大浦典子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター
肩書き 広報プランナー
氏名 大浦典子
連絡先(電話番号) 029-838-8180
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001576
URL http://researchmap.jp/read0208728
カテゴリ

研究情報

2015年度   和歌山県の水田における有機物施用の違いが温室効果ガス発生に与える影響

2015年度   マルチを利用した2作1回施肥がスイートコーン・キャベツ栽培ほ場からのN2O発生に及ぼす影響

2015年度   田畑輪換による温室効果ガス排出量削減効果の定量的評価、(第1報)田畑輪換圃場と水稲連作圃場における2か年の調査結果

2014年度   肥効調節型肥料施用による一酸化二窒素排出削減技術の検証

2014年度   下層植生が針葉樹人工林の窒素循環に及ぼす影響

2014年度   マルチを利用した減肥がスイートコーン圃場からの亜酸化窒素フラックスに及ぼす影響

2013年度   日本の農耕地土壌からのN2O排出量削減策の検証

2013年度   有機質資材を施用した農耕地土壌からのN2O排出量とその排出係数の評価 -全国10県の農業試験機関における一斉調査-

2013年度   豚ぷん堆肥,鶏ふん堆肥の酸性デタージェント可溶性窒素量による一酸化二窒素発生量の評価

2013年度   豚ぷん堆肥,鶏ふん堆肥の酸性デタージェント可溶窒素量による一酸化二窒素発生量の評価

2013年度   マルチの有無が圃場からの温室効果ガス発生に及ぼす影響

2012年度   有機質資材の排出係数算出にむけて 、(第2報) 、全国10県の農業試験場における亜酸化窒素発生量の定量評価 、

2006年度   窒素負荷が異なる森林におけるN2O発生量の広域推定

2006年度   貧栄養多雪地域における森林の窒素循環

2000年度   Adapting the PROFILE Model to calculate the critical load for East Asian soils by including volcanic glass weathering and alternative aluminum solubility system

2000年度   Estimation of mineral weathering rates on field conditions based on base cation budget and strontium isotope ratios

2000年度   Effects of nitrogen deposition on nitrous oxide emissions from the forest floor

2000年度   Effect of nitrogen deposition on the nitrogen budget in forest ecosystem

2000年度   窒素負荷量が林床からのN2O発生量に及ぼす影響

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   生分解性マルチフィルムを用いた栽培体系における温室効果ガス排出とLCA評価

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ベトナム水田域における収量・品質向上と両立した環境配慮型水・物質管理の提案と実践

この記事は