石本 政男

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き 領域長
氏名 石本 政男
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001477
URL http://researchmap.jp/read0132696
カテゴリ あずき 育種 遺伝資源 遺伝子マーカー開発 遺伝的形質 機能性 機能性成分 ゲノム育種 大豆 DNAマーカー 品種 品種開発

研究情報

2015年度   Early-maturing and chilling-tolerant soybean lines derived from crosses between Japanese and Polish cultivars

2015年度   Quantitative trait loci associated with tolerance to seed cracking under chilling temperature in soybean

2015年度   多環境で評価されたダイズミニコアコレクションの難解析形質に関するゲノムワイド関連解析

2015年度   多環境で評価されたダイズミニコアコレクションの難解析形質に関するゲノムワイド関連解析

2015年度   高密度条件下における長花梗QTLを有したダイズ品種「トヨハルカ」の準同質遺伝子系統の収量および収量関連形質

2015年度   ダイズの開花期に関わるJ連鎖群QTLのファインマッピングと候補遺伝子の解析

2015年度   ダイズ低温裂開抵抗性に関わるQTLsについての研究. Ⅰ .準同質遺伝子系統間における裂開粒率および種皮プロアントシアニジン蓄積の比較

2014年度   Variation in root development response to flooding among 92 soybean lines during early growth stages

2014年度   Major QTLs associated with green stem disorder insensitivity of soybean (Glycine max (L.) Merr.)

2014年度   Molecular basis of a shattering resistance boosting global dissemination of soybean.

2014年度   ダイズ東山系統のダイズシストセンチュウに対する抵抗性の遺伝解析

2014年度   Seed yield and its components of indeterminate and determinate lines in recombinant inbred lines of soybean

2014年度   Field Assessment of Resistance QTL to Common Cutworm (Spodoptera litura Fabricius) in Soybean

2014年度   A major and stable QTL associated with seed weight in soybean across multiple environments and genetic backgrounds

2014年度   ポーランドのダイズ品種を用いた早生耐冷性系統の開発と早生に関与するゲノム領域の推定

2014年度   ダイズの開花早晩性を規定するqDsf1のファインマッピング

2014年度   Identification of quantitative trait loci associated with boild seed hardness in soybean

2013年度   納豆用のダイズ品種は一莢内粒数を増やす遺伝子を持っている

2013年度   ダイズの低温着色抵抗性マーカーを利用した低温裂開抵抗性系統の選抜

2013年度   Seed coat pigmentation in transgenic soybean expressing the silencing suppressor 2b gene of Cucumber mosaic virus

2012年度   リョクトウ貯蔵害虫抵抗性遺伝子の座乗領域の特定とRNA-Seqによる発現遺伝子の解析

2012年度   形質転換ネットワークの運営とその利用について

2012年度   ダイズサポニンの多様性をもたらす遺伝子群の解析

2012年度   大豆種子子葉部で検出される不快味成分ソヤサポゲノールAサポニン配糖体

2012年度   多段階MS分析を用いた大豆種子未同定サポニン成分の化学構造推定

2012年度   ダイズ幼苗期の耐湿性に関与する根形質のQTL解析

2012年度   ダイズ研究のすすめ-はじめに

2012年度   ダイズ品種「エンレイ」が有する発芽時冠水抵抗性は農林2号に由来する

2012年度   ダイズのPSV 抵抗性遺伝子座Rpsv1に連鎖するDNA マーカーの開発

2012年度   ダイズにおける種子タンパク質の欠失と外来タンパク質の生産性

2012年度   室内接種試験を用いたダイズ茎疫病ほ場抵抗性の遺伝解析

2012年度   ダイズにおけるjuvenile-adult相転換の解析

2012年度   圃場における被食度達観評価により見出された新規ハスモンヨトウ抵抗性QTL

2012年度   異なる草型形質を制御するダイズのDt2座の高精度連鎖解析

2012年度   国産ダイズ品種における6K SNPアレイの開発と評価

2012年度   ダイズの葉焼病抵抗性遺伝子rxpのファインマッピング

2012年度   異なる草型形質を制御するダイズのDt2座の高精度連鎖解析

2012年度   Genetic and chemical analysis of a key biosynthetic step for soyasapogenol A, an aglycone of group A saponins that influence soymilk flavor

