大澤剛士

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 大澤剛士
連絡先(電話番号) 029-838-8180
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001687
URL http://researchmap.jp/arosawa
カテゴリ

研究情報

2014年度   地理情報システム技術を用いた歴史生物地理学的解析

2014年度   ツキノワグマの遺伝構造に与える景観的な要因

2014年度   タイトル無し

2014年度   海洋島における外来植食ほ乳類駆除後の生態系変化

2014年度   日本国内における外来植物を扱う研究の現状と求められる課題

2013年度   携帯電話を利用した市民参加型生物調査の手法確立

2013年度   ビッグデータ時代の環境科学-生物多様性分野におけるデータベース統合,横断利用の現状と課題-

2012年度   Web API を活用した個別データシステムの横断利用

2012年度   外来植物の駆除現場におけるボランティア活動と事業活動の特性比較

2012年度   現場で使える研究成果とは?-研究成果を現場に届けるために必要なことを考える-

2011年度   生物多様性情報の整備と活用方法-Web技術を用いた昆虫標本情報閲覧システムの開発を例に-

2011年度   コンクリート三面張り河川における生息場所不均一性と底生動物の群集構造の関係

2010年度   コンクリート河川におけるゲンジボタルとカワニナの生息場所再生の試み-簡易水制の設置方法と効果検証-

2009年度   特定外来生物オオハンゴンソウの管理方法-引き抜きの有効性の検討-

2009年度   「神奈川県箱根町におけるニホンジカの侵入状況」

2016-2019年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   農地景観の変化と気候変動が水田害虫の分布拡大に与える影響:長期データによる検証

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   生態系機能の持続可能性:外来生物に起因する土壌環境の劣化に伴う生態系の変化

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   生物多様性第ニの危機の全国評価-耕作放棄地の拡大に注目して-

2012-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   携帯電話と自動WEB種同定システムによる一般参加型の高精度生物調査手法の確立

この記事は