羽鹿 牧太

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き 畑作物研究領域長
氏名 羽鹿 牧太
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001465
URL http://researchmap.jp/mhajika/
カテゴリ 加工 機能性 大豆 品種

研究情報

2015年度   多環境で評価されたダイズミニコアコレクションの難解析形質に関するゲノムワイド関連解析

2015年度   多環境で評価されたダイズミニコアコレクションの難解析形質に関するゲノムワイド関連解析

2014年度   Major QTLs associated with green stem disorder insensitivity of soybean (Glycine max (L.) Merr.)

2014年度   Molecular basis of a shattering resistance boosting global dissemination of soybean.

2014年度   Planting Date and Row Width Effects on Soybean Production in Southwestern Japan

2014年度   ダイズ東山系統のダイズシストセンチュウに対する抵抗性の遺伝解析

2014年度   ダイズモザイクウイルス・ダイズシストセンチュウ抵抗性を有する納豆用小粒大豆新系統「ひたち2号」の育成

2014年度   Identification of quantitative trait loci associated with boild seed hardness in soybean

2013年度   「Major QTLs associated with green stem syndrome of soybean」

2012年度   室内接種試験を用いたダイズ茎疫病ほ場抵抗性の遺伝解析

2012年度   ダイズの葉焼病抵抗性遺伝子rxpのファインマッピング

2012年度   ダイズ新品種「すずかれん」の育成とその特性

2012年度   DNAマーカーを利用した連続戻し交雑による難裂莢性および早晩性改変大豆系統の育成

2012年度   紀伊半島におけるツルマメの探索・収集

2012年度   Comprehensive proteome analysis of high and low cadmium accumulating soybeans under cadmium stress.

2011年度   Single-base substitution in P1B-ATPase gene is associated with a major QTL for seed cadmium concentration in soybean.

2011年度   品種,土壌pH矯正および耕種条件がダイズ子実カドミウム含有率におよぼす影響

2011年度   Genetic analysis and identification of DNA markers linked to a novel Phytophthora sojae resistance gene in the Japanese soybean cultivar Waseshiroge

2011年度   ダイズのダイズシストセンチュウ抵抗性におけるPI88788由来抵抗性遺伝子rhg1-bの効果

2011年度   ダイズの青立ちに寄与するQTL

2011年度   品種,土壌pH矯正および耕種条件がダイズ子実カドミウム含有率におよぼす影響

2011年度   ダイズにおける染色体部分置換系統の育成

2011年度   Effects on flowering and seed yield of dominant alleles at maturity loci E2 and E3 in a Japanese cultivar, Enrei

2011年度   Genetic analysis and identification of DNA markers linked to a novel Phytophthora sojae resistance gene in the Japanese soybean cultivar Waseshiroge

2011年度   The b-conglycinin deficiency in wild soybean is associatedwith the tail-to-tail inverted repeat of the a-subunit genes

2011年度   Pathogenic diversity of Phytophthora sojae and breeding strategies to develop Phytophthora-resistant soybeans

2011年度   ダイズ新品種「ことゆたか」の育成とその特性

2011年度   青立ちが少なく豆腐加工に適したダイズ新品種「はつさやか」の育成

2010年度   A Major QTL Controlling Seed Cadmium Accumulation in Soybean

2010年度   A Major QTL Controlling Seed Cadmium Accumulation in Soybean

2010年度   ダイズ放射線感受性(種子急照射)等解析素材の作出に関する研究

2010年度   品種育成系譜図作成ソフトウェア: EvoTreeの機能強化とその活用

2009年度   難裂莢性を戻し交雑により主要大豆品種に導入した育種素材となる系統群

2009年度   Development of a Screening System for the Evaluation of Soybean Volatiles

2009年度   Confirmation of the location and the effects of a major QTL controlling pod dehiscence, qPDH1, in soybean

2009年度   A major QTL, qPDH1, is commonly involved in shattering resistance of soybean cultivars.

2008年度   豆乳用大豆新品種「なごみまる」の育成

2008年度   大豆タンパク質の遺伝的改良に関する研究

2008年度   ダイズの難裂莢性DNAマーカー

2007年度   食物アレルゲンタンパク質の近赤外蛍光標識プローブによる検出

2007年度   Confirmation of the location and the effects of a major QTL controlling pod dehiscence, qPDH1, in soybean

2006年度   ダイズ主茎上と各器官のカドミウム移行・蓄積特性

2006年度   すずさやか(出願番号:200600262)

2006年度   ことゆたか(出願番号:20102)

2006年度   主要アレルゲンの一部を欠失した豆乳用だいず新品種「なごみまる」

2006年度   なごみまる(出願番号:20432)

2006年度   ことゆたか

2006年度   大豆新品種キヨミドリの育成とその特性

2006年度   大豆新品種クロダマルの育成とその特性

2006年度   豆腐破断応力と11Sグロブリンジスルフィド結合蛍光標識強度

2006年度   Simple sequence repeat markers linked to a major QTL controlling pod shattering in soybean

