山村光司

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター
肩書き 主席研究員
氏名 山村光司
連絡先(電話番号) 029-838-8180
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001683
URL http://researchmap.jp/read0004470
カテゴリ

研究情報

2014年度   Changes in the Concentration of Fumonisins in Forage Rice during the Growing Period, Differences among Cultivars and Sites, and Identification of the Causal Fungus

2014年度   Natural occurrence of mycotoxins in forage maize during crop growth in Japan: case study

2014年度   トラップを用いたネギアザミウマの移動距離の推定

2014年度   植物の侵入病害の根絶を確認するための統計分析法

2014年度   トラップを用いたネギアザミウマの移動距離の推定

2011年度   農学と統計学

2008年度   ハリガネムシのサンプリングのための効率的なベイトトラップの構築

2007年度   オキナワカンシャクシコメツキの大量誘殺法と交信かく乱法の防除効果比較

2006年度   Evaluation of relative density indices for sika deer in eastern Hokkaido, Japan(北海道東部における密度指標の評価)

2006年度   相対個体数を推定するための統計的手法

2006年度   北海道におけるエゾシカの個体数推定と動向把握

2006年度   導入天敵の永続的利用が最も成功しやすい害虫の分類群を特定する試み

2006年度   生物は何次元の空間を拡散してゆくか

2006年度   昆虫の長期個体群動態の解析

2005年度   サキシマアオドウガネの密度推定と移動分散距離

2005年度   伊計島における大量誘殺法によるオキナワカンシャクシコメツキの防除

2003年度   リンゴ火傷病が日本に侵入するリスクの推定法

2002年度   標識再捕法によるアカヒゲホソミドリカスミカメの分散・定着実態の把握

2002年度   ブタクサハムシの国内での分布拡大状況と天敵相

2002年度   ブタクサハムシの国内での分布域拡大状況と天敵相

2001年度   温暖化に伴う水稲害虫の増加

2000年度   水田の水生昆虫群集に及ぼす栽培管理の影響

2000年度   Dispersal of released male sweetpotato weevil, Cylas formicarius (Coleoptera: Brentidae) in different seasons

2000年度   Effects of plant density on the survival rate of cabbage pests

2000年度   Relation between plant density and the arthropod density in cabbage fields

2000年度   Insect pest density per leaf area as a measure of pest load

2000年度   Transformation using (x+0.5) to stabilize the variance of populations

2000年度   Efficiency of export plant quarantine inspection by using injury marks

2000年度   Estimation of the probability of insect pest introduction through imported commodities

2000年度   分散分析のための (x+0.5) 型の変数変換

2000年度   Colony expansion model for describing the spatial distribution of populations

2000年度   A two-stage sampling method with stratified secondary units

2000年度   Response of Mexican fruit fly, Anastrepha ludens (Diptera: Tephritidae) immatures to low temperature

2000年度   Key-factor/key-stage 分析による生命表解析

2000年度   コロニー拡大モデルによる昆虫の空間分布の解析

2000年度   A two-stage sampling method with stratified secondary units

2000年度   帰化雑草ブタクサを食い尽くす外来昆虫ブタクサハムシ:茨城県南部の状況

2000年度   An invasion of the ragweed beetle, Ophraella communa LeSage, into Japan and its biology on common ragweed in Ibaraki Prefecture, Japan

2000年度   侵入昆虫ブタクサハムシの生態と茨城県におけるブタクサへの食害状況

2010-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   新規防除技術の展開に向けた検疫害虫ミバエ類の原産地における生態特性の解明

この記事は