竹澤邦夫

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター
肩書き 主席研究員
氏名 竹澤邦夫
連絡先(電話番号) 029-838-8180
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001684
URL http://researchmap.jp/read0004070
カテゴリ

研究情報

2014年度   Optimal Estimator with Respect to Expected Log-Likelihood

2014年度   発育予測による四倍体無核ブドウ`あずましずく’の成熟特性の解明

2014年度   Estimation of the Exponential Distribution in the Light of Future Data

2014年度   北東北地域の飼料イネ湛水直播栽培における栽培管理と各種要因がタイヌビエ の収穫期残存量に及ぼす影響

2014年度   四倍体無核ブドウ`あずましずく’の発芽、開花および着色期の予測

2013年度   長期野外計測時の湿度センサ劣化を回避する外気湿度推定手法

2012年度   重回帰における予測変数選択基準の調整

2012年度   将来のデータに照らした単回帰

2012年度   A Revision of AIC for Normal Error Models

2012年度   Flexible Model Selection Criterion for Multiple Regression

2012年度   Tree model optimization criterion without using prediction error

2012年度   Effective FCM noise clustering algorithms in medical images

2011年度   AICにおける誤差分散

2010年度   ノンパラメトリック回帰を用いた直線性の検定

2009年度   リモートセンシングデータによる重回帰における重みの最適化における注意点

2008年度   RによるノンパラメトリックDVR法プログラム

2008年度   リモートセンシングデータによる回帰におけるブートストラップ法の利用

2007年度   Preliminary report on regression equations based on remote sensing data to estimate rice yield

2007年度   衛星データによる水稲収量推定における重み付き回帰の利用

2003年度   B-スプラインを用いたノンパラメトリックDVR法

2003年度   ペナルティ付きクロスバリデーション

2002年度   分布を予測変数とする2次元RBFネットワーク

2002年度   システム農学会 論文賞受賞講演: 「柔軟な情報統合によるモデルの構築」の展望

2002年度   モデル合成による平滑化

2001年度   主要研究成果(参考): 対話型ノンパラメトリックDVR法プログラム

2001年度   主要研究成果(参考): リッジ回帰を利用した平年収量算出プログラム

2001年度   データに立脚したモデル選択基準

2000年度   分布を予測変数とする加法モデルによる収量データの解析

2000年度   農学におけるモデル合成法の利用

2000年度   Penalized Cross-validation for Model Selection

2000年度   パターン認識を応用した意思決定支援

2000年度   Standard Errorルールを用いた予測変数選択

2000年度   気温の分布を用いた収量予測

2000年度   分布を予測変数とするノンパラメトリック回帰

2000年度   樹型モデルとバギングを用いたモデル合成

2000年度   重み付き平均によるモデル合成

2000年度   Apparatus and method for designing a three-dimensional free-form surface

2015年度   幾何分布の母数推定における予測推定量

2015年度   成功の確率の推定値と失敗の確率の推定値の和は1になるとは限らない。

2015年度   混合モデルの分散推定においてREMLは予測の意味での最適な結果を与えない。

2014年度   予測のための推定量を使うと指数分布の母数推定方法が変わる。

2013年度   パラメトリック・ブートストラップ法を利用して予測のための推定量を最適化

2012年度   単回帰において、最小2乗法がもたらす傾きは修正する必要がある。

2012年度   関数関係を明らかにする目的で重回帰を行うときは、GCVに替えてGCVfを使う。

2012年度   知識獲得を目的とする樹形モデルの最適化には、予測誤差ではなく純度を使う。

2011年度   分散の推定量は最尤分散と不偏分散だけではない。もう一つある。

2009年度   自由度が整数でない回帰におけるF値を信用してはいけない

2008年度   外れ値に対する重みを小さくすることよって回帰式の予測誤差を小さくする。

2006年度   センサの劣化や寿命の低下を抑えるフィールドサーバ湿度計測手法

2006年度   リモートセンシングデータを用いた重み付き回帰

2005年度   次世代スーパースムーザ

2003年度   予測誤差を小さくするための並列型モデル合成法

2003年度   モデル選択のためのペナルティ付きクロスバリデーション

2003年度   予測誤差を小さくするための並列型モデル合成法

2003年度   モデル選択のためのペナルティ付きクロスバリデーション

2001年度   対話型ノンパラメトリックDVR法プログラム

2001年度   リッジ回帰を利用した平年収量算出プログラム

1995年度   ファジィ推論を応用した葉形の3次元曲面表現

この記事は