田口 文緒

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 田口 文緒
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001478
URL http://researchmap.jp/read0121133
カテゴリ 遺伝資源 遺伝子マーカー開発 遺伝的形質 ゲノム育種 測定技術 耐病性品種 大豆 抵抗性 抵抗性遺伝子 抵抗性品種

研究情報

2015年度   Quantitative trait loci associated with tolerance to seed cracking under chilling temperature in soybean

2015年度   ダイズ低温裂開抵抗性に関わるQTLsについての研究. Ⅰ .準同質遺伝子系統間における裂開粒率および種皮プロアントシアニジン蓄積の比較

2015年度   「コシヒカリ」型のqGTH3は収量性の向上に貢献する

2014年度   イネの粒厚を高め収量性に寄与するQTLのマッピング

2013年度   A natural variant of NAL1, selected in high-yield rice breeding programs, pleiotropically increases photosynthesis rate_x000D_

2012年度   紋枯病抵抗性QTLについての準同質遺伝子系統の作出

2012年度   イネ由来の新規カドミウム耐性付与遺伝子の遺伝子産物は高システイン含量である

2012年度   三量体Gタンパク質のγサブユニットをコードするイネOsDEP1遺伝子は、酵母と植物にカドミウム耐性を与える

2011年度   水稲多収品種タカナリの高個葉光合成速度に関与するQTL-GPSのマップベースクローニング

2011年度   土壌カドミウムを高率に除去するイネのカドミウム集積に係わるQTLの検出

2010年度   クロマチン修飾変化がイネ亜種間交配系統における減数分裂期組換えと分離ひずみに及ぼす影響の解析

2009年度   半矮性と穂あたり穎花数の増加をもたらすイネDENSE PANICLE 1遺伝子の解析

2008年度   イネ亜種間交配個体におけるクロマチン修飾変化による減数分裂期組換えホットスポットの誘導

2008年度   コシヒカリと同質の遺伝的背景を持つ極早生の水稲品種「コシヒカリ関東HD1号」の育成

2008年度   イネ膜貫通型レセプターと推定されるDENSE PANICLE 1 の細胞外ドメインの欠失が半矮性および個体あたりの穎花数の増加をもたらす

2008年度   日本及び世界のイネ294品種の穂形質についての主成分分析

2007年度   クロマチン修飾変化がイネ亜種間交配個体における減数分裂期組換えと分離ひずみに及ぼす影響の解析

2007年度   時系列画像解析を利用した遠縁間交配F1イネの初期生長におけるクロマチン修飾阻害の影響解析

2007年度   生長自動モニタリング装置を利用した日印交雑F1イネの初期生長におけるクロマチン修飾阻害の影響解析

2007年度   イネ膜貫通型レセプターDENSE PANICLE 1 の細胞外ドメインの欠失が半矮性および穎花数の増加をもたらす

2006年度   イネの穂形質に関する連関解析

2006年度   クロマチン修飾変化がイネ遠縁問交配個体の生長・組換え価・分離ひずみに及ぼす影響の解析

2006年度   品種登録:稲(コシヒカリ関東HD1号)2006.8.22

2005年度   水稲品種コシヒカリの極早生同質遺伝子系統「関東IL1号」

2005年度   イネ密穂遺伝子Dense panicle 1の変異型は半矮性と穂当たり穎花数の増加をもたらす

2005年度   イネ密穂型変異体Dense panicle 1の表現型解析と原因遺伝子単離

2001年度   The fasciated ear2 gene encodes a leucine-rich repeat receptor-like protein that regulates shoot meristem proliferation in maize

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ダイズべと病抵抗性遺伝子の同定と利用

この記事は