與語靖洋

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター
肩書き 領域長
氏名 與語靖洋
連絡先(電話番号) 029-838-8180
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001608
URL http://researchmap.jp/read0004215
カテゴリ

研究情報

2010年度   コムギ作における各種作付体系がカラスムギの動態に及ぼす影響:ポット試験による評価

2010年度   リグニン生合成系制御に関する生理生化学的研究

2010年度   ジクワット・パラコート液剤処理および麦桿の被覆がカラスムギ種子の出芽に及ぼす影響

2010年度   ネズミムギに対する主要ムギ類用土壌処理型除草剤の防除効果

2009年度   異なる耕起体系におけるトリフルラリン,クロロプロファム処理がカラスムギの出芽と生残に及ぼす影響

2009年度   コムギ作のカラスムギ防除に及ぼす遅播とトリフルラリン剤処理量の影響

2009年度   出芽時期の異なるカラスムギに対するトリフルラリン,クロロプロファム処理の効果

2006年度   関東地域における主要ダイズ品種を中心としたベンタゾン感受性の品種間差

2006年度   ダイズ作における一年生広葉夏畑雑草のベンタゾン感受性の種間差

2006年度   石灰窒素の秋処理が数種の夏畑雑草の出芽に及ぼす影響

2006年度   なぜ農薬を使うの?除草剤の人体や環境への影響は?

2006年度   フードチェーンの安全性確保のための研究機関合同会議

2006年度   農薬の利用に関する最近の動向

2006年度   石灰窒素の秋処理が数種の夏畑雑草の出芽に及ぼす影響

2006年度   水稲用アミド系除草剤のタイヌビエに対する残効期間に及ぼす温度の影響

2006年度   除草剤試験のための基礎知識

2006年度   大気中に拡がる農薬-その拡散と制御を考える-

2006年度   環境汚染対策研究方向

2006年度   ダイズ作における一年生広葉夏畑雑草のベンタゾン感受性の種間差

2006年度   関東地域における主要ダイズ品種を中心としたベンタゾン感受性の品種間差

2005年度   関東・東海地域の麦作圃場におけるカラスムギ、ネズミムギの発生実態とその背景

2004年度   カラスムギに対する各種麦類用除草剤の防除効果

2002年度   大豆作における最近の雑草問題-2001年アンケート結果から-

2002年度   誰でも使える植物生育の数値化を目指して

2002年度   ナリンゲニンとカルコンに対するトウモロコシおよびイネの感受性差異と4クマロイルCoAリガーゼの特性との関係

2002年度   カラスムギ数集団の出芽特性と石灰窒素処理による出芽促進反応.

2002年度   麦作のカラスムギ密度は夏作時の耕起体系に影響される.

2002年度   イネ科植物における3クマロイルCoAリガーゼのアイソザイム分布と阻害活性

2002年度   ショクヨウガヤツリの萌芽に及ぼすジベレリン生合成阻害剤等の影響

2002年度   土壌表層の土壌水分がメトラクロールの残効期間を左右する.

2001年度   The sensitivity of annual plants to naringenin and chalcone.

2001年度   植物リグニン生合成系酵素4クマロイルCoAリガーゼ(4CL)のアイソザイム分布とその阻害

2001年度   The effects of chalcone on maize growth, lignin content and PAL activity

2001年度   Effect of soil moisture on the duration of activity of amides and trifluralin in soybean field

2001年度   ショクヨウガヤツリの塊茎形成に関与する物質探索のための簡易培養法の利用

2001年度   イネ・トウモロコシ・ダイズにおける4クマロイルCoAリガーゼ(4CL)アイソザイムの分布と数種化合物による4CL活性阻害

2001年度   土壌の乾湿がアラクロール,メトラクロールおよびトリフルラリンの残効期間および土壌溶液中消長に及ぼす影響

2001年度   麦圃でのカラスムギ個体群動態:麦播種期および土壌処理除草剤の影響

2001年度   カラスムギの発生消長とトリフルラリン剤の効果

2001年度   雑草化イタリアンライグラスの種子生態

2001年度   主要研究成果(参考): 4種類の土壌におけるメトラクロールの残効期間

2001年度   Development of herbicide-resistant upland weeds in Japan.

