小林有一

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業技術革新工学研究センター
肩書き 総合機械化研究領域施設・調製工学ユニット長
氏名 小林有一
連絡先(電話番号) 048-654-7027
所在都道府県名 埼玉県
見える化ID 001547
URL
カテゴリ

研究情報

2014年度   エタノール生産を前提とした稲わら茎葉の気流選別システム

2014年度   エタノール生産を前提とした稲わら茎葉の気流選別システム

2014年度   自脱コンバインの排わらカッタを改造して稲わらの乾燥を促進

2013年度   USE OF EDXRF ANALYSIS TO ESTIMATE THE HEATING VALUE OF AGRICULTURAL RESIDUES

2013年度   植物系除染廃棄物の安定・減容化技術

2012年度   放射性物質を含む作物残さ・雑草、枝葉等の安定・減容化技術

2012年度   搾油施設におけるマイクロ波前処理技術に関する研究-矩形導波管型マイクロ波アプリケータを用いたナタネの連続加熱法の検討-

2011年度   システムダイナミックス手法による稲わら回収モデルの研究

2011年度   バイオマス収集拠点の立地と収集効率(第2報)-GISを用いた輸送経路の検証-

2011年度   バイオマス収集拠点の立地と収集効率(第3報)-計算法の精度向上-

2011年度   バイオマス収集拠点の立地と収集効率(第2報)

2009年度   バイオマス収集拠点の立地と収集効率(第1報)-稲わら収集における輸送エネルギー試算方法

2008年度   ヒマワリオイルケーキのエネルギー利用に向けたペレット燃料化

2008年度   メタノリシス反応と熱分解を併用した軽油代替燃料製造技術の開発(第2報) -グリセリン生成抑制条件の検討-

2008年度   メタノリシス反応と熱分解を併用した軽油代替燃料製造技術の開発(第3報)-製造装置のスケールアップと廃食油への適用-

2008年度   搾油施設におけるマイクロ波前処理技術に関する研究-マイクロ波照射がナタネ圧搾および貯蔵性へ与える影響-

2005年度   動植物油脂などからSTING法により軽油代替燃料を製造する装置

2003年度   ケーンハーベスタを利用したケナフ収穫機の開発および性能特性

2002年度   ケナフを夏作とした機械化輪作

2002年度   木質系バイオマスの炭化過程におけるインピーダンス特性

2001年度   主要研究成果(参考): ケナフの省力収穫・搬出作業技術

2001年度   ケナフの靭皮剥ぎ取り機の開発-生育ステージと剥ぎ取り特性の関係-

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   バイオマスを構成する元素割合が発熱量・溶融温度等の熱的特性に及ぼす関係の解明

2006-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   信頼性工学の手法による機械作業の不具合診断

この記事は