石郷岡康史

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 石郷岡康史
連絡先(電話番号) 029-838-8180
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001581
URL http://researchmap.jp/isigo
カテゴリ

研究情報

2014年度   Effects of nitrogen input and climate trends on provincial rice yields in China between 1961 and 2003: quantitative evaluation using a crop model(1963年から2003年までの中国地域収量の趨勢に及ぼす窒素肥料投入量と気候変化の影響評価:作物モデルを用いた定量的評価)

2014年度   Evaluating the effect of nitrogen fertilizer management on future rice yields under changing climate in East Asia (東アジア地域における気候変動下の収量の趨勢に窒素肥料管理が及ぼす影響の評価)

2011年度   農耕地モニタリング地点の選定とその気温変化傾向に関する地形的な特性

2011年度   農耕地モニタリング地点の選定とその気温変化傾向に関する地域的な特性

2011年度   マルチ気候シナリオによる暖候期森林蒸発散量の気候変化影響評価

2010年度   モデル結合型作物気象データベース(MeteoCrop DB),

2010年度   水稲の温暖化影響評価のための「モデル結合型作物気象データベース」(MeteoCrop DB)と2009年の収量低下の要因解析

2009年度   微気象要因と高温障害:穂温からの解析

2009年度   Atomospheric turbidity setimation from hourly global solar radiation data under cloudless skies

2009年度   都市化の影響を考慮した近年の日本における気温変化傾向とその地域的・季節的特性について

2009年度   2007年猛暑における高温不稔調査報告

2009年度   水稲の温暖化影響評価のための「モデル結合型作物気象データベース」(MeteoCrop DB)

2009年度   都市化の影響を考慮した近年の日本における気温変化傾向とその地域的・季節的な特性について

2006年度   2004・2005 年の2 年間の現地調査から明らかになったタイ東北部の水環境と稲作

2006年度   近年の日本における都市部と農村部の気温変化傾向の相違について

2006年度   20世紀の気候変動に伴う農業水需給関係の時空間変動特性

2006年度   広域水循環モデルを使用した,タイ東北地方の湛水領域の推定

2003年度   気候要素を用いた純一次生産力の評価と試み

2001年度   温暖化が日本の水稲栽培の潜在的特性に及ぼすインパクト

2000年度   世界の農業気候資源量の分布とその変動

2000年度   温暖化における日本の水稲栽培に関する脆弱性の評価

2018年度   品種間差を考慮した作物の成長の安定性の高い予測手法

2017年度   コメの収量および品質低下リスクの将来変化に関するデータセットの公開

2016年度   水田水温を利用した発育モデルによる水稲出穂予測の精度向上

2015年度   農業環境情報カタログサイト NIAES VIC の公開

2015年度   気候変動がわが国のコメ生産に及ぼす影響の予測

2013年度   作物気象データベース『MeteoCrop DB』改訂版 -最新データの提供でイネの生育診断や高温対策への利用が可能に-

2013年度   世界の主要生産地域における過去25年間の主要作物の推定収量データベース(全球作物収量データベース)

2012年度   温暖化研究のために、農耕地を代表するアメダス気象観測点として「農耕地モニタリング地点」を選定

2011年度   日本における気候変化の農業影響と適応・緩和策を評価するための地点・日別気候変化シナリオデータセット(ELPIS-JP)

2010年度   広域水収支モデルにより天水田地帯の水稲作付面積を推定する

2010年度   「三次メッシュ気象値ファイル」のWEBブラウジング化プログラム

2009年度   時別日射量の高精度推定法の開発と日本全域におけるデータセットの作成

2009年度   2009年夏の低日照が特に西日本の水稲作況低下に影響したことを農環研データベースMeteoCropで解明

2008年度   2007年夏季異常高温下での水稲不稔率の増加を確認

2008年度   水田からのメタン放出に対する大気二酸化炭素濃度と夜温上昇との相互作用

2007年度   水循環変動が食料に及ぼす影響評価・予測のためのAFFRC水-食料モデル

2007年度   水稲の温暖化影響評価のための「モデル結合型作物気象データベース」

2004年度   農業水利用を考慮した新しい大陸スケールの水循環モデルの開発

2003年度   衛星画像を用いたモンスーンアジアでの主要穀物の栽培期間の推定

2003年度   局地気象モデルを活用した水田の水温・地温の広域的な推定手法の開発

2001年度   生育阻害要因を考慮した日本の水稲生産の温暖化に対するぜい弱性の評価

この記事は