2005年度   豆腐加工適性が良好で倒伏に強い大豆新品種候補系統「九州136号」

2005年度   東北地域向きリポキシゲナーゼ欠失ダイズ新品種「すずさやか」の育成

2004年度   クロダマル

2004年度   ダイズ新品種「サチユタカ」の育成とその特性

2004年度   蛍光色素モノブロモバイメイン標識による大豆タンパク質ジスルフィド結合の解析

2003年度   ダイズ新品種「キヨミドリ」の育成について

2003年度   すずさやか

2003年度   子実カドミウム蓄積性が高いダイズ品種は幼植物の段階で簡易に検定できる

2002年度   根粒超着生ダイズ品種「作系4号」の育成

2002年度   ダイズ新品種「キヨミドリ」の育成について

2002年度   すずおとめ

2002年度   キヨミドリ

2002年度   ダイズ新品種「エルスター」の育成とその特性

2002年度   ダイズ新品種「すずおとめ」の育成とその特性

2001年度   温暖地向け多収ダイズ新品種「サチユタカ」の育成

2001年度   サチユタカ

2001年度   ダイズ新品種「いちひめ」の育成とその特性

2001年度   ダイズ新品種「いちひめ」の育成とその特性

2000年度   キヨミドリ

2000年度   エルスター

2000年度   大豆新品種「エルスター」の種苗登録

2000年度   大豆新品種「キヨミドリ」の種苗登録

2000年度   ダイズ7S及び11Sグロブリン欠失系統におけるタンパク質含有率と組成

2000年度   ダイズ種子貯蔵タンパク質7Sグロブリンを全欠失させる優性遺伝子Scg-1と7Sグロブリン構造遺伝子間に見られる強連鎖関係

2000年度   Breeding of soybean variety lacking β-conglycinin by the introduction of Scg gene from wild soybean

2000年度   暖地向けリポキシゲナーゼ完全欠失だいず新品種「エルスター」

2000年度   暖地向けリポキシゲナーゼ完全欠失大豆新品種「エルスター」

2000年度   ハスモンヨトウ抵抗性大豆品種の育成が可能な室内選好性選抜法

2000年度   ハスモンヨトウ抵抗性大豆品種の育成が可能な室内選好性選抜法

2017年度   「エンレイ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「えんれいのそら」

2017年度   「フクユタカ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「フクユタカA1号」

2017年度   「サチユタカ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「サチユタカA1号」

2017年度   国産ダイズ品種の染色体断片置換系統群

2017年度   「ことゆたか」に難裂莢性を導入した大豆新品種「ことゆたかA1号」

2015年度   ダイズペクチンメチルエステラーゼは蒸煮大豆の硬さに関与する

2014年度   蒸煮大豆の硬さに関与するQTLの同定とDNAマーカーの開発

2014年度   「サチユタカ」に難裂莢性を導入した大豆新品種「サチユタカA1号」

2013年度   耐倒伏性で草姿が優れる小粒黒ダイズ新品種候補系統「関東115号」

2012年度   ダイズ子実への高カドミウム蓄積性を判別できる高精度DNAマーカー

2011年度   晩生型開花期遺伝子の導入により大豆品種の栽培適地を南に拡大できる

2010年度   青立ちが少なく豆腐加工に適しただいず新品種候補系統「はつさやか(旧系統名 四国1号)」

2009年度   難裂莢性を戻し交雑により主要大豆品種に導入した育種素材となる系統群

2009年度   ダイズのカドミウム高蓄積遺伝子座のゲノム上の座乗位置

2009年度   低温ストレス耐性を示す大豆褐毛系統は葉のフラボノイド・組織抗酸化活性が高い

2009年度   葉焼病・ハスモンヨトウに強い小粒だいず新品種「すずかれん」

2008年度   ダイズの難裂莢性DNAマーカー

2006年度   主要アレルゲンの一部を欠失した豆乳用だいず新品種「なごみまる」

2005年度   ダイズの主要な裂莢性遺伝子座のゲノム上の座乗位置

2005年度   豆腐加工適性が良好で倒伏に強い大豆新品種「ことゆたか」(旧系統名「九州136号」)

2004年度   豆腐の硬さはダイズ子実のカルシウム含有量に影響される

2004年度   豆腐の硬さはダイズ子実のカルシウム含有量に影響される

2003年度   子実カドミウム蓄積性が高いダイズ品種は幼植物の段階で簡易に検定できる

2003年度   国内主要ダイズ品種の子実中へのカドミウム蓄積濃度の差異

2003年度   暖地向け黒大豆新品種「クロダマル」

2003年度   主要貯蔵タンパク質がないダイズ系統

2003年度   国内主要ダイズ品種の子実中へのカドミウム蓄積濃度の差異

2001年度   暖地向け納豆用小粒大豆新品種「すずおとめ」

2001年度   暖地向け緑色だいず新品種「キヨミドリ」

2000年度   粗蛋白含有率が高い、温暖地向け多収だいず新品種候補系統「九州131号」

1998年度   ハスモンヨトウ抵抗性大豆品種の育成が可能な室内選好性選抜法

1995年度   リポキシゲナーゼ完全欠失あるいは部分欠失大豆の青臭みを低減させる加工法

2007-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   大豆のフラボノイド代謝機構に関わる遺伝子の探索及び分子生物・細胞生物学的解析

この記事は