米村正一郎

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター
肩書き 主席研究員
氏名 米村正一郎
連絡先(電話番号) 029-838-8180
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001590
URL http://researchmap.jp/read0004473
カテゴリ

研究情報

2014年度   富士山山岳道路近隣森林内におけるNO,NO2,O3,飽差の観測

2014年度   富士山山岳道路沿道における窒素酸化物とオゾンの連続観測

2014年度   レーザー誘起蛍光法を用いた富士山山岳道路沿道における窒素酸化物の計測

2014年度   Contribution of nitrous oxide emission from soil covered with plastic mulch film in vegetable field

2014年度   富士山山岳道路沿道における車両通行規制に伴う窒素酸化物の濃度変化

2014年度   Seasonal and diurnal variations in net carbon dioxide flux throughout the year from soil in paddy field

2014年度   富士山山岳道路近隣森林内におけるNO,NO2,O3,飽差の観測

2014年度   富士山山岳道路沿道と近隣森林内における窒素酸化物とオゾンの連続観測

2013年度   富士スバルライン沿道と森林内における気温・湿度・大気汚染物質の観測

2013年度   Soil respiration, N2O, and CH4 emissions from an Andisol under conventional-tillage and no-tillage cultivation for 4 years

2013年度   Systematic formulation of equations for trase-gas uptake by soil

2013年度   Soil respiration, N2O, and CH4 emissions from an Andisol under conventional-tillage and no-tillage cultivation for 4 years.

2013年度   火山灰土においてミミズが炭素動態に及ぼす影響.

2012年度   可搬型簡易渦集積採取装置の開発とカラマツ林のテルペン類フラックス測定への応用

2012年度   Nitrous oxide evolved from soil covered with plastic mulch film in horticultural field

2012年度   Vertical soil.air CO2 dynamics at the Takayama deciduous broadleaved forest AsiaFlux site

2012年度   Linking temperature sensitivity of soil organic matter decomposition to its molecular structure, accessibility, and microbial physiology

2011年度   可搬型簡易渦集積採取装置の開発とカラマツ林のテルペン類フラックス測定への応用

2007年度   トウモロコシ交雑率の年次変動に与える生物・気象条件の影響

2006年度   A-23 奄美大島で春季に採取した大気エアロゾルの化学組成とその光学活性(第2報)

2006年度   水田および転換畑におけるCO2フラックスの季節変化および炭素収支の推定-自動開閉チャンバーを用いたモニタリング試験の結果

2006年度   チベット高原を利用した温暖化の早期検出と早期予測に関する研究

2006年度   チベット高原における気象環境のトランゼクト解析

2006年度   菅平アカマツ林とススキ草原における地中CO2濃度の特徴

2006年度   福江島、奄美大島における一酸化炭素の濃度変化

2006年度   冷温帯落葉広葉樹林におけるラドンFlux及び土壌中ガス拡散係数

2006年度   モンゴルにおける地中CO2濃度の動態の解釈について

2006年度   中国敦煌における春季の風送ダスト・黄砂の発生形

2005年度   陸上生態系における炭素動態のモデリング -土壌内の炭素の分配・流れを中心として-

2005年度   Variation feature of airbone corn pollen number obtained by the automatic pollen monitor.

2005年度   An algorithm for estimating potential deposition of corn pollen

2005年度   The variation of greenhouse gas emissions from soils of various land-use/cover types in Jambi province, Indonesia(インドネシアジャンビ州における様々な土地利用形態における土壌からの温室効果ガスの変動について)

2005年度   Spatial patterns of greenhouse gas emission in a tropical rainforest in Indonesia.(インドネシア熱帯雨林における温室効果ガス発生の空間パターン)

2004年度   気象条件が花粉飛散を介してトウモロコシの交雑率に与える影響

2004年度   中国敦煌の沙漠とオアシスにおける黄砂の舞い上がり特性

2003年度   中国敦煌のオアシスにおけるダスト舞い上がりの特徴

2002年度   Annual and El Nino/Southern Oscillation variations in observations of in situ stratospheric ozone over Peninsular Malaysia

2002年度   Relations between Light Hydrocarbon, Carbon Monoxide, and Carbon Dioxide Concentrations in the Plume from the Combustion of Plant Material in a Furnace

2002年度   Tropospheric ozone climatology over Peninsular Malaysia from 1992 to 1999

2002年度   Tropospheric ozone variability over Singapore from August 1996 to December 1999

