秋山博子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター
肩書き ユニット長
氏名 秋山博子
連絡先(電話番号) 029-838-8180
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001585
URL http://researchmap.jp/read0208725
カテゴリ

研究情報

2014年度   Relationships between ammonia oxidizers and N2O and CH4 fluxes in agricultural fields with different soil types

2013年度   土壌から発生する温室効果ガス メタンと一酸化二窒素

2012年度   The relationship of water-soluble carbon and hot-water-soluble carbon with soil respiration in agricultural fields

2012年度   Evaluation of uncertainties in N2O and NO fluxes from agricultural soil using a hierarchical Bayesian model

2012年度   Nitrification, ammonia-oxidizing communities, and N2O and CH4 fluxes in an imperfectly drained agricultural field fertilized with coated urea with and without dicyandiamide

2011年度   Characterization and production and consumption processes of N2O emitted from temperate agricultural soils determined via isotopomer ratio analysis

2011年度   Combined emission of CH4 and N2O from a paddy field was reduced by preceding upland crop cultivation

2011年度   Comparison of indirect nitrous oxide emission through lysimeter drainage between an Andosol upland field and a Fluvisol paddy field

2011年度   地球環境

2011年度   農耕地土壌起源のN2O排出量算定方法

2010年度   国・都道府県における農業生産に伴うN2O排出量の推計

2008年度   温室効果ガスの可搬型自動サンプリング装置の開発

2008年度   家畜ふん尿堆肥に含まれる肥料成分の傾向と堆肥化に伴う窒素消失量の推定

2006年度   モンスーンアジア農業生態系におけるCH4, N2O発生量の評価と削減技術の開発

2006年度   日本の水田におけるハロゲン化メチルの発生

2006年度   日本の水田におけるハロゲン化メチルの発生

2006年度   水田および転換畑におけるCO2フラックスの季節変化および炭素収支の推定-自動開閉チャンバーを用いたモニタリング試験の結果

2006年度   日本の農耕地土壌における亜酸化窒素の排出係数の推定

2006年度   2006年版IPCCガイドラインに採用された水田から発生するメタンの新しい算定方法

2006年度   京都議定書第一約束期間の開始を前に、農耕地から発生する亜酸化窒素の新しい排出係数を算定

2005年度   Statistical analysis of the major variables controlling methane emission from rice fields

2005年度   農耕地からの亜酸化窒素の排出係数は現在のIPCCデフォルト値よりも低い

2002年度   Effect of chemical fertilizer form on N2O, NO and NO2 fluxes from Andosol field

2002年度   Influence of soil physical properties, fertiliser type and moisture tension on N2O and NO emissions from nearly saturated Japanese upland soils.

2002年度   N2O and NO emissions from Chinese cabbage field as influenced by band application of urea or controlled-release urea fertilizers

2000年度   15Nトレーサーを用いたヨシフィルターの窒素除去性能に関する研究

2000年度   EFFECTS OF RIPARIAN DENITRIFICATION ON STREAM NITRATE - EVIDENCE FROM ISOTOPE ANALYSIS AND HEAVY NITRATE LEACHING DURING RAINFALL

2000年度   農耕地から発生する温室効果ガスの発生削減を目指して

2000年度   N2O and NO emissions from soils after the application of different chemical fertilizers

2000年度   NO and N2O Emissions from Upland Soils with the Application of Different Types of Nitrogen Fertiliser

2000年度   家畜糞尿を施用した農地からのN2OとNOの発生

2000年度   Influence of physical conditions and fertiliser type on N2O and NO emissions from nearly saturated Japanese soils

2000年度   Influence of physical conditions and fertiliser type on N2O and NO emissions from nearly saturated Japanese soils

2000年度   Effects of urea form and soil moisture on N2O and NO emissions from Japanese Andosols

2000年度   熱帯アジアの土地利用変化が陸域生態系からの温室効果ガスの発生・吸収量に及ぼす影響の評価に関する研究 (5)アジアの農耕地から発生する窒素酸化物の制御技術(国際交流)

2000年度   農耕林地から発生するメタンと亜酸化窒素の発生抑制技術の開発に関する研究、■アジアの農耕地からのメタンと亜酸化窒素の発生及び抑制技術に関する研究

2000年度   農耕地から発生する温室効果ガスを減らすために

2000年度   有機質肥料を施用した畑土壌からのN2OおよびNOの発生

2000年度   Nitrous Oxide and Nitric Oxide Emissions from upland soils after application of different organic manures

2000年度   Contribution of soil respiration to total assimilation in corn field

2000年度   有機質肥料を施用した畑土壌からのN2OおよびNOの発生(2)

2017年度   放牧草地の硝化抑制剤施用はN2O発生、硝酸流亡を減らし収量を増加させる

2017年度   転換畑土壌の短期間の冠水によるN2O大量発生時の脱窒菌群の特徴

2016年度   土着の根粒菌を用いたダイズ畑でのN2O発生の削減

2016年度   新規な硝化菌(アンモニア酸化細菌)の発見

2013年度   畑土壌における古細菌群の動態と硝化への寄与の可能性

2012年度   世界で初めての微生物を用いた温室効果ガス・N2Oの削減法を野外で実証

2009年度   世界の水田からのメタン発生量とその削減可能量の推定

2009年度   農耕地から発生する亜酸化窒素の削減効果を定量的に評価 -硝化抑制剤入り肥料の平均的な削減率は-38%-

2008年度   温室効果ガスの可搬型自動サンプリング装置の開発

2006年度   2006年版IPCC ガイドラインに採用された水田から発生するメタンの新しい算出方法

2006年度   京都議定書第一約束期間の開始を前に、農耕地から発生する亜酸化窒素の新しい排出係数を算出

2005年度   農耕地からの亜酸化窒素の排出係数は現在のIPCCデフォルト値よりも低い

2004年度   メタン発生の多い水田での畑転換は有効な温室効果ガス発生抑制技術である

2003年度   農耕地への有機物施用は亜酸化窒素の主要な排出源のひとつである

2002年度   水田の間断灌漑水管理・慣行施肥管理は水稲栽培期間中のメタンと亜酸化窒素の発生を共に抑制する

2015-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   農地土壌へのバイオ炭施用による一酸化二窒素の発生経路および削減メカニズムの解明

2014-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   安定同位体自然存在比と微生物解析を用いた農耕地からのN2O発生メカニズムの解明

2014-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   窒素施肥土壌のメタン酸化におけるアンモニア酸化細菌および古細菌の役割の解明

2010-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 最先端研究開発支援]   温室効果ガスの高精度モニタリングと環境メタゲノミクスの融合によるN2O削減

この記事は