中村 善行

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 中村 善行
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001472
URL
カテゴリ かんしょ 機能性 品種

研究情報

2014年度   サツマイモを蒸した際のマルトース生成に及ぼす塊根のβ-アミラーゼ活性およびデンプン糊化温度の影響

2014年度   サツマイモ立枯病抵抗性検定における発病程度の年次変動と抵抗性判定

2014年度   品質が良好で多収性の蒸切干加工用サツマイモ品種「ほしこがね」の育成

2013年度   糊化温度の低いデンプンを含むサツマイモ「クイックスイート」における加熱に伴うマルトース生成の機序

2013年度   圃場で実施したサツマイモネコブセンチュウ抵抗性検定に関する実生選抜の効果

2012年度   サツマイモネコブセンチュウ抵抗性の圃場検定法の改良

2011年度   ダイズ(Glycine max (L.) Merr.)種子中のカルシウム含量,カリウム含量,ペクチン含量と裂皮との関係

2011年度   高品質蒸切干加工用サツマイモ品種「ほしキラリ」の育成

2011年度   食べきりサイズでおいしいサツマイモ新品種「ひめあやか」の育成

2010年度   サツマイモ塊根における蒸した後の肉質に関わる組織・細胞の形態、水分およびデンプンの特性

2009年度   Components in Soybean Seeds Affecting the Consistency of Tofu

2007年度   サツマイモ蒸切干の中白障害「シロタ」発生に関わる塊根のでん粉および水分の含量

2007年度   エダマメ種子の葉酸定量における抽出条件の最適化

2005年度   サツマイモ品種・系統の蒸切干(干しいも)加工過程における品質特性の経時変化

2002年度   ゆでたダイズ種子の硬度と細胞壁構成多糖類との関連性

2002年度   ゆでたエダマメ子葉の硬度と細胞壁構成多糖含量との関連性-その2

2002年度   サツマイモ蒸切干加工時の品質関連特性における品種・系統間差

2002年度   品種・栽培条件が異なる大豆のフィチン酸含量と豆乳の凝固反応性との関係

2001年度   コメ粘性多糖による米の粘性の評価

2001年度   コメ粘性多糖による米の粘性評価

2000年度   食品素材及びその製造方法

2000年度   Degradation of phytate in brown rice with giant embryo during soaking in water.

2015年度   カンショでん粉の低温糊化性の遺伝様式と遺伝子の量的効果

2015年度   サツマイモのマルトース生成におけるβ-アミラーゼ活性とでん粉糊化温度の影響

2015年度   低温糊化でん粉を含むサツマイモ「クイックスイート」のマルトース生成メカニズム

2013年度   多収で早期肥大性に優れる青果用カンショ新品種「からゆたか」

2011年度   高品質で病虫害に強いカンショ新品種「あいこまち」

2011年度   収量性が高く品質の良い蒸切干加工用カンショ新品種「ほしこがね」

2010年度   サツマイモの肉質にはでん粉含有率に加え、水分動態や細胞形態が関与する

2008年度   食べきりサイズで美味しいサツマイモ新品種「ひめあやか」

2008年度   食味・外観の良い蒸切干加工用サツマイモ新品種「ほしキラリ」

2007年度   ダダチャ豆系のエダマメ用大豆品種はビタミン葉酸を多量に含む

2005年度   サツマイモ蒸切干の中白障害発生に関わる塊根のでん粉及び水分含量

2005年度   タンパク質含量にフィチン、カルシウム含量を加えた豆腐加工適性評価

2005年度   エリオジクチオール及びその配糖体のアラキドン酸代謝系リポキシゲナーゼ阻害効果

2005年度   カンキツ果実のフラボノイド組成

2005年度   タンパク質含量にフィチン、カルシウム含量を加えた豆腐加工適性評価

2005年度   サツマイモ蒸切干の中白障害発生に関わる塊根のでん粉及び水分含量

2002年度   豆腐加工適性評価指標としての大豆タンパク質含量および最大破断応力凝固剤濃度

2000年度   機能性成分を高濃度に含有するポンカン果汁の製造法

1996年度   糖質を付加したリポゾームの調製とそれを用いた膜機能解析

この記事は