石黒浩二

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 石黒浩二
連絡先(電話番号) 011-857-9260
所在都道府県名 北海道
見える化ID 000161
URL
カテゴリ 加工 かんしょ きくいも 機能性 そば ばれいしょ

研究情報

2014年度   Breeding of ‘Manten-Kirari’, a non-bitter and trace-rutinosidase variety of_x000D_ Tartary buckwheat (Fagopyrum tataricum Gaertn.)

2014年度   生食用ジャガイモ品種の低温貯蔵による糖含量の増加特性

2014年度   Discovery and genetic analysis of non-bitter Tartary buckwheat (Fagopyrum_x000D_ tataricum Gaertn.) with trace-rutinosidase activity

2014年度   Preparation of Calcium- and Magnesium-Fortified Potato Starches with Altered Pasting Properties

2014年度   Acute and subacute toxicity studies on the rutin-rich Tartary buckwheat dough in experimental animals.

2013年度   Flavone C-Glycosides from Lychnis senno and their Antioxidative Activity

2013年度   サツマイモ新品種「サツママサリ」の育成

2011年度   表面プラズモン共鳴バイオセンサーによるサツマイモ品種すいおうに含まれるカフェオイルキナ酸誘導体類とアンギオテンシンI変換酵素との相互作用解析

2011年度   表面プラズモン共鳴バイオセンサーによるサツマイモ品種すいおうの茎葉由来のカフェオイルキナ酸誘導体類と酵素との相互作用解析

2011年度   Hypotensive effect of a sweetpotato protein diget in spontaneously hypertensive rats and purificaton of angiotensin I-converting enzyme inhibitory peptides

2011年度   The effect of polyphenols from sweetpotato leaf on blood lipid level in rats fed with high lipid diet

2011年度   葉を食用とするサツマイモ「すいおう」葉部のルテイン、ポリフェノール含量に及ぼす加熱調理法の影響

2010年度   Composition, content and antioxidative activity of the carotenoids in yellow-fleshed sweetpotato (Ipomoea batatas L.)

2010年度   サツマイモ茎葉からのポリフェノール大量抽出法と製品特性

2010年度   Preparation and anti-hypertensive effect of the enzyme digest of sweetpotato protein

2009年度   サツマイモ茎葉からのポリフェノール大量抽出法と製品特性

2009年度   カンショ茎葉添加飼料による家畜の酸化ストレス軽減効果

2008年度   サツマイモでん粉廃液中蛋白質のナカジロシタバ幼虫に対する抗害虫効果

2008年度   サツマイモ新品種「ときまさり」の育成

2007年度   ときまさり

2007年度   べにはるか

2007年度   九州138号

2007年度   Changes in Polyphenolic Content and Radical-Scavenging Activity of Sweetpotato (Ipomoea batatas L.) during Storage at Optimal and Low Temepratures

2007年度   観賞用カンショ新品種「九育観1号」・「九育観2」の育成

2007年度   肉用牛の産肉性および肉質に及ぼすカンショ茎葉添加飼料給与の影響

2007年度   卵用鶏の産卵性および卵質に及ぼすカンショ茎葉添加飼料給与の影響

2006年度   高でん粉で醸造適性が優れる焼酎用カンショ新品種候補系統「九州135号」

2006年度   良食味でいもの外観が優れる食用カンショ新品種候補系統「九州143号」

2006年度   サツマイモ茎葉の血圧降下作用

2005年度   かんしょ農林62号

2005年度   [成果名なし]

2005年度   エンサイに含まれるポリフェノールとカロテノイド

2005年度   アケムラサキ

2004年度   パインアップル茎葉を含めた未利用部分のポリフェノール含量

2004年度   茎葉利用サツマイモ「すいおう」における部位別の栄養・機能性の差異

2003年度   カンショ新品種“タマオトメ”の育成

2003年度   カンショ新品種“べにまさり”の育成

2003年度   ハマコマチ

2003年度   ダイチノユメ

2003年度   アヤコマチ

2002年度   β-アミラーゼ原料用サツマイモ系統に適した栽培条件の検討

2002年度   蒸切干用サツマイモ品種「タマオトメ」の育成

2001年度   でん粉原料用カンショ新品種「コナホマレ」の育成

2001年度   特徴的な特性をもつカンショでん粉

2001年度   Selection of Low and High Amylose Sweetpotato Lines

2001年度   Genetic Resources and Breeding of Sweetpotato in Japan

2001年度   論文: 生カンショパウダーを添加した麺の性状と食味

2001年度   タマオトメ

2001年度   ムラサキマサリ

2001年度   べにまさり

2001年度   カンショ新品種“コナホマレ”の育成

2001年度   サツマイモ畦内貯蔵中のでん粉特性の変化

2001年度   甘くておいしい青果用カンショ新品種「べにまさり」

2001年度   β-アミラーゼ用カンショ系統に適した栽培条件の検討

2001年度   茎葉部利用さつまいも新品種「すいおう(翠王)」の特性

2000年度   カンショにおけるアントシアニン含量および色素成分の評価法

2000年度   カンショ塊根中の澱粉,アミロースおよびβ-カロテン含量の光学的簡易測定法

2000年度   カンショにおけるアントシアニン含量および色素成分の評価法

2000年度   スープおよびコロッケ用品種の選抜

2000年度   サツマイモでん粉老化特性の栽培条件による影響

2000年度   Physicochemical Properties of Root Starches from New Types of

2000年度   Retrogradation of Sweetpotato Starch

2018年度   収量性と容積重に優れるソバ新品種「キタミツキ」

2017年度   特徴的な香味を有する焼酎の原料用橙肉カンショ新品種「サツマアカネ」

2016年度   ルチンを多く含むダッタンソバ「満天きらり」加工品の体脂肪率上昇抑制効果

2016年度   ダッタンソバ「満天きらり」の加工時のルチン含量の変動要因

2015年度   酵素処理により風味と食感が改善されたカラフルポテト加工素材

2015年度   カルシウムが強化され粘度特性に優れた馬鈴薯澱粉の製造

2014年度   カルシウムが強化され粘度安定性に優れた馬鈴薯澱粉の製造

2014年度   生食用バレイショ品種の低温貯蔵による糖増加特性

2011年度   良食味のだったんそば新品種候補「芽系T27号」

2010年度   サツマイモ「すいおう」葉身の調理品中にルテイン、カフェ酸誘導体は含まれる

2010年度   サツマイモでん粉廃液から調製したサツマイモペプチドの脂質代謝改善作用

2010年度   黄肉色サツマイモに含まれるカロテノイド

2009年度   いもの形状や貯蔵性が優れる焼酎用カンショ新品種「サツママサリ」

2004年度   加工用の高アントシアニンカンショ新品種候補系統「アケムラサキ(九州148号)」

2004年度   蒸切干加工用の紫カンショ品種登録候補系統「九州137号」

2002年度   蒸切干加工用の高カロテンカンショ新品種「ハマコマチ」

2002年度   でん粉原料用カンショ新品種「ダイチノユメ」

2002年度   カロテンを含む惣菜・青果用カンショ新品種「アヤコマチ」

2001年度   カンショ葉の総ポリフェノール含量およびポリフェノール組成

2001年度   甘くておいしい青果用カンショ新品種「べにまさり」

2000年度   蒸切干加工用カンショ新品種候補系統「九州118号」

2000年度   加工用高アントシアニンカンショ新品種候補系統「九州132号」

この記事は