藤田 雅也

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き ユニット長
氏名 藤田 雅也
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001484
URL
カテゴリ 品種

研究情報

2014年度   Molecular and genealogical analysis of grain dormancy in Japanese wheat varieties, with specific focus on MOTHER OF FT AND TFL1 on chromosome 3A

2014年度   長崎ちゃんぽん用硬質小麦新品種「長崎W2号」の育成

2014年度   Growth and Yield Properties of Near-Isogenic Wheat Lines Carrying Different Photoperiodic Response Genes.

2014年度   硝子率が低く精麦品質が優れる早生・多収の裸麦品種「ハルヒメボシ」

2014年度   Field evaluation of resistance to kernel infection and mycotoxin accumulation caused by Fusarium head blight in western Japanese wheat (Triticum aestivum L.) cultivars

2014年度   Growth and Yield Properties of Near-Isogenic Wheat Lines Carrying Different Photoperiodic Response Genes

2013年度   Distribution of photoperiod-insensitive allele Ppd-A1a and its effect on heading time in Japanese wheat cultivars

2013年度   硝子率が低く精麦品質が優れる早生・多収の裸麦新品種「ハルヒメボシ」の育成

2013年度   Isolation of a wheat (Triticum aestivum L.) mutant in ABA 8’-hydroxylase gene: effect of reduced ABA catabolism on germination inhibition under field condition

2013年度   Minor differences in anther extrusion affect resistance to Fusarium head blight in wheat

2012年度   Evaluation of Fusarium head blight resistance in wheat and the development of a new variety by integrating type I and II resistance

2012年度   Minor differences in anther extrusion affect resistance to Fusarium head blight in wheat

2012年度   閉花性で赤かび病抵抗性に優れる「小麦中間母本農9号」(赤かび系3号)の育成

2012年度   多収で主要な縞萎縮病ウィルス系統に抵抗性の二条大麦新品種「西海皮69号」

2012年度   Evaluation of Fusarium Head Blight Resistance in Wheat and the Development of a New Variety by Integrating Type I and II Resistance

2012年度   試料粉砕を省いた小麦原粒灰分の簡易省力測定法

2012年度   Structural variation in the 5’ upstream region of photoperiod-insensitive alleles Ppd-A1a and Ppd-B1a identified in hexaploid wheat (Triticum aestivum L.), and their effect on heading time

2012年度   Effects of Homoeologous Wheat Starch Synthase IIa Genes on Starch Properties

2011年度   閉花性で赤かび病抵抗性に優れる「小麦中間母本農9 号」(赤かび系3 号)の育成

2011年度   閉花性で赤かび病抵抗性に優れる「小麦中間母本農9号」(赤かび系3号)の育成

2011年度   Differences in Cadmium Accumulation and Root Morphology in Seedlings of Japanese Wheat Varieties with Distinctive Grain Cadmium Concentration

2011年度   ハルヒメボシ

2011年度   Novel QTLs for growth angle of seminal roots in wheat (Triticum aestivum L.)

2011年度   早生で製麺性の優れた硬質小麦新品種「あおばの恋」の育成

2011年度   品種育成におけるDNAマーカー選抜を用いた連続戻し交雑の適用に関する一考

2011年度   Breeding of Kirari-mochi: A new two-rowed waxy hull-less barley cultivar with superior quality characteristics

2011年度   Distribution of photoperiod-insensitive alleles Ppd-B1a and Ppd-D1a and their effect on heading time in Japanese wheat cultivars

2010年度   閉花性で赤かび病抵抗性に優れる「小麦中間母本農9号」

2010年度   北海道コムギ品種「きたほなみ」を遺伝資源とした暖地コムギへの高製粉性の導入

2009年度   大粒で主要病害に強い日本初の実用二条裸麦品種「ユメサキボシ」の育成

2008年度   Cadmium concentration in grains of Japanese wheat cultivars: Genotypic difference and relationship with agronomic characteristics

2008年度   硬質、高製粉歩留で麺の食感が優れる小麦認定品種候補「あおばの恋」

2008年度   温暖地向け硬質コムギ品種における中華麺適性と小麦粉特性との関係

2008年度   大粒で主要病害に強い日本初の二条裸麦品種「ユメサキボシ」

2008年度   小麦新品種「トワイズミ」の育成

2008年度   製パン適性の良い硬質小麦新品種「ミナミノカオリ」の育成

2008年度   製パン適性をもつ温暖地向け硬質小麦新品種「ユメシホウ」の育成

2007年度   焼酎醸造特性が優れ大粒で多収の二条大麦新品種「煌二条」

2007年度   煌二条

2007年度   あおばの恋

2007年度   ユメシホウ

2007年度   コムギ春播性遺伝子に関する準同質遺伝子系統群の生育および収量特性

2007年度   製パン適性をもつ温暖地向け硬質小麦新品種「ユメシホウ」

2007年度   コムギ種子のアントシアニンが抗酸化活性と休眠性に及ぼす影響

2006年度   収量性および製粉性が改善されたもち性小麦新品種「うららもち」の育成

2006年度   多収で精麦品質に優れる裸麦新品種「トヨノカゼ」の育成

2006年度   トワイズミ(出願番号:20429)

