八谷 満

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農業技術革新工学研究センター
肩書き 高度作業支援システム研究領域長
氏名 八谷 満
連絡先(電話番号) 029-838-8021
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001509
URL
カテゴリ

研究情報

2012年度   傾斜した法面等の除染を効率的に行う表土削り取り機

2012年度   農道の表土を砕土して除染作業が効率的に行える農道表層剥ぎ取り機

2011年度   ニンニク収穫後の「シート乾燥」における乾燥方法が氷点下貯蔵時のりん茎品質に及ぼす影響

2011年度   ニンニクの収穫後の「シート乾燥」における送風方向について

2011年度   ニンニクの収穫後の「シート乾燥」における換気方法と仕上がりについて

2011年度   紫外線励起蛍光画像法を用いた米の鮮度評価技術(第2報) 玄米に含まれる脂質の酸化と玄米から得られる蛍光発光量との関係解析

2010年度   ニンニクりん茎の収穫後の乾燥過程におけるテンパリング処理と貯蔵性

2010年度   ニンニクの収穫後の乾燥課程における部位別乾燥推移

2010年度   、ニンニクの収穫後乾燥におけるテンパリング処理と貯蔵性、

2009年度   Fluorescence Imaging with UV-Excitation for Evaluating Freshness of Rice

2008年度   非破壊型検査手法を用いた米の鮮度評価技術開発、第3報 米の鮮度劣化が蛍光強度及び食味へ及ぼす影響

2008年度   環境保全機能向上に向けた米の人工乾燥技術

2007年度   非破壊型検査手法を用いた米の鮮度評価技術開発、 第2報 脂質過酸化と蛍光強度変化の関係解析

2004年度   繋ぎ飼い用搾乳ロボットシステムに関する研究

2003年度   機械収穫に向けたキャベツの直播栽培

2002年度   大規模畑作地帯におけるキャベツ作の展開と収穫の機械化

2002年度   輪作畑における直播キャベツの生育特性とその品種間差異

2002年度   繋ぎ飼い用搾乳ロボットシステムの開発研究(第2報)

2002年度   繋ぎ飼い用搾乳ロボットシステムの開発研究(第3報)

2002年度   直播キャベツの株旋回による球の斉一化

2002年度   機械収穫のための直播キャベツの生育過程と球重バラツキの要因解析

2002年度   小麦「北海257号」の窒素施用による収量と品質および製パン性の向上

2002年度   大区画圃場に向けたキャベツの機械収穫作業の体系化

2002年度   GPSを利用した作物個体別生育情報のマッピング技術とその適応性

2002年度   直播キャベツの生育特性 -移植栽培との比較-

2002年度   一斉収穫機を用いたキャベツの収穫調製・箱詰め・運搬の同時作業体系

2001年度   Design and Development of Milking Robot System for Stanchion Barns

2001年度   大規模畑作地帯におけるキャベツ収穫の機械化

2001年度   直播キャベツの機械収穫に向けた生育斉一化のための個体別追肥

2001年度   大区画圃場に向けたキャベツの新機械収穫体系の構築と評価

2001年度   Cabbage Direct Seeding Cultibation Method Use of Controlled Availability Fertilizer

2001年度   キャベツの直播、一斉機械収穫体系に向けた栽培条件

2001年度   キャベツの機械収穫体系のためのハンドリング技術

2000年度   キャベツ収穫作業体系の労働科学的評価

2000年度   キャベツ品温のシミュレーション手法の開発

2000年度   繋ぎ飼い用搾乳ロボットシステムの開発(第1報)

2000年度   搾乳ロボットシステムの設計評価に関する基礎研究(第1報)-ホルスタイン種泌乳牛の乳頭配置の経時的変動

2000年度   作物認識による局所農薬散布システム

2000年度   Mapping of the Projected Leaf Area of Plant Populations with a Rea-Time Growth Information

2000年度   Mapping of the Projected Leaf Area of Plant Populations with a Real-Time Growth Information

2000年度   搾乳ロボットシステムの設計評価に関する基礎研究(第2報)-牛体構造から求められる機械系の作業域と基本機構の検討

2000年度   国際シンポジウム”Robotic Milking”報告

2000年度   繋ぎ飼い用搾乳ロボットシステムの開発(第1報)-ティートカップ装着に向けたシステム構成と動作計画の概念

2000年度   搾乳ロボットシステムの設計評価に関する基礎研究(第1報)

2015年度   慣行手作業の2倍の能率で処理できる種イモ用のナガイモ切断装置

2015年度   水田等の農地の除染作業の効率化が可能なトラクタ装着式表土削り取り機

2014年度   農地等の除染作業時の粉じん実態とトラクタキャビンの防じん効果

2012年度   高バイオマス量サトウキビを高能率に収穫できる小型ケーンハーベスター

2012年度   傾斜した法面等の除染を効率的に行う表土削り取り機

2012年度   農道の表土を砕土して除染作業が効率的に行える農道表層剥ぎ取り機

2011年度   バレイショ等のほ場で効率良く除礫が可能な高能率石礫除去機

2010年度   高速作業でも安定した出芽率が得られる高精度テンサイ施肥播種機

2007年度   米から得られる蛍光を指標とした米の鮮度評価技術

2007年度   蛍光画像を用いた簡便・迅速な米鮮度評価方法

2004年度   回転コンベヤによるトレーラ伴走式キャベツ機械収穫の効率化

2004年度   回転コンベヤによるトレーラ伴走式キャベツ機械収穫の効率化

2003年度   北海道におけるキャベツの直播栽培及び機械収穫の経営評価

2003年度   北海道におけるキャベツの直播栽培及び機械収穫の経営評価

2002年度   一斉収穫機を用いたキャベツの収穫調製・箱詰め・運搬の同時作業体系

2002年度   機械収穫に向けた大規模キャベツ生産のための直播栽培技術

2002年度   GPSを用いたキャベツの圃場生育マッピングシステム

2001年度   大規模畑作地帯におけるキャベツの機械収穫作業体系の経営的評価

2000年度   コンテナハンドリング装置を利用したキャベツ機械収穫体系

1999年度   直播キャベツにおける窒素の作条全量基肥技術

1999年度   直播キャベツにおける窒素の作条全量基肥技術

1999年度   作物認識による局所農薬散布システム

1998年度   繋ぎ飼い用ティートカップ自動装着・搾乳装置

1997年度   自動搾乳に向けた牛体寸法及び乳頭の空間的位置関係

1995-1995年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   省力化のための知的制御手法を用いた搾乳ロボットの開発

この記事は