2012年度   DNAマーカーを利用した連続戻し交雑による難裂莢性および早晩性改変大豆系統の育成

2012年度   The Sg-1 Glycosyltransferase Locus Regulates Structural Diversity of Triterpenoid Saponins of Soybean.

2011年度   ダイズの褐斑抵抗性に関する主要QTLの種子伝染抵抗性への効果

2011年度   ダイズ品「ヒュウガ」のラッカセイわい化ウイルス抵抗性のマッピング

2011年度   野生ダイズの遺伝的多様性と種子成分のメタボリック・プロファイリングとの関係

2011年度   国産ダイズ品種に利用可能なSNPマーカーの開発

2011年度   ダイズの種子粒重に関するQTLの検出と異なる栽培環境における安定性の検証

2011年度   ダイズサポニンのC-21位の構造多様性に関わる候補遺伝子群

2011年度   キュウリモザイクウイルス(CMV)のサイレンシング抑制遺伝子の導入によるダイズ種皮色の変化

2011年度   サポニン組成変異ツルマメと栽培大豆との雑種後代種子に蓄積する新規サポニン成分の化学構造解析

2011年度   新規ソヤサポゲノールを有する変異ツルマメ(Glycine soja)種子のサポニン組成

2011年度   SSRマーカー遺伝子型に基づいたダイズ農林認定品種間の類縁関係

2011年度   ダイズの分枝数と伸育性遺伝子との関係

2011年度   ダイズの分枝数を制御するQTL群の効果の確認

2011年度   Genetic analysis and identification of DNA markers linked to a novel Phytophthora sojae resistance gene in the Japanese soybean cultivar Waseshiroge

2011年度   ダイズの茎頂花房長に関するQTL解析

2011年度   ダイズ品種「トヨハルカ」に由来する耐倒伏性QTLの収量への影響

2011年度   ダイズのダイズシストセンチュウ抵抗性におけるPI88788由来抵抗性遺伝子rhg1-bの効果

2011年度   ダイズの青立ちに寄与するQTL

2011年度   ダイズの一莢内粒数に関するQTL解析

2011年度   QTL解析に基づくダイズの種子形態、粒重および生育期間の関連の検討

2011年度   RNA-Seqによるリョクトウ貯蔵害虫抵抗性関連遺伝子の解析

2011年度   リョクトウの貯蔵害虫抵抗性に必要なゲノム領域の解析

2011年度   ダイズのハスモンヨトウ選好性QTLのマッピング

2011年度   組換えダイズ種子に蓄積するアルツハイマー病エピトープ融合貯蔵タンパク質の蓄積機構解析

2011年度   種子貯蔵タンパク質欠失変異ダイズを用いたアルツハイマー病エピトープ形質転換体の解析

2011年度   大豆種子子葉のサボニン組成

2011年度   ダイズにおける染色体部分置換系統の育成

2011年度   NIASジーンバンクに保存されているダイズ遺伝資源の多様性評価. 1.農業形質に関わる既知の対立遺伝子変異の地理的分布

2011年度   Development and application of a whole-genome simple sequence repeat panel for high-throughput genotyping in soybean.

2011年度   Effects on flowering and seed yield of dominant alleles at maturity loci E2 and E3 in a Japanese cultivar, Enrei

2011年度   Genetic analysis of antixenosis resistance to the common cutworm (Spodoptera litura Fabricius) and its relationship with pubescence characteristics in soybean (Glycine max (L.) Merr.)

