髙井 俊之

所属機関名 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター 生物資源・利用領域
肩書き 主任研究員
氏名 髙井 俊之
連絡先(電話番号) 029-838-6313
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001769
URL http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/nics/2013/nics13_s02.html
カテゴリ 水稲 品種

研究情報

2014年度   Deep rooting conferred by DEEPER ROOTING 1 enhances rice yield in paddy fields

2014年度   Exchangeable Cs/K ratio in soil is an index to estimate accumulation of radioactive and stable Cs in rice plant

2014年度   Comparative analysis on relationship between Cs and K in soil and plant parts toward control of Cs accumulation in rice

2012年度   水稲の個葉光合成速度に関わる遺伝子座の推定-コシヒカリとタカナリの正逆染色体断片置換系統群を用いて-

2012年度   タカナリ/コシヒカリ染色体断片置換系統を用いた水稲の強稈性関連形質の遺伝子座の推定

2012年度   収量性の遺伝解析を目的とした水稲品種コシヒカリ/タカナリ間の正逆染色体断片置換系統群の作出

2012年度   多収イネ品種タカナリとコシヒカリの交雑集団を用いた止め葉の気孔密度に関する遺伝解析

2012年度   水稲における倒伏抵抗性に関与する強稈遺伝子座の推定―タカナリとコシヒカリの第5染色体の正逆染色体断片置換系統を用いて―

2012年度   水稲品種コシヒカリとタカナリの正逆染色体断片置換系統群を用いた強稈関連形質の遺伝子座の推定

2012年度   深根性QTL Dro1がイネの乾物生産及び収量に及ぼす影響

2011年度   多収性インド型品種タカナリと日本型品種コシヒカリの交雑後代に見出されたタカナリを大きく上回る高い光合成速度を示す系統は高い電子伝達速度と葉内CO2拡散に優れた形態的特徴を示す

2011年度   赤外線サーモグラフィーを用いたイネ葉面温度に関するQTLのマップベースクローニング

2011年度   水稲多収品種タカナリの高個葉光合成速度に関与するQTL-GPSのマップベースクローニング

2011年度   アケノホシとコシヒカリの組み換え自殖系統群を用いた登熟期の葉の老化と吸水能力に関するQTL解析

2011年度   水稲品種タカナリの高個葉光合成速度には少なくとも2つの葉身形態を制御するQTLが関与する

2011年度   Genotypic Variations in Non-Structural Carbohydrate and Cell-Wall Components of the Stem in Rice, Sorghum, and Sugar Cane

2010年度   多収性インド型品種タカナリと日本型品種コシヒカリの交雑後代に見出されたタカナリを大きく上回る高い光合成速度を示す系統の光合成特性

2010年度   コシヒカリ/タカナリの戻し交雑自殖系統群と染色体断片置換系統を用いて推定した光合成速度の量的形質遺伝子座とその機能

2010年度   A Quantitative Trait Locus for Chlorophyll Content and its Association with Leaf Photosynthesis in Rice

2009年度   赤外線サーモグラフィーを用いたイネの葉面温度差に関するQTL解析

2009年度   イネの葉身SPAD値に関するQTLのファインマッピングおよびその個葉光合成への寄与

2009年度   登熟期における水稲葉身傾斜角度の量的形質遺伝子座(QTL)解析-コシヒカリ/タカナリの戻し交雑自殖(BC1F6)系統群を用いて

2009年度   籾数に関与するハバタキのQTLを集積したササニシキの収量性評価

2009年度   コシヒカリ/タカナリの戻し交雑自殖(BC1F6)系統群を用いた光合成速度に関わる形質の量的形質遺伝子座(QTL)解析

2008年度   イネ収量ポテンシャルの生態生理的および遺伝的決定機構に関する研究

2008年度   赤外線サーモグラフィを用いた水稲気孔コンダクタンスの品種間差異の簡易評価法

2008年度   水稲の炭素同位体分別を制御するQTLの検出とその気孔コンダクタンスへの貢献度

2008年度   ササニシキとハバタキ由来の籾数増加QTLを導入した準同質遺伝子系統群の圃場条件における収量とその制限要因

2006年度   日本型イネ品種コシヒカリを遺伝背景としたインド型品種Nona Bokraの染色体断片置換系統群の作出と評価

2006年度   イネインド型品種NonaBokraの旺盛な初期生育に関するQTL解析

2006年度   染色体断片置換系統を利用したイネ循環選抜育種法の試み

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   系譜情報を利用したイネ多収品種タカナリの個葉光合成能の選抜由来に関する研究

この記事は