山内 歌子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 山内 歌子
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001462
URL http://researchmap.jp/myportaluy
カテゴリ 機能性 水稲 低コスト

研究情報

2014年度   Multiple functional polymorphisms in a single disease resistance gene in rice enhance durable resistance to blast.

2013年度   A natural variant of NAL1, selected in high-yield rice breeding programs, pleiotropically increases photosynthesis rate_x000D_

2012年度   イネのアレンオキシドサイクラーゼ変異株の単離と、いもち病菌抵抗性におけるジャスモン酸類の役割

2011年度   日本水稲品種群における感光性遺伝子Hd1と到穂日数のアソシエーション解析

2011年度   水稲多収品種タカナリの高個葉光合成速度に関与するQTL-GPSのマップベースクローニング

2011年度   日本水稲品種群を使ったゲノムワイドアソシエーション解析

2011年度   イネHd2遺伝子の長日条件下の出穂遅延にはHd16およびGhd7との相互作用が関与する

2011年度   イネ出穂関連遺伝子Hd2の単離と機能解析

2010年度   水稲品種コシヒカリの早生性に関与する出穂期遺伝子Hd16の単離同定

2009年度   コシヒカリと日本晴の染色体断片置換系統群から見出された穂発芽耐性QTL

2009年度   水稲品種コシヒカリと日本晴の染色体断片置換系統群の作出

2008年度   イネの分げつ伸長に関与するRcn1遺伝子の同定

2007年度   イネ極晩生突然変異原因遺伝子Ehd3の単離

2006年度   イネの開花促進遺伝子Ehd2およびEhd3の連鎖解析

2006年度   イネの出穂促進遺伝子Early heading 2の単離とその開花制御機構における役割

2006年度   イネ感光性遺伝子Hd1, Hd5およびLhd4間に見出された出穂期調節における相互作用

2006年度   北海道に適応するイネ品種における感光性遺伝子Hd1の意義

2006年度   日本型イネ品種コシヒカリを遺伝背景としたインド型品種Nona Bokraの染色体断片置換系統群の作出と評価

2004年度   イネ感光性遺伝子Hd5はCCAAT-box結合転写因子サブユニットをコードする

2000年度   Hd1, major photoperiod-sensitivity QTL in rice, encodes a protein with the structure of zinc finger transcription factor

2000年度   The Pib gene for rice blast resistance belongs to the nucleotide binding and leucine-rich repeat class of plant disease resistance genes

2000年度   イネいもち病抵抗性遺伝子Pibの単離

2000年度   identification of cis-regulatory elements required for endosperm expression of the rice storage protein glutelin gene GluB-1

2000年度   Rice gene resistant to blast disease

2000年度   Hd1, a major photoperiod sensitivity quantitative trait locus in rice, is closely related to the Arabidopsis flowering time gene CONSTANS

2000年度   イネ出穂期関連遺伝子Hd9の高精度連鎖地図作成及びゲノミッククローンの整列化

2000年度   ポジショナルクローニング法によるイネ感光性関連QTLの単離

2000年度   イネ出穂期の遺伝的制御機構解明へのゲノム生物学的アプローチ

この記事は