2011年度   Genetic analysis of variations in the sugar chain composition at the C-3 position of soybean seed saponins

2011年度   Identification of QTL controlling post-flowering period in soybean

2011年度   Screening and genetic analysis of resistance to peanut stunt virus in soybean: identification of the putative Rpsv1 resistance gene

2011年度   Genetic analysis and identification of DNA markers linked to a novel Phytophthora sojae resistance gene in the Japanese soybean cultivar Waseshiroge

2011年度   The b-conglycinin deficiency in wild soybean is associatedwith the tail-to-tail inverted repeat of the a-subunit genes

2011年度   Pathogenic diversity of Phytophthora sojae and breeding strategies to develop Phytophthora-resistant soybeans

2010年度   Mapping and comparison of quantitative trait loci for soybean branching phenotype in two locations.

2010年度   ダイズ種子におけるアルツハイマー病エピトープ導入型11Sグロブリンの蓄積挙動解析

2010年度   大豆種子粒重のQTLqSw1が他の収量構成要素に与える影響

2010年度   ダイズ初生葉展開期における耐湿性に関与するQTLの推定

2010年度   ダイズ初生葉展開期における耐湿性の品種・系統間差異

2010年度   開花後登熟まで期間が短いダイズ在来系統「一本三合」の生育期間関連QTL

2010年度   ダイズの気孔密度に関するQTLのマッピングおよび評価

2010年度   ダイズ開花期関連遺伝子の環境応答性

2010年度   茎伸育型が異なる品種の組換え自殖系統を用いたダイズの莢先熟発生に関わる要因の解析

2010年度   ダイズ種子中のβ-コングリシニン分子間S-S結合複合体の解析

2009年度   Generation and characterization of herbicide-resistant soybean plants expressing novel phosphinothricin N-acetyltransferase genes

2009年度   Characterization of glutamate decarboxylase mediating gamma-amino butyric acid increase in the early germination stage of soybean (Glycine max [L.] Merr)

2009年度   Molecular cloning and characterization of soybean protein disulfide isomerase family proteins with non-classical active center motifs

2009年度   Fine mapping and development of DNA markers for the qPDH1 locus associated with pod dehiscence in soybean.

2009年度   SSRマーカーに基づくダイズ統合連鎖地図

2009年度   ダイズI遺伝子座近傍のゲノム構造変異と耐冷性QTL

2009年度   ダイズ開花関連遺伝子GmphyA3の多様性解析

2009年度   Map-based cloning of the gene associated with the soybean maturity locus E3

2009年度   High-density integrated linkage map based on SSR markers in soybean

2009年度   Confirmation of the location and the effects of a major QTL controlling pod dehiscence, qPDH1, in soybean

2009年度   A major QTL, qPDH1, is commonly involved in shattering resistance of soybean cultivars.

2009年度   Fine mapping and development of DNA markers for the qPDH1 locus associated with pod dehiscence in soybean

2008年度   ダイズ分枝数を支配する遺伝要因の探索

2008年度   ダイズにおける新規耐冷性QTLの同定

2008年度   連鎖群A2に同定された新規ダイズ耐冷性QTLの効果

2008年度   ダイズ品種「トヨハルカ」の耐倒伏性に関するQTL解析

2008年度   ダイズ開花期関連遺伝子座FT3のマップベースクローニング

2008年度   特定根粒菌株に対して非親和性を示すRj4遺伝子保有ダイズの解析

2007年度   Confirmation of the location and the effects of a major QTL controlling pod dehiscence, qPDH1, in soybean

2007年度   Genetic improvement of the somatic embryogenesis and regeneration in soybean and transformation of the improved breeding lines.

2007年度   Early flower bud formation in vitro in Agrobacterium-mediated transformation of Japanese soybean variety, Kariyutaka.

2007年度   Production of arachidonic and eicosapentaenoic acids in plants using bryophyte fatty acid Δ6-desaturase, Δ6-elongase and Δ5-desaturase genes.

2007年度   Anti-hypertensive activity of genetically modified soybean seeds accumulating novokinin.

