荒井 裕見子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 荒井 裕見子
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001454
URL
カテゴリ 栽培技術 水稲

研究情報

2014年度   Deep rooting conferred by DEEPER ROOTING 1 enhances rice yield in paddy fields

2014年度   Exchangeable Cs/K ratio in soil is an index to estimate accumulation of radioactive and stable Cs in rice plant

2014年度   Comparative analysis on relationship between Cs and K in soil and plant parts toward control of Cs accumulation in rice

2013年度   A natural variant of NAL1, selected in high-yield rice breeding programs, pleiotropically increases photosynthesis rate_x000D_

2013年度   Isolation and identification of phenolic compounds accumulated in brown rice grains ripened under high air temperature

2013年度   QTL analysis of leaf photosynthesis in rice_x000D_

2013年度   Varietal Differences in Cell Wall β-(1→3),(1→4)-Glucan and Nonstructural Carbohydrate in Rice Stems during the Grain Filling Stage.

2013年度   Varietal differences in sink production and grain-filling ability in recently developed high-yielding rice (Oryza sativa L.) varieties in Japan

2012年度   水稲品種コシヒカリ/タカナリ間の正逆染色体断片置換系統群の収量性評価

2012年度   収量性の遺伝解析を目的とした水稲品種コシヒカリ/タカナリ間の正逆染色体断片置換系統群の作出

2012年度   Comparative Mapping Suggests Repeated Selection of the Same Quantitative Trait Locus for High Leaf Photosynthesis Rate in Rice High-Yield Breeding Programs

2011年度   水稲多収品種タカナリの高個葉光合成速度に関与するQTL-GPSのマップベースクローニング

2011年度   水稲品種タカナリの高個葉光合成速度には少なくとも2つの葉身形態を制御するQTLが関与する

2011年度   Genotypic Variations in Non-Structural Carbohydrate and Cell-Wall Components of the Stem in Rice, Sorghum, and Sugar Cane

2010年度   Effects of Soil Temperature on Growth and Root Function in Rice

2010年度   A novel lime pretreatment for subsequent bioethanol production from rice straw--calcium capturing by carbonation (CaCCO) process

2010年度   A novel lime pretreatment for subsequent bioethanol production from rice straw--calcium capturing by carbonation (CaCCO) process

2009年度   籾数に関与するハバタキのQTLを集積したササニシキの収量性評価

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   イネの低投入型多収品種開発に向けた高窒素利用機構の解明

この記事は