兼松誠司

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本部
肩書き 研究管理役
氏名 兼松誠司
連絡先(電話番号) 03-6550-8714
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000015
URL http://researchmap.jp/seiji1118
カテゴリ いもち病 植物ウイルス 水稲 大豆 病害虫防除

研究情報

2012年度   有機栽培に使用できるケイ酸資材のイネいもち病防除効果

2012年度   有機栽培に使用できるケイ酸資材のイネいもち病防除効果

2003年度   2002年の北東北におけるダイズわい化ウイルスの系統別発生分布

2002年度   ダイズモザイクウイルス弱毒株Aa15-M2の全塩基配列

2002年度   ダイズわい化ウイルス感染植物で検出されるウイルス由来低分子RNAの構造解析

2002年度   ジャガイモヒゲナガアブラムシ産卵虫の未交尾産卵

2002年度   北東北におけるダイズわい化病発生調査

2001年度   ダイズモザイクウイルスG3系統の感染性cDNAクローンの構築

2001年度   ダイズわい化ウイルス(SbDV)の系統識別

2001年度   ダイズわい化ウイルス(YS系統)リードスルードメインのN末端およびC末端領域に対する抗体の作製

2001年度   Genetic diversity in the coat protein genes of soybean dwarf virus isolates collected in Japan.

2000年度   Comparison of ribosomal DNA by PCR-RFLP analysis among local clones of foxglobe aphid, Aulacorthum solani, which show different transmission efficiency of soybean dwarf luteovirus

2000年度   簡易PT-PCR法によるアブラムシからのダイズわい化ウイルス(SbDV)の検出

2000年度   ダイズわい化ウイルス(SbDV)ジャガイモヒゲナガアブラムシ媒介性強毒わい化系統

2000年度   東北地方におけるダイズわい化病の発生と研究の現状

2000年度   葉いもち罹病取置苗から拡散したと考えられるいもち病菌の個体識別

2000年度   Genome typing of mal de Rio Cuarto (MRCV) geographical isolates maintained in greenhouse

2000年度   ツメクサベニマルアブラムシとエンドウヒゲナガアブラムシによって媒介されるダイズわい化ウイルス(SbDV)のわい化系統

2000年度   ダイズわい化ウイルス4系統の塩基配列

2000年度   単一病斑、発病の坪および圃場から分離したいもち病菌株のAFLP法による解析

2000年度   AFLP法によるいもち病菌の個体識別

2000年度   ダイズわい化ウイルス(SbDV)YP及びDP系統の全塩基配列

2000年度   Variation among clones of foxglove aphid, Aulacorthum solani (Kaltenbach), in the transmission of soybean dwarf luteovirus (SbDV)

2000年度   ダイズわい化ウイルス(SbDV)DS系統の全塩基配列

2000年度   Comparison of the genomes of three strains (YS, YP andDP) of soybean dwarf luteovirus.

2000年度   簡易RT-PCR法によるアブラムシからのダイズわい化ウイルス(SbDV)の検出

2000年度   ダイズわい化ウイルス(SbDV)強毒わい化系統と弱毒わい化系統のゲノムRNAの全塩基配列の比較

2000年度   葉いもち罹病取置苗から拡散したと考えられるいもち病菌の個体識別

2009-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   地球環境変化に対応したイネのケイ酸吸収・輸送・分配プロセス理論の新展開

この記事は