2001年度   Perspectives for the future

2001年度   Effect of pre-emergence herbicides and rainfall on weed survival in soybean

2001年度   Search for novel action site of herbicides

2001年度   Relationship between soil moisture and duration of activity of metolachlor in four different soils

2001年度   Partial purification and propertied of 4-Coumarote: CoA Ligaze in rice, maize and Soybean

2001年度   作物・雑草の生長を数値で表す.-BBCH法の紹介-

2001年度   土壌処理型除草剤および降雨が残存雑草に及ぼす影響

2000年度   野菜作の新問題雑草,ゴウシュウアリタソウ

2000年度   関東東海地域の麦作におけるカラスムギ,ネズミムギの発生実態

2000年度   関東東海地域の麦作におけるカラスムギ,ネズミムギの発生実態

2000年度   異なる4土壌におけるメトラクロールの残効性と年次変動

2000年度   除草剤の新しいターゲット探索の試み

2000年度   農薬の散布技術

2000年度   梅雨明け後の雑草管理のポイント

2000年度   関東東海地域の麦作におけるカラスムギ,ネズミムギの発生実態-アンケート結果と現地での事例

2000年度   カラスムギ等数種越年生イネ科雑草の越夏環境と発生消長

2000年度   Wild oat problem in winter cereals and its control status in Kanto area of Japan

2000年度   麦作におけるカラスムギ防除:トリフルラリンと播種期移動の効果

2000年度   Growth characteristics of yellow nutsegde(Cyperus esculentus L.) in early- and late-sown dent corn

2000年度   Variation and plasticity in growth and reproduction of five yellow nutsedge(Cyperus esculentus L.) genotypes

2000年度   千葉県八千代市におけるショクヨウガヤツリの発生・生育状況

2000年度   Effects of light quantity and quality on growth and reproduction of Cyperus esculentus

2000年度   Effect of day length on the tuber formation of yellow nutsedge (Cyperus esculentus L.) in Japan

2000年度   実験室内で塊茎形成を比較観察できるショクヨウガヤツリ簡易培養法

2000年度   実験室内で塊茎形成を比較観察できるショクヨウガヤツリ簡易培養法

2000年度   ショクヨウガヤツリの生育および繁殖体形成に及ぼす日長の影響

2000年度   Effects of temperature on sprouting and early growth of Cyperus esculentus in the dark

2000年度   フェニルプロパノイド系代謝系化合物がシロイヌナズナの生育に及ぼす影響

2000年度   数種植物のクマロイルCoAリガーゼの基質特異性とナリンゲニンによる根部成長阻害

2000年度   除草剤の新しいターゲット探索の試み

2000年度   Effect of naringenin and amino acid synthesis inhibitors on lignin biosynthesis

2000年度   土壌処理型除草剤の残効性を予測できるか?

2000年度   畑地におけるアミド系除草剤メトラクロールの残効性に及ぼす土壌水分の影響

2000年度   一年生雑草に対するトリフルラリンの効果と土壌表層中消長

2000年度   Effect of soil moisture on the duration of activity of amide herbicides in upland condition

2000年度   アラクロール、メトラクロールおよびトリフルラリンの残効性の及ぼす土壌水分の影響

2000年度   Development of herbicide resistant upland weeds in Japan

2000年度   遺伝子組換え(除草剤抵抗性)作物について

2000年度   土壌中におけるclomepropの代謝阻害と殺草活性に及ぼすcarbarylの影響

2000年度   梅雨明け後の上手な雑草防除

2000年度   最新農薬情報「今、新しい農薬目指して動き始めた!」、除草剤

2013-2017年   [農林水産省 農林水産技術会議]   新たな遺伝子組換え生物にも対応できる生物多様性影響評価・管理技術の開発(GRA)

2014-2016年   [農林水産省 農林水産技術会議]   地域特産作物をグループ化して農薬登録するための作物残留値予測手法の開発

2008-2012年   [農林水産省 農林水産技術会議]   生物多様性影響評価に必要な科学的知見の集積

2008-2012年   [農林水産省 農林水産技術会議]   遺伝子組換え作物の安全・信頼確保のための管理技術の研究開発

2008-2012年   [農林水産省 農林水産技術会議]   遺伝子組換え作物と一般作物との共存のための技術開発

2008-2011年   [農林水産省 農林水産技術会議]   低濃度エタノールを用いた新規土壌消毒技術の開発

この記事は