清家伸康

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター
肩書き ユニット長
氏名 清家伸康
連絡先(電話番号) 029-838-8180
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001658
URL http://researchmap.jp/read0202199
カテゴリ

研究情報

2013年度   Identification and inheritance of a winter squash cultivar (Cucurbita maxima) with low heptachlor epoxide uptake ability

2013年度   逐次抽出による農耕地土壌における有機塩素系農薬のエージング過程評価の試み

2012年度   逐次抽出による農耕地土壌における有機塩素系農薬の エージング過程評価の試み

2012年度   Identification and inheritance of a winter squash cultivar (Cucurbita maxima) with low heptachlor epoxide uptake ability

2012年度   厚層多腐植質黒ボク土におけるキュウリ果実のPOPs低減技術

2011年度   植物の土壌中POPs吸収メカニズムの解明(第9報)-環境要因がウリ科植物のディルドリン吸収に及ぼす影響-

2011年度   残留性有機汚染物質 (POPs) 分解酵素遺伝子を導入したカボチャ毛状根によるヘキサクロロシクロヘキサン分解能の解析

2011年度   厚層多腐植質黒ボク土におけるウリ科植物のPOPs吸収及び活性炭処理による吸収抑制

2009年度   日本全域におけるパッシプエアーサンプリング法による有機塩素系農薬類の広域同時モニタリング

2008年度   キュウリのディルドリン残留濃度を予測できる土壌抽出法

2008年度   カボチャのヘプタクロル類汚染対策技術

2006年度   植物の土壌中POPs吸収メカニズムの解明(第2報)-土耕および水耕栽培におけるドリン類吸収の植物間比較-

2006年度   植物の力で農耕地のPOPsリスクを低減する

2006年度   植物の力で農耕地のPOPsリスクを低減する

2006年度   トウモロコシと大気ガス態ダイオキシン類の関連モデルの作成

2006年度   韓国全国土壌中におけるPOPs実態報告II

2006年度   土壌中有機塩素系農薬の逐次抽出

2006年度   水田土壌中ダイオキシン類の起源と消失特性

2006年度   水田土壌における有機塩素系農薬の消長

2006年度   日本の水田土壌中ダイオキシン類の収支(1958年から2000年)

2006年度   日本の畑土壌における多環芳香族炭化水素の残留と経年変化

2006年度   POPsの土壌残留と作物吸収

2006年度   ディルドリンを吸収しにくいカボチャ台木を用いてキュウリ果実中の残留濃度を低減

2005年度   同位体希釈法によるディルドリン,エンドリンのLRMS測定法

2003年度   サイレージ用トウモロコシにおけるダイオキシン類の蓄積実態

2002年度   Comparative efficiency of PCDD/Fs with a variety of extraction methods

2002年度   Dioxins contamination in leafy vegetables based on the surface study

2002年度   TIME TREND OF PCDD/FS AND CO-PCBS CONCENTRATION AND COMPOSITIONS IN RICE LEAVES

2002年度   Possible pathway of dioxins accumulation to the above-ground portions of rice plants grown in contaminated soils

2002年度   Polychlorinated Dibenzo-p-dioxins in , Dibenzofurans and Coplanar PCBs Concentrations of Silage Corn Grown on The Actual Scale of Production Field

2001年度   トウモロコシにおけるダイオキシン類の挙動

2001年度   大気環境におけるダイオキシン類の季節変動

2001年度   製茶過程における茶葉中のダイオキシン類の挙動

2001年度   松山平野における底質中ダイオキシン類の分布と挙動

2000年度   ニンジンのダイオキシン類暴露に関する研究(■)

2013-2015年   [環境省 環境研究総合推進費]   適切な農薬の後作物残留リスク評価に基づく 実効的な管理技術の開発

1998-1998年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   松山平野におけるダイオキシン類の環境動態

この記事は