石坂 眞澄

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 高度解析センター
肩書き チーム長
氏名 石坂 眞澄
連絡先(電話番号) 029-838-8301
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001704
URL
カテゴリ 農薬

研究情報

2014年度   Examination of mass honey bee death at the entrance to hives in a paddy rice production district in Japan: the influence of insecticides sprayed on nearby rice fields

2012年度   Bacterial Cytochrome P450 System Catabolizing the Fusarium Toxin Deoxynivalenol

2012年度   ハダニ抵抗性誘導物質の探索

2012年度   ハダニ抵抗性誘導物質の探索

2009年度   カイコプロテオームの時系列的分析とデータベースの構築

2007年度   カイコプロテオームデータベースの構築とその公開

2006年度   桜川および霞ヶ浦における水稲用除草剤の挙動

2006年度   カイコタンパク質の網羅的解析とそのデータベース化

2006年度   カイコ絹糸腺タンパク質の二次元電気泳動と質量分析による分析

2006年度   カイコプロテオームデータベースの構築

2006年度   カイコ(Bombyx mori)プロテオームデータベースの構築について

2006年度   スルホニルウレア系水稲除草剤3剤に対するサンショウモの感受性

2006年度   カイコタンパク質の網羅的解析とそのデータベース化

2006年度   カイコ(Bombyx mori)プロテオームデータベースの構築について

2006年度   HRGC/HRMSによる一般土壌と農用地土壌のPOPs動態

2006年度   底質中の無機物における水田用除草剤の吸脱着特性

2006年度   土壌及び稲に含まれるフェニル基含有有機ヒ素化合物の定量

2002年度   日本で市販されている加工食品中のアクリルアミドの分析

2002年度   日本の市販加工食品中のアクリルアミド分析

2002年度   Analysis of acrylamide by LC-MS/MS and GC-MS in processed Japanese foods.

2002年度   日本で市販されている加工食品中のアクリルアミドの分析

2002年度   Isolation and Characterization of a Rice Dwarf Mutant with a Defect in Brassinosteroid Biosynthesis

2002年度   Rice receptor for chitin oligosaccharide elicitor does not couple to heterotrimeric G-protein:

2002年度   Proteomic analysis of rice endosperm proteins

2000年度   二重構造大型ライシメ-タを用いた黒ボク畑土壌での酸アミド系除草剤の降下浸透実態調査

2000年度   Pattern and rate of dissipation of pretilachlor and mefenacet in plow layer and paddy water under lowland field conditions: A three-year study

2000年度   キトオリゴ糖類の高感度定量法の開発 ~キチナーゼ研究へのHPLC-ESI-MSの利用~

2000年度   GC-MSおよびLC-MSの実際

2000年度   Predicting the fate of selected herbicides in paddy field using newly developed simulation model

2000年度   Development and evaluation of a simulation model for pesticide concentrations in paddy field -In case of Sulfonylureas-

2000年度   Transcriptional co-regulation of five Chitinase genes scattered on the Streptomyces coelicolor A3(2) chromosome

2000年度   残留農薬分析機器の最近の進歩-LC-MSの発展を中心に-

2000年度   HPLC-MSによるスルホニル尿素系除草剤の超微量分析

2000年度   Weed Science46巻1、2および3号の内容紹介、4.土壌・大気・水、5.Special Topics

2000年度   Weed Science46巻4、5および6号の内容紹介、4.土壌・大気・水、6.シンポジウム

2000年度   環境中における農薬の超微量分析法の現状と問題点-LC-MS-

2000年度   LC/MS/MSを用いた除草剤の環境動態研究

2000年度   Evidences against involvement of heterotrimeric G protein in rice defense responses induced by N-acetylchitooligosaccharide elcitor

2000年度   ジュンサイを用いたスルホニルウレア系水稲用除草剤のモニタリング手法の開発

2000年度   水稲用除草剤の流出による水生植物への影響

2008-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   多地点モニタリング調査に基づく農薬の順応的管理法の開発

この記事は