園解析

2003年度   高カテキン品種‘べにふうき’の製茶法について

2003年度   チャ(Camellia sinensis (L.) O. Kuntze)幼葉発達モデルの開発(第1報)-整枝,摘採時期を起点とする側芽長,開葉数の推移と幼葉数との関係-

2003年度   チャ(Camellia sinensis (L.) O. Kuntze) 幼葉発達モデルの開発(第2報)-整枝,摘採時期を起点とする気温と日長からの側芽幼葉発達の推定-

2002年度   一番茶期におけるチャ幼葉発達速度の品種間差異

2002年度   九州地域における茶園メッシュ地図の作成と国土数値情報を用いた茶園解析

2002年度   高カテキン品種’べにふうき’の製茶法について

2002年度   秋季の樹内環境が翌年茶の収量および一番茶品質に及ぼす影響

2001年度   論文: Modeling development of leaf initial numbers in tea plants after skiffing.

2001年度   主要研究成果(参考): チャ品種‘やぶきた’側芽内の幼葉発達

2001年度   煎茶用新品種‘はるみどり’の育成

2000年度   製茶方法の違いが高カテキン系統の飲用特性に与える影響

2000年度   チャの萌芽・開葉期における一番茶新芽の生長特性

2000年度   暖地向きチャの休眠モデルの作成と休眠予測

2000年度   チャ成葉の耐凍性と休眠との関係及び耐凍性予測

2000年度   チャ側芽の茶期別幼葉数,総葉数と芽長との関係およびその品種間差

この記事は