2006年度   システインプロテアーゼインヒビターの導入による子実害虫抵抗性ダイズ作出の試み

2006年度   すずさやか(出願番号:200600262)

2006年度   Simple sequence repeat markers linked to a major QTL controlling pod shattering in soybean

2005年度   Mapping of QTL associated with chilling tolerance during reproductive growth in soybean

2005年度   Isolation of two a-amylase inhibitor genes of tepary bean (Phaseolus acutifolius A. Gray) and their functional characterization in genetically engineered azuki bean

2005年度   Expression of Δ6, Δ5 desaturase and GLELO elongase genes from Mortierella alpina for production of arachidonic acid in soybean [Glycine max (L.) Merrill] seeds?

2005年度   Optimization of particle bombardment conditions by monitoring of transient sGFP(S65T) expression in transformed soybean

2005年度   東北地域向きリポキシゲナーゼ欠失ダイズ新品種「すずさやか」の育成

2005年度   Recovery of herbicide-resistant azuki bean (Vigna angularis Wild.) Ohwi & Ohashi) plants via Agrobacterium-mediated transformation

2004年度   Isolation of soybean plants with stable transgene expression by visual selection based on green fluorescent protein.

2004年度   The composition of newly synthesized proteins in the endoplasmic reticulum determines the transport pathways of soybean seed storage proteins.

2004年度   Structure-physicochemical function relationships of soybean glycinin at subunit levels assessed by using mutant lines.

2004年度   S globulin of mungbean [Vigna radiata (L.) Wilczek]:cloning and characterization of its cDNA isoforms,expression in Escherichia coli,purification, and crystallization of the major recombinant 8S isofo

2004年度   Biosafety assessment of transgenic plants in the greenhouse and the filed.

2003年度   すずさやか

2002年度   Manipulation of tryptophan synthesis in a grain legume, Azuki Bean by a modified rice anthranilate synthase gene

2002年度   Nutritional improvement of lysine content for two grain legumes, soybean and azuki bean by particle bombardment and Agrobacterium-mediated transformation systems

2002年度   遺伝子組換えによるダイズ種子成分の改良

2002年度   遺伝子組換えによるダイズおよびアズキのリジン含量の改変

2002年度   改変型イネアントラニル酸合成酵素遺伝子の導入によるアズキのトリプトファン合成の改変

2002年度   遺伝子組換えによるダイズタンパク質の改良

2002年度   テパリービーンのa-アミラーゼインヒビター関連遺伝子の単離と解析 

2001年度   インゲンマメαAI-2遺伝子を導入したアズキの虫害抵抗性

2001年度   主要研究成果(参考): 効率的なダイズ形質転換体の作出法

2000年度   cDNA-RDA法によるダイズシストセンチュウ寄生の分子機構の解析

2000年度   アズキ亜属におけるマメゾウムシ抵抗性系統の分布

2000年度   アズキ亜属におけるマメゾウムシ抵抗性系統の分布

2000年度   ダイズ7S及び11Sグロブリン欠失系統におけるタンパク質含有率と組成

2000年度   ダイズ種子貯蔵タンパク質7Sグロブリンを全欠失させる優性遺伝子Scg-1と7Sグロブリン構造遺伝子間に見られる強連鎖関係

2000年度   リョクトウの虫害抵抗性遺伝子単離の試み

2000年度   Progresses in identification of the bruchid resistance gene in mungbean (Vigna radiata L.)

2000年度   An efficient regeneration and transformation system of azuki bean (Vigna angularis)

2000年度   Progresses in identification of the bruchid resistance gene in mungbean (Vigna radiata L. Wilczek)

2000年度   小麦生地物性改良のための種子貯蔵蛋白質遺伝子の研究 I. 農林61号における低分子グルテニン遺伝子の構成

2000年度   Insecticidal activity of an α-amylase inhibitor-like protein resembling a putative precursor of α-amylase inhibitor in the common bean, Phaseolus vulgaris L.

