中村乾

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 中村乾
連絡先(電話番号) 029-838-8180
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001655
URL http://researchmap.jp/can
カテゴリ

研究情報

2015年度   TDR土壌水分計を用いた間断灌漑期水田土壌の気相率の測定

2015年度   間断灌漑後経過日数による水田土壌の気相率,Ehおよび溶存ヒ素・カドミウム濃度の変化

2015年度   水管理の異なる水田におけるAsおよびCdの可溶化と物質収支

2015年度   含鉄資材の施用が水稲栽培期間中の土壌溶液中ヒ素濃度および玄米ヒ素濃度に及ぼす影響

2014年度   農地流出水のイベントベース画像キャプチャリングの試み

2014年度   灌漑間隔が間断灌漑期水田土壌の酸化還元電位および溶存As・Cd濃度に与える影響

2012年度   塩化鉄(III)を 用いたオンサイト化学洗浄によるカドミウム汚染土壌の修復-化学洗浄が土壌の理化学性およびオクラ(Abelmoschus esculuentus)の生育に及ぼす影響-

2012年度   塩化鉄(Ⅲ)を用いたオンサイト化学洗浄によるカドミウム汚染土壌の修復-化学洗浄が土壌理化学およびオクラ(Abelmoschus esculentus)の生育に及ぼす影響-

2012年度   傾斜畑の土壌および栄養塩流出過程観測支援のための自動撮影装置-装置の概要と野菜畑における観測事例-

2010年度   東北タイで用いられているマルチ資材としての牛糞の性能評価

2010年度   東北タイで用いられているマルチ資材としての牛糞の性能評価

2010年度   農業由来窒素の負荷軽減シナリオによる地下水の硝酸塩汚染リスク評価

2010年度   農業由来窒素の負荷軽減シナリオによる地下水の硝酸塩汚染リスク評価

2008年度   ピジョンピー間作トウモロコシ不耕起栽培における窒素の動態

2007年度   石垣島宮良川流域における懸濁性土壌、窒素およびリンの推定流出量.

2007年度   石 垣島宮良川流域における懸濁性土壌、窒素およびリンの推定流出量 The Amount of Estimated Flow of the Suspended Soil, Nitrogen and Phosphorus in the Miyara River Basin of Ishigaki Island

2000年度   Rice cultivar difference can significantly influence CH4 emission rate in rice field.

2000年度   Effect of rice cultivar on CH4 production, oxidation, and emission in flooded rice field.

2000年度   Effect of rice cultivar on CH4 production, oxidation, and emission in flooded rice fields.

2000年度   Rice cultivar difference can significantly influence CH4 emission rate in rice field.

この記事は