麓多門

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 麓多門
連絡先(電話番号) 029-838-8180
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001591
URL
カテゴリ

研究情報

2014年度   Uncertainties in predicting rice yield by current crop models under a wide range of climatic condition

2013年度   Application of a process-based biogeochemistry model, DNDC-Rice, on a rice field under free-air CO2 enrichment (FACE).

2013年度   National-scale estimation of methane emission from paddy fields in Japan: Database construction and upscaling using a process-based biogeochemistry model.

2013年度   Validation of the DNDC-Rice model to discover problems in evaluating the nitrogen balance at a paddy-field scale for single-cropping of rice.

2012年度   Validation of the DNDC-Rice model by using CH4 and N2O flux data from rice cultivated in pots under alternate wetting and drying irrigation management.

2011年度   炭素・窒素動態モニタリングと予測にもとづく地球温暖化適応・緩和戦略

2011年度   Combined emission of CH4 and N2O from a paddy field was reduced by preceding upland crop cultivation

2011年度   Methane and soil CO2 production from current-season photosynthates in a rice paddy exposed to elevated CO2 concentration and soil temperature

2010年度   水田から発生するCH4に占める栽培中のイネ由来炭素の重要性ー開放系大気CO2濃度増加実験に伴う炭素安定同位体ラベルの利用ー

2010年度   水田FACE(開放系CO2増加)実験結果によるDNDC-Riceモデルの検証

2010年度   排水性を考慮した水田からのメタン発生量のプロセスモデルにより広域推定

2010年度   炭素・窒素同時動態モデルDNDCによる温室効果ガス排出量の予測

2009年度   Validation of revised DNDC model for methane emissions from irrigated rice fields in Thailand and sensitivity analysis of key factors

2009年度   Assessment of the methane mitigation potentials of alternative water regimes in ricefields using a process-based biogeochemistry model

2006年度   有機物連用による水田土壌の炭素・窒素蓄積過程のシミュレーション

2006年度   貧栄養多雪地域における森林の窒素循環

2001年度   酸性沈着による土壌化学性変化のダイナミックモデルによる予測-野外調査結果への適用による酸緩衝機構に関する検討-

2000年度   霞ヶ浦流域の農耕地における土壌侵食量の推定

2000年度   Modeling of sulfate adsorption on Andisols for implementation in the SAFE model

2000年度   Implementation of sulfate adsorption in the SAFE model

2000年度   Adapting the PROFILE Model to calculate the critical load for East Asian soils by including volcanic glass weathering and alternative aluminum solubility system

2000年度   Disdrometerを用いた雨滴粒径分布と運動エネルギーの測定

2000年度   SAFEモデルへの硫酸イオン吸着サブモデルの組み込みと森林生態系への適用

2000年度   Estimation of mineral weathering rates on field conditions based on base cation budget and strontium isotope ratios

2000年度   Sr. isotopic signature in plant-derived Ca in rain

2000年度   Effects of nitrogen deposition on nitrous oxide emissions from the forest floor

2000年度   Effect of nitrogen deposition on the nitrogen budget in forest ecosystem

2000年度   窒素負荷量が林床からのN2O発生量に及ぼす影響

2000年度   塩基の収支とSr同位体比基づいた鉱物風化速度の推定

2000年度   Disdrometerを用いた雨滴粒径分布と運動エネルギーの測定

2006-2008年   [環境省 地球環境保全試験研究費(地球一括計上)]   高CO2 濃度・温暖化環境が水田からのメタン発生に及ぼす影響の解明と予測

この記事は