土門英司

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 遺伝資源センター
肩書き 上級研究員
氏名 土門英司
連絡先(電話番号) 029(838)7467
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001707
URL https://www.researchgate.net/profile/Eiji_Domon2
カテゴリ 育種 いぐさ 遺伝資源 遺伝子マーカー開発 大麦 水稲 はだか麦 品種 品種開発 品種改良

研究情報

2013年度   硝子率が低く精麦品質が優れる早生・多収の裸麦新品種「ハルヒメボシ」の育成

2011年度   遺伝子組換え農作物の参加型コミュニケーション手法とその効果について

2011年度   ハルヒメボシ

2009年度   サツマイモ斑紋モザイクウイルス強毒系統(SPFMV-S)外被タンパク質(CP)遺伝子を導入した組換えサツマイモ系統 ‘EP200’および‘EP220’の閉鎖系および非閉鎖系における生物多様性影響評価

2009年度   大粒で主要病害に強い日本初の実用二条裸麦品種「ユメサキボシ」の育成

2007年度   イネ種子貯蔵タンパク質グルテリンの三量体形成および自己会合について

2007年度   スギ花粉症緩和米の安全性確保への取り組み-大規模隔離ほ場栽培と生物多様性影響評価-

2006年度   多収で精麦品質に優れる裸麦新品種「トヨノカゼ」の育成

2005年度   裸麦農林34号

2005年度   多収で、精麦品質に優れる裸麦新品種「トヨノカゼ」

2005年度   トヨノカゼ

2004年度   イグサ品種の鑑定技術の開発-地域農産物の育成者権保護への取り組み-

2004年度   イグサ品種の鑑定技術の開発

2003年度   イグサ品種「ひのみどり」を識別するSSRマーカー

2002年度   耐倒伏高品質裸麦新品種「マンテンボシ」の育成

2002年度   耐倒伏高品質裸麦品種「マンテンボシ」の育成

2002年度   野生オオムギのwaxy遺伝子における構造変異の地理的分布

2001年度   マンテンボシ

2001年度   栽培オオムギのwaxy遺伝子における構造変異の地理的分布

2000年度   オオムギ粉のふるい分けによる糊化特性の変化

2000年度   高リジン裸麦中間母本農2号の育成

2000年度   モチ性裸麦新品種「ダイシモチ」の育成

2000年度   オオムギにおける穀粒の加熱褐変とポリフェノール含量の品種間差異

2000年度   Effect of low pH and Aluminium on seminal root development of some barley cultivars

2000年度   Responses to acid stress in hydroponics and callus culture systems of the susceptible barley and an acid/Al preferable grass, Brachiaria ruziziensis

2000年度   Grain and starch characters of the double ressesive lines for amylose-free and high amylose gene in barley

2000年度   イネ種子根における酸性処理誘導遺伝子のcDNAマイクロアレイによる発現解析への主成分分析の適用

2000年度   Effect of low pH and Aluminium on seminal root development of some barley cultivars

2000年度   Responses to acid stress in hydroponics and callus culture system of the acid preferable grasses, rice and ruzigrass

2000年度   Effect of polyphenols on the browning reaction in barley products after heating

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   東南アジア山地の植物遺伝資源探索と農民の権利

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   アジアにおける半栽培植物・低活用有用植物の現地調査と農耕基本文化複合の再検討

この記事は