2006年度   トワイズミ

2006年度   赤かび病に強く品質の優れる小麦新品種「トワイズミ」

2005年度   小麦農林糯163号

2005年度   裸麦農林34号

2005年度   小麦新品種「ミナミノカオリ」の主要特性について

2005年度   多収で、精麦品質に優れる裸麦新品種「トヨノカゼ」

2005年度   収量性および製粉性が改善されたもち性小麦新品種「うららもち」

2005年度   うららもち

2005年度   トヨノカゼ

2003年度   ミナミノカオリ

2003年度   小麦新品種「ニシノカオリ」の育成

2003年度   小麦新品種「イワイノダイチ」の育成

2003年度   温暖地向け硬質小麦新品種「タマイズミ」の育成

2002年度   耐倒伏高品質裸麦新品種「マンテンボシ」の育成

2002年度   醤油・中華めん用硬質小麦新品種「タマイズミ」

2002年度   透過型近赤外分光法による精麦粒の送食物繊維測定

2002年度   品種登録出願: タマイズミ (小麦)

2002年度   「超極早生」小麦系統の育成

2002年度   秋播型コムギDH集団を用いた出穂特性の遺伝解析

2002年度   アラビノキシラン含量の低減化によるもち性小麦の製粉歩留改良

2002年度   オオムギのモチ性とポリフェノール含量及び加熱後褐変との関係

2002年度   低温登熟により見かけのアミロース含量が増加する小麦低アミロース系統

2002年度   AFLPマーカーを用いたコムギ出穂特性の遺伝解析

2002年度   amo1遺伝子をもつオオムギの澱粉特性に影響を及ぼす要因

2002年度   タマイズミ

2002年度   耐倒伏高品質裸麦品種「マンテンボシ」の育成

2002年度   小麦新品種「イワイノダイチ」の育成

2002年度   小麦新品種「ニシノカオリ」の育成

2002年度   裸麦新品種「マンテンボシ」

2002年度   裸麦育種における精麦および味噌の食味試験について

2002年度   透過型近赤外分光法による精麦粒の総食物繊維測定

2001年度   小麦新品種「イワイノダイチ」の主要特性について

2001年度   小麦新品種「ニシノカオリ」の主要特性

2001年度   新形質裸麦を用いた発芽大麦中のγ-アミノ酪酸含量の評価

2001年度   高アミロース遺伝子amo1をもつオオムギ系統の胚乳澱粉の特性

2001年度   小麦新品種「イワイノダイチ」の主要特性について

2001年度   小麦新品種「ニシノカオリ」の主要特性について

2001年度   異なる施肥水準における大麦の粒重分布

2001年度   大麦における加熱後色相の少量検定法について

2001年度   マンテンボシ

2001年度   dCAPSマーカーを用いた小麦Wx遺伝子上のSNPの遺伝解析

2001年度   オオムギのモチ性突然変異系統の澱粉特性

2001年度   高アミロース遺伝子amo1をもつオオムギ系統の胚乳澱粉の特性

2000年度   売れる麦-品種開発のめざすもの-

2000年度   麦類の品種開発と低コスト安定栽培技術

2000年度   オオムギ粉のふるい分けによる糊化特性の変化

2000年度   白い麦飯をめざして

2000年度   耐倒伏性の異なる裸麦における稈諸形質の変異

2000年度   Variation of total polyphenol content in barley

2000年度   高リジン裸麦中間母本農2号の育成

2000年度   多様なニーズに応える裸麦新品種

2000年度   第2章 早生・多収性育種 4.裸麦

2000年度   第5章 品質検定・評価技術 2.大・裸麦 (3)その他(焼酎・みそ原料用等)

2000年度   麦味噌の熟成に及ぼす原料麦の影響(第2報)

2000年度   オオムギの穀粒に含まれるポリフェノール成分の品種間差異

2000年度   モチ性裸麦新品種「ダイシモチ」の育成

2000年度   オオムギにおける穀粒の加熱褐変とポリフェノール含量の品種間差異

2000年度   白い麦飯をめざして

2000年度   Grain and starch characters of the double ressesive lines for amylose-free and high amylose gene in barley

2000年度   オオムギ粉の加熱褐変におけるポリフェノール成分の影響

2000年度   大麦の加熱褐変におけるポリフェノール成分の影響

2000年度   大麦の加熱褐変におけるポリフェノール成分の影響(第2報)

