元林浩太

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業技術革新工学研究センター
肩書き 高度作業支援システム研究領域高度土地利用型作業ユニット上級研究員
氏名 元林浩太
連絡先(電話番号) 048-654-7027
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001511
URL
カテゴリ

研究情報

2014年度   可搬型リアクタによる飼料用米からのバイオエタノールオンサイト製造

2014年度   既存のトラクタを最新の共通通信技術に対応させるための後付キット

2013年度   A Robot System for Paddy Field Farming in Japan

2013年度   可搬型リアクタによる飼料用米からのバイオエタノールオンサイト製造

2012年度   ISO11783規格に対応した農業機械用電子制御ボードAgriBusBoard32

2012年度   An experimental study on whole paddy saccharification and fermentation for rice ethanol production

2009年度   飼料イネ栽培技術を活用したライスエタノールシステムの開発

2008年度   飼料イネ用ロールベーラのための乳酸菌散布装置の自動化

2007年度   飼料イネ専用収穫機体系の作業能率向上のためのシミュレーション

2007年度   飼料イネ用ロールベーラのためのロールベール運搬装置の開発

2007年度   飼料イネの省力低コスト栽培法の開発 2.不耕起,無代かきの水田に飼料イネを播種した場合の種子催芽と施肥量が生育と収量に及ぼす影響

2007年度   5月直播と大麦収穫後の飼料イネ生産技術体系

2006年度   水稲生育予測モデルを利用した飼料用イネの播種・収穫作業計画の支援ツール

2006年度   飼料イネ収穫作業を効率化する簡易な運搬装置ロールキャリア

2002年度   制御通信のためのCANシステムの標準化(第1報)― 農用バスシステムLBSと仮想ネットワーク ―

2002年度   CANによる分散計測制御ネットワーク(第1報)― 仮想ネットワークの構築 ―

2002年度   制御通信のためのCANシステムの標準化(第1報)― 農用バスシステムLBSと仮想ネットワーク ―

2002年度   CANによる制御通信と国際規格の動向

2002年度   複雑傾斜草地に対応した精密圃場管理技術(第1報)-傾斜放牧地での情報センシング-

2001年度   CANによる制御・通信のためのトラクタ作業機ネットワーク

2001年度   ISO-CANによる作業機バスメッセージ

2001年度   CANによる標準化ネットワークシステムの開発

2000年度   太陽光発電による水田作業-作業別に見た適用可能性の検討-

2000年度   CANバスによるトラクタ・作業機ネットワーク

2000年度   機構解析手法によるトラクタ姿勢認識技術の開発 第2報 4輪トラクタの側方転倒の解析

2000年度   精密農法実現のためのシリアルデータ通信規格 -国際規格ISO11783による管理情報システム-

2000年度   トラクタと作業機のコミュニケーション -国際規格ISO 11783とその動向-

2000年度   CANバスによるデータ通信ネットワーク

2000年度   LBS in Fieldstar System (FieldstarシステムによるLBS)

2000年度   CAN/LBSの現状について -農業機械分野におけるCANの利用-

2000年度   水稲複粒化種子の播種技術の開発 第2報 粘土ひも切断式造粒法の開発

2015年度   ISO11783に準じた通信フォーマットで作業機を操作できる共通リモートコントローラ

2015年度   国内における農業機械の制御通信共通化のための基礎的な技術要件

2014年度   既存のトラクタを最新の共通通信技術に対応させるための後付キット

2013年度   農業機械上での通信制御の国際標準化を簡単にするソフトウエアライブラリ

2012年度   農業機械の通信制御インターフェースを共通化する接続コネクタ規格

2012年度   ISO11783規格に対応した農業機械用電子制御ボードAgriBusBoard32

2011年度   効率的なCAN導入を実現するマイコンボードNARO CAN BOARD

2009年度   自走式動力散布機と多孔ホースによる水稲湛水直播

2009年度   バイオマス利用のための稲わらの切断長と圃場予乾時の水分低下

2008年度   インド型超多収水稲品種「北陸193号」は寒冷地南部では遅植えすると減収する

2007年度   5月直播と大麦収穫後の飼料イネ生産技術体系

2007年度   フレール型収穫機による飼料イネ収穫時の圃場内損失

2006年度   飼料イネ収穫作業を効率化する簡易な運搬装置ロールキャリア

2006年度   「夢あおば」は不耕起湛水直播で省力的に栽培できる

2006年度   乳酸菌散布装置の自動化による飼料イネ収穫作業時の溶液消費量の節減

2005年度   ロールキャリアによる飼料イネ収穫作業の効率化

2004年度   作業競合を回避して実収量を高めるための飼料イネ生産体系の要点

2004年度   飼料イネの収穫作業における圃場内損失

2004年度   作業競合を回避して実収量を高めるための飼料イネ生産体系の要点

2004年度   飼料イネの収穫作業における圃場内損失

2003年度   飼料イネ収穫作業効率化のためのシミュレーションモデル

2003年度   飼料イネと大麦の2年3作体系における播種・収穫作業計画の支援ツール

2003年度   飼料イネ収穫作業効率化のためのシミュレーションモデル

2003年度   飼料イネと大麦の2年3作体系における播種・収穫作業計画の支援ツール

2002年度   トラクタ操縦装置情報に基づく作業機制御のためのネットワーク構築

2000年度   重心位置制御による傾斜地でのトラクタ作業の安定化

2004-2004年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   日本型作業体系に適合した次世代車内ネットワークプロトコル

この記事は