高橋 幹

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き ユニット長
氏名 高橋 幹
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001466
URL http://www.naro.affrc.go.jp/patent/breed/0100/0109/054589.html
http://www.naro.affrc.go.jp/patent/breed/0100/0109/042348.html
http://www.naro.affrc.go.jp/patent/breed/0100/0109/001479/
http://www.naro.affrc.go.jp/patent/breed/0100/0109/001495.html
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/8-2.pdf
https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/61-004.pdf
https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/59-001.pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/pps/16/1/16_84/_article
カテゴリ 栽培技術 大豆 品種

研究情報

2014年度   Field Assessment of Resistance QTL to Common Cutworm (Spodoptera litura Fabricius) in Soybean

2013年度   リポキシゲナーゼを欠失した黒大豆新品種「くろさやか」の育成

2013年度   Root Growth of Two Soybean [Glycine max (L.) Merr.] Cultivars Grown under Different Groundwater Level Conditions

2012年度   Growth Responses of Two Soybean Cultivars Grown under Controlled Groundwater level in Southwestern Japan

2012年度   圃場における被食度達観評価により見出された新規ハスモンヨトウ抵抗性QTL

2012年度   ダイズ新品種「すずかれん」の育成とその特性

2011年度   品種,土壌pH矯正および耕種条件がダイズ子実カドミウム含有率におよぼす影響

2011年度   品種,土壌pH矯正および耕種条件がダイズ子実カドミウム含有率におよぼす影響

2011年度   ダイズのハスモンヨトウ選好性QTLのマッピング

2011年度   Grain yield response to planting density in forage rice with a large number of spikelets.

2011年度   Genetic analysis of antixenosis resistance to the common cutworm (Spodoptera litura Fabricius) and its relationship with pubescence characteristics in soybean (Glycine max (L.) Merr.)

2010年度   ハスモンヨトウ抵抗性ダイズ新品種‘九州155号’の育成とその特徴

2008年度   大豆に対する地下水位制御システムの利用

2007年度   圃場条件下における根粒超着生ダイズ品種作系4号とエンレイ・タマホマレとの収量性比較

2006年度   根粒超着生ダイズ品種の開発及び生理・栽培的特性の解明

2006年度   高土壌窒素条件下におけるダイズ窒素固定量および窒素固定寄与率の品種間差異

2006年度   圃場条件下における土壌硬度の違いが根粒超着生ダイズ品種作系4号の生育および収量に及ぼす影響

2006年度   圃場条件下における土壌硬度の違いが根粒超着生ダイズ品種作系4号の生育および収量に及ぼす影響

2006年度   高土壌窒素条件下におけるダイズ窒素固定量および窒素固定寄与率の品種間差異

2006年度   高土壌窒素条件下におけるダイズ窒素固定量および窒素固定寄与率の品種間差異

2005年度   冠水ストレスが発芽時のダイズに及ぼす影響と種子含水率調節による冠水障害の軽減効果

2005年度   根粒着生能力が異なるダイズ系統圃場からの一酸化窒素と亜酸化窒素の発生

2005年度   相対ウレイド法を用いた高土壌窒素条件下におけるダイズ窒素固定依存度の品種間差異

2005年度   根粒着生能力が異なるダイズ系統圃場からの一酸化窒素と亜酸化窒素の発生

2005年度   相対ウレイド法を用いた高土壌窒素条件下におけるダイズ窒素固定依存度の品種間差異

2005年度   ダイズ種子の吸水速度調節が冠水障害の発生に与える影響

2004年度   冠水ストレスが発芽時のダイズに及ぼす影響と種子含水率調節による冠水障害の軽減効果

2004年度   根粒超着生変異品種作系4号の親子鑑定

2004年度   根粒超着生変異品種作系4号の親子鑑定

2004年度   冠水ストレスが発芽時のダイズに及ぼす影響と種子含水率調節による冠水障害の軽減効果

2002年度   根粒超着生ダイズ品種「作系4号」の育成

2002年度   品種登録出願: 作系4号 (大豆)

2002年度   根粒超着生系統En-b0-1-2の栄養生長特性について-原品種エンレイと非着生系統En1282との比較-

2002年度   施肥窒素がダイズ根粒超着生系統「En-b0-1-2」の光合成特性に与える影響

2002年度   大豆の収量性と土壌窒素吸収に関する研究 第1報:大豆溢泌液中の窒素成分と収量の関係

2002年度   根粒着生の能力が異なる大豆からの窒素酸化物ガス放出

2001年度   大豆圃場からは多量のNOガスが発生する

2001年度   根粒超着生大豆系統の利用による大豆と根粒菌の共生窒素固定のさらなる活用

2000年度   大豆の生理機能に及ぼす影響の解明

2000年度   ダイズ根粒菌着生能と黒根腐病発病との関係

2000年度   ダイズ根粒菌着生能と黒根腐病発病との関係

2000年度   石膏(CaSO4)の施用がダイズの子実収量に及ぼす影響

2000年度   生育・収量の優れた新しい根粒超着生ダイズ系統「En-b0-1-2」の基本特性の解明

2000年度   Highly Productive Supernodulating Soybean Line 'En-b0-1-2'

2000年度   Effects of low oxygen stress during germination on soybean growth and yield

2000年度   Crop specific differences in growth and yield caused by low oxygen stress during germination

2018年度   暖地に適した赤大豆品種「ふくあかね」

2018年度   大豆の短茎化に寄与する短節間遺伝子

2017年度   「エンレイ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「えんれいのそら」

2017年度   「フクユタカ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「フクユタカA1号」

2017年度   「サチユタカ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「サチユタカA1号」

2017年度   「ことゆたか」に難裂莢性を導入した大豆新品種「ことゆたかA1号」

2015年度   種子のモリブデン(Mo)含量は根粒超着生ダイズの窒素固定活性に影響する

2011年度   多収で成熟期の早い暖地向け黒大豆新品種候補系統「九州164号」

2009年度   飼料イネの2回刈り栽培における1回目収穫時の刈り取り高さがTDNに及ぼす影響

2009年度   水稲の少量継続追肥では高温・寡照年でも収量や玄米品質が安定化する

2009年度   だいず「フクユタカ」よりハスモンヨトウ抵抗性が強い新品種「フクミノリ」

2009年度   葉焼病・ハスモンヨトウに強い小粒だいず新品種「すずかれん」

2008年度   大豆に対する地下水位制御システムの利用

2007年度   大豆の青立ち発生には成熟期の根系吸水力の維持が関係する

2004年度   ダイズ種子含水率調節は品種にかかわらず冠水傷害軽減に有効である。

2004年度   ダイズ種子含水率調節は品種にかかわらず冠水障害軽減に有効である

2003年度   根粒非着生大豆は黒根腐病の発病度が低い

2003年度   根粒超着生ダイズ品種「作系4号」の不耕起狭畦栽培による収量向上

2003年度   国内主要ダイズ品種の子実中へのカドミウム蓄積濃度の差異

2003年度   根粒超着生ダイズ品種「作系4号」の不耕起狭畦栽培による収量向上

2003年度   根粒非着生大豆は黒根腐病の発病度が低い

2003年度   根粒超着生ダイズ品種「作系4号」の不耕起狭畔栽培による収量向上

2003年度   国内主要ダイズ品種の子実中へのカドミウム蓄積濃度の差異

2002年度   相対ウレイド法から推定した大豆の根粒寄与率の品種間差

この記事は