2000年度   Effect of polyphenols on the browning reaction in barley products after heating

2000年度   モデル系による大麦加熱褐変における成分間反応の解析

2000年度   ヨーロッパの小麦研究

2000年度   ヨーロッパにおける近年の小麦多収高品質に関する育種と研究

2000年度   ”売れる麦”-品種開発のめざすもの-

2018年度   コムギ春播性遺伝子Vrn-D1の準同質遺伝子系統の発育および収量特性

2017年度   暖地・温暖地向けのもち性二条大麦新品種「くすもち二条」

2017年度   フランスパン加工適性が高い暖地・温暖地向け準強力小麦新品種「さちかおり」

2017年度   炊飯後に褐変しにくく、食味に優れる二条裸麦品種「キラリモチ」

2016年度   「タマイズミ」にコムギ縞萎縮病抵抗性を導入した小麦新品種「タマイズミR」

2014年度   コムギ日長反応性遺伝子Ppd-B1及びPpd-D1の生育と収量への影響

2014年度   硝子率が低く精麦品質が優れる早生・多収の裸麦品種「ハルヒメボシ」

2013年度   穂発芽に強く製粉性が優れる長崎ちゃんぽん用硬質小麦新品種「長崎W2号」

2013年度   アブシジン酸代謝酵素遺伝子の変異集積はコムギの穂発芽耐性を向上させる

2012年度   試料粉砕を省いた小麦原粒灰分の簡易省力測定法

2012年度   多収で主要な縞萎縮ウイルス系統に抵抗性の二条大麦新品種「はるか二条」

2011年度   硝子率が低く精麦品質が優れる早生・多収の裸麦新品種「ハルヒメボシ」

2011年度   コムギの根系形態はカドミウムの吸収量に影響する

2010年度   閉花性で赤かび病抵抗性に優れる「小麦中間母本農9号」

2010年度   「きたほなみ」から高製粉性を導入した暖地向け小麦系統の開発

2010年度   早生で穂発芽に強い日本麺用小麦新品種「ふくあかり」

2010年度   アブシジン酸分解酵素遺伝子変異の利用によるコムギ種子の発芽抑制

2009年度   炊飯後に褐変しにくく、食味に優れる二条裸麦新品種「キラリモチ」

2008年度   大粒で主要病害に強い日本初の二条裸麦品種「ユメサキボシ」

2008年度   硬質、高製粉歩留で麺の食感が優れる小麦認定品種候補「あおばの恋」

2008年度   温暖地における穂発芽極難コムギ系統の安定した評価法の確立

2007年度   製パン適性をもつ温暖地向け硬質小麦新品種「ユメシホウ」

2007年度   早生で縞萎縮病および穂発芽に強い麺用硬質小麦新品種「あおばの恋」

2007年度   発芽指数によるコムギ農林登録品種の種子休眠性の網羅的比較

2007年度   焼酎醸造特性が優れ大粒で多収の二条大麦新品種「煌二条」

2006年度   赤かび病に強く品質の優れる小麦新品種「トワイズミ」

2005年度   収量性および製粉性が改善されたもち性小麦新品種「うららもち」

2005年度   多収で、精麦品質に優れる裸麦新品種「トヨノカゼ」

2004年度   在来のもち性大麦の澱粉糊化特性の系統間差および殻粒内外層間の差

2004年度   小麦遺伝資源「U24」の閉花受粉性の遺伝様式

2004年度   在来もち性大麦の澱粉糊化特性の系統間差および穀粒内外層間の差

2004年度   小麦遺伝資源「U24」の閉花受粉性の遺伝様式

2003年度   大麦のアミロース・フリー突然変異系統の澱粉特性

2003年度   大麦のアミロース・フリー突然変異系統の澱粉特性

2003年度   製パン適性の良い硬質小麦新品種「ミナミノカオリ」

2002年度   大麦における加熱後褐変の少量検定法

2002年度   大麦のアミロース・フリー突然変異系統の澱粉特性

2002年度   醤油・中華めん用硬質小麦新品種「タマイズミ」

2001年度   整粒歩合高く粒揃い良く倒伏に強い裸麦新品種「マンネンボシ」

2001年度   もち性系統「谷系A6599-4」(小麦中間母本農8号)のWx-D1遺伝子上の変異

2000年度   大麦の加熱褐変に関係する穀粒中のポリフェノール含量の品種間差異

2000年度   大麦の加熱褐変に関与するポリフェノール成分

1997年度   もち性裸麦新品種「ダイシモチ」

1997年度   高リジン裸麦中間母本農2号

1995年度   アミロースフリー裸麦「四国裸97号」

この記事は