2002年度   Wind erosion processes during dust storm in Dunhuang, China

2002年度   花粉によるトウモロコシの交雑率とドナー花粉源距離との関係

2002年度   花粉によるトウモロコシの交雑率とドナー花粉源距離との関係

2000年度   スギ花粉放出源での空中花粉濃度の測定 -スギ花粉の拡散過程に関する研究-

2000年度   環境影響評価のためのトウモロコシ花粉落下総数の予測手法

2000年度   MRI-CGCM気候変化シナリオから予測した日本における21世紀の水稲の潜在収量

2000年度   植物体を経由したメタンと亜酸化窒素輸送過程の制御要因

2000年度   熱帯アジアの土地利用変化が陸生生態系からの温室効果ガスの発生・吸収量に及ぼす影響の評価に関する研究 (1)土地利用変化に伴う温室効果ガスの発生・吸収の現地調査とその総合評価

2000年度   The impacts of biomass burning in tropical Asia on the atmospheric chemistry

2000年度   Variation of stratospheric ozone at Petaling Jaya in Malaysia

2000年度   The effects of biomass burning on tropospheric ozone at Petaling Jaya. Malaysia in 1994, 1997 and 1998

2000年度   Ground observation of atmospheric methyl halides during biomass burning peripd in 1997

2000年度   畑地・林地土壌によるメタン、一酸化炭素および水素ガスの吸収

2000年度   Carbon gas emissions from the uncontrolled combustion of agricultural waste

2000年度   熱帯アジアの大気中エアロソル濃度の長期変動に及ぼすエルニーニョの影響

2000年度   Trace gas absorption by soil

2000年度   Model analysis for the influence of gas diffusivity in soil on CO and H2 uptake

2000年度   Carbon monoxide, hydrogen, and methane uptake by soils in a temperate arable field and a forest

2000年度   Concentrations of carbon monoxide and methane at two heights above a grass field and their deposition onto the field

2000年度   Ground observation of atmospheric methyl halides during biomass burning period in 1997 and 1998

2000年度   Methyl halides emissions of biomass combustion experiment

2000年度   バイオマス燃焼による大気中微量物質の放出

2000年度   Continuous measuemrent of CO and H2 deposition velocities onto an andison:Uptake control by soil moisture

2000年度   A process-based model for the global estimation of CH4- and CO-uptake strengths by soils

2000年度   半導体アンモニアセンサーの較正と野外での検証

2000年度   農耕地・林地でのメタン・一酸化炭素・水素の交換

2000年度   バイオマス燃焼による大気微量物質の放出

2000年度   農業資源からの悪臭の拡散

2000年度   Exchange of CO, H2 and CH4 in agricultural and forest fields

2000年度   Continuous measurements of CO and H2 deposition velosities onto an andosol: uptake control by soil moisture

2000年度   Carbon monoxide photoproduction from rice and maize leaves

2016年度   トウモロコシ花粉飛散ステージに対応した分光反射率に基づく植生指数等の変化

2014年度   水田土壌からの CO2放出量とその日変動・季節変動を解明

2014年度   土壌中 CO2 発生量鉛直分布の推定方法の開発

2014年度   ポリフィルム被覆を行った露地野菜栽培圃場からの一酸化二窒素排出量の評価

2012年度   温度上昇が土壌炭素の分解をどのぐらい加速させるかを決める要因の解明 ―土壌炭素動態モデルの精緻化に有効―

2012年度   太陽熱処理期間中のポリマルチ被覆土壌からの一酸化二窒素放出

2011年度   遺伝子組換え水稲と非組換え水稲の広域での交雑率を簡便に推定する指標を開発

2010年度   防風ネット・防風植生による交雑抑制効果を評価する数値モデル

2010年度   温度が土壌からの温室効果ガスの発生・吸収に及ぼす影響を自動連続測定できる実験装置

2010年度   チベット高原における草原生存極限(草線)の気候条件

2009年度   有機物施用が及ぼす農地土壌への炭素蓄積効果を全国推定

2006年度   土壌炭素動態の温暖化応答解明のための高精度土壌加温システム

2005年度   積雪地域におけるスギ花粉の飛散開始日の推定

2003年度   局地気象モデルを活用した水田の水温・地温の広域的な推定手法の開発

2003年度   トウモロコシ花粉飛散量自動モニター装置の開発

2001年度   湿潤熱帯林の土地利用変化に伴う土壌からの温室効果ガス発生・吸収量の変動

2016-2020年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   北極ツンドラ生態系における土壌CO2フラックスの冬期の動態解明と年間の高精度推定

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ベトナム水田域における収量・品質向上と両立した環境配慮型水・物質管理の提案と実践

2014-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   北極永久凍土融解による土壌炭素分解の実態解明とそのダイナミクスに関する調査研究

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ペレット堆肥からの一酸化二窒素発生メカニズムの解明

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   炭素ガス炭素安定同位体比高速測定システムの開発

2011-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   土壌ガス交換の動的解明

2008-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   野外加温操作実験による農耕地土壌の有機物分解に及ぼす温暖化影響の検証

この記事は