一木珠樹

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 遺伝資源センター
肩書き 上級研究員
氏名 一木珠樹
連絡先(電話番号) 029-838-7053
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001717
URL
カテゴリ 遺伝資源 植物ウイルス

研究情報

2013年度   イネ縞葉枯ウイルス保毒虫検定におけるDAS-ELISA法とその他の診断法の比較

2013年度   イネ縞葉枯ウイルス保毒虫検定法としての簡易ELISA法の評価

2013年度   Identification of a movement protein of Mirafiori lettuce big-vein ophiovirus

2012年度   The movement protein encoded by gene 3 of rice transitory yellowing virus is associated with virus particles

2012年度   Strong resistance against Rice grassy stunt virus is induced in transgenic rice plants expressing dsRNA of the viral genes for nucleocapsid or movement proteins as targets for RNA interference

2011年度   Aggregation ability of virus-specific antibodies is correlated with their capacity to neutralize Rice dwarf virus

2011年度   Crystallographic analysis reveals octamerization of viroplasm matrix protein P9-1 of Rice black streaked dwarf virus

2011年度   hairpin RNA derived from the gene for Pns9, a viroplasm matrix protein of Rice gall dwarf vir, confers strong resistance to virus infection in transgenic rice plants.

2011年度   Immunity to Rice black streaked dwarf virus, a plant reovirus, can be achieved in rice plants by RNA silencing against the gene for the viroplasm component protein

2011年度   Sequential infection of Rice dwarf virus in the internal organs of its insect vector after ingestion of virus

2011年度   Targeting specific genes for RA interference is crucial to the development of strong resistance to Rice stripe virus.

2011年度   Three-dimensional analysis of the association of viral particles with mitochondria during the replication of Rice gall dwarf virus

2011年度   Viroplasm matrix protein Pns9 from rice gall dwarf virus forms an octameric cylindrical structure

2008年度   Structural evolution of Reoviridae revealed by Oryzavirus in acquiring the second capsid shell

2006年度   イネ萎縮ウイルスは自ら形成したチューブを通って近隣昆虫細胞に移行・感染する

2003年度   感染性クローンを用いたトウガラシマイルドモットルウイルス弱毒候補株の作出法

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   レオウイルスの感染・増殖機構の理解を目指した原子構造と分子間ネットワークの解明

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   昆虫の培養細胞を用いた植物ウイルスの伝搬に関わるウイルス・宿主因子の解明

2004-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   二重殻ウイルスの構造形成と感染性に関する研究

2003-2005年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物ウイルスの媒介昆虫-宿主植物間のシャトル感染機構の解明

この記事は