2000年度   cDNA-RDA法によるダイズシストセンチュウ寄生特異的遺伝子の単離と解析

2000年度   Characterization of the third α-amylase inhibitor, αAI-3, in the common bean (Phaseolus vulgaris L.)

2000年度   Evaluation and use of wild Phaseolus species in breeding

2000年度   アズキ亜属におけるマメゾウムシ抵抗性系統の分布

2000年度   虫害抵抗性遺伝子単離のためのリョクトウBACライブラリーの構築

2000年度   The effectiveness of evaluating wild species: searching for sources of resistance to bruchid beetles in the genus Vigna subgenus Ceratotropis

2000年度   Genetic information of the bruchid resistance locus, Br, in mungbean (Vigna radiata (L.) Wilczek)

2000年度   Isolation of genes expressing from the segment carrying the insect resistance gene Br in mungbean (Vigna radiata (L.) ) and their utilization for physical mapping of Br

2000年度   アグロバクテリウム法による効率的アズキ形質転換体の作出

2000年度   Evaluation and use of wild Phaseolus species in breeding

2018年度   ダイズべと病被害を軽減する抵抗性QTL

2018年度   ダイズのサポニン組成を制御する遺伝子群

2018年度   大豆の短茎化に寄与する短節間遺伝子

2017年度   国産ダイズ品種の染色体断片置換系統群

2014年度   蒸煮大豆の硬さに関与するQTLの同定とDNAマーカーの開発

2014年度   大豆のラッカセイわい化ウイルス抵抗性遺伝子の座乗位置

2012年度   ダイズの日長反応性を介した開花制御に関わる遺伝子を解明

2011年度   晩生型開花期遺伝子の導入により大豆品種の栽培適地を南に拡大できる

2009年度   SSRマーカーに基づくダイズ統合連鎖地図

2008年度   ダイズの難裂莢性DNAマーカー

2006年度   トリプトファン含量の高いダイズおよびアズキ形質転換体

2006年度   血圧降下作用を有するダイズ形質転換体

2005年度   ダイズの主要な裂莢性遺伝子座のゲノム上の座乗位置

2004年度   ダイズ BAC ライブラリーを用いた簡便な遺伝子の単離法

2004年度   QTL解析により同定されたダイズ耐冷性に関する遺伝子座

2004年度   ダイズBACライブラリーを用いた簡便な遺伝子の単離法

2003年度   主要貯蔵タンパク質がないダイズ系統

2002年度   殺虫性タンパク質α−アミラーゼインヒビター類の特長

2002年度   東北地域向けリポキシゲナーゼ全欠失だいず新品種「すずさやか」

2001年度   効率的なダイズ形質転換体の作出法

2013-2017年   [農林水産省 農林水産技術会議]   大豆及び畑作物の有用遺伝子の同定とDNAマーカーの開発(SFC)

2015-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   マメ科植物DDMPサポニンの生合成とその生理機能の解明

2016-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   制御環境によるダイズ早晩性遺伝子の顕在化

2010-2014年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   作物における有用サポニン産生制御技術の開発

2011-2012年   [農林水産省 農林水産技術会議]   大豆における有用遺伝子の同定・機能解明と品種改良に向けたDNAマーカーの開発(略称:ダイズマーカー、SOY)

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   比較ゲノム情報を駆使したリョクトウ虫害抵抗性の分子機構の解明

2006-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   候補遺伝子アプローチ法によるダイズ耐冷性遺伝子の同定

2004-2006年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   冠水抵抗性・耐湿性遺伝子群の同定及び耐性作物の作出

2005-2006年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ダイズの高α-トコフェロール化遺伝子の同定と作用機序の解明

2002-2006年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   ゲノム情報の活用による生活習慣病予防機能を強化した食品素材の創出

2001-2005年   [独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業]   トリプトファン生合成系における一次・二次代謝の制御と利用

2005-2005年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ダイズ形質転換手法の改良と外来遺伝子の導入による種子品質の改良

この記事は