木方展治

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター
肩書き 専門員
氏名 木方展治
連絡先(電話番号) 029-838-8180
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001667
URL http://researchmap.jp/kihouN
カテゴリ

研究情報

2014年度   Changes in radiocesium concentration in a Japanese chestnut orchard following radioactive fallout

2014年度   Changes in radiocesium concentration in a blueberry orchard resulting from radioactive fallout

2014年度   Analyses and countermeasures for decreasing radioactive cesium in buckwheat in areas affected by the nuclear accident in 2011

2014年度   Changes in radiocesium concentration in a blueberry orchard resulting from radioactive fallout.

2014年度   Changes in radiocesium concentration in a Japanese chestnut orchard following radioactive fallout.

2014年度   Potassium fertilizer and other materials as countermeasures to reduce radiocesium levels in rice: _x000D_ Results of urgent experiments in 2011 responding to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident

2014年度   Exchangeable Cs/K ratio in soil is an index to estimate accumulation of radioactive and stable Cs in rice plant

2014年度   Analyses and countermeasures for decreasing radioactive cesium in buckwheat in areas affected by the nuclear accident in 2011

2011年度   東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の飛散を受けて実施した放牧試験牛の乳中放射能緊急調査報告

2011年度   東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の飛散を受けて実施した放牧試験牛の乳中放射能緊急調査報告

2006年度   モンゴル国ステップにおける土壌の炭酸塩集積過程の解明-加速器質量分析計を用いた時間要因解析法の検討

2006年度   畑作土からの交換態90Srの損失速度と土壌理化学性の関係

2006年度   農業地帯を流下する河川水のフッ素濃度

2006年度   放射化分析による豚の土壌摂取量の推定

2006年度   AMSを用いた土壌中129I濃度の深度分布に関する研究

2006年度   近年の大気降下物に含まれるCs-137の起源について

2006年度   主要穀物に含まれる人工放射性核種

2006年度   Behavior of Iodine in a Forest Plot, an Upland Field and a Paddy Field in the Upland Area of Tsukuba, Japan: Seasonal Variations in Iodine Concentration in Precipitation and Soil Water and Estimation of the Annual Iodine Accumulative Amount in Soil Horizons

2006年度   わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析

2005年度   大陸草原土壌中137Csの調査

2003年度   茨城県つくば市の水田・畑地・林地における土壌水および地下水の酸素安定同位体比の特徴

2002年度   原子力施設事故等に伴う農作物・土壌の緊急放射能調査―チェルノブイリ原発事故と東海村臨海事故への対応を中心に―

2002年度   国産小麦の90Srおよび137Cs汚染に関する長期観測と解析―1959年以来チェルノブイリ事故を含む37年間―

2001年度   畦表面硬化栽培法が葉菜類の生育斉一化に及ぼす影響

2001年度   わが国における小麦の放射能汚染の長期観測

2001年度   地表面から地下水系への元素・物質の移行を追跡するための実験圃場の構築と利用

2001年度   家畜排せつ物が還元されている黒ボク土シラス台地地下水の水質,特にトリハロメタン生成能

2000年度   家畜排泄物土壌還元地帯シラス台地地下水の水質、特にトリハロメタン生成能について

2000年度   古紙の窒素溶脱低減効果

2000年度   緩効性肥料の育苗ポット一括・一発施用による野菜類の減肥栽培の試み

2000年度   古紙の窒素溶脱低減効果

2000年度   Using of Hardened Ridge-Surface Method for Environmental Conservation Compatible wirop Production with Crop Production

2000年度   畑地からの窒素溶脱低減のための技術開発に向けて

2000年度   シラス台地上の畑地における浅井戸の水位変化

2000年度   シラス台地畑直下の地下水水質変動

2016年度   カリ無施用のポット栽培試験による放射性セシウムの玄米への移行リスク評価

2015年度   リンゴ園の地表面管理が土壌および果実の放射性セシウム濃度に及ぼす影響

2014年度   カリ施用による玄そばの放射性セシウム濃度の低減

2014年度   フォールアウトを受けたクリ園における放射性セシウムの動態

2014年度   フォールアウトを受けたブルーベリー園における放射性セシウムの動態

2013年度   カリ施用による大豆子実の放射性セシウム濃度の低減

2012年度   既耕作水田における水による土壌攪拌・除去技術の除染効果

2011年度   各種夏作野菜への土壌中の放射性セシウムの移行係数

2011年度   水田土壌のカリウム供給力の向上による玄米の放射性セシウム濃度の低減

2011年度   ブルーベリー園における放射性セシウムの蓄積

2011年度   クリ園における放射性セシウムの蓄積

2011年度   地表面管理の異なるリンゴ園における放射性セシウムの蓄積

2011年度   農業環境中の放射性物質長期モニタリングデータの活用

2009年度   主要穀類および農耕地土壌の人工放射性核種(90Sr、137Cs) 分析データのインターネット上への公開

2007年度   作物可食部のウラン濃度が低いことをほ場試験で確認

2006年度   畑土壌における交換態放射性ストロンチウム減少速度は土壌の陽イオン交換能が支配する

2001年度   わが国における小麦の放射能汚染の長期観測

この記事は