石丸 健

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き 主席研究員
氏名 石丸 健
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001423
URL https://www.researchgate.net/profile/Ken_Ishimaru
カテゴリ 水稲

研究情報

2012年度   IR64/コシヒカリ//コシヒカリ染色体断片置換系統群を用いたソース能に関与する染色体領域の解析

2012年度   染色体断片置換系統を用いた白色不透明部を有する米粒の発生回避機構の解析

2011年度   栄養成長期初期における子実用ソルガム(Sorghum bicolor(L.)Moench)の光合成関連形質に関する遺伝的多様性

2011年度   4つの染色体断片置換系統群を用いたイネの玄米外観品質に関与する染色体領域の解析

2011年度   開放系大気CO2濃度上昇が一穂籾数を増加させた染色体断片置換イネの収量に与える影響

2010年度   日本晴/コシヒカリ//コシヒカリ染色体部分置換系統群を用いた農業形質に関与する染色体領域の解析

2010年度   コシヒカリの止葉ソース能を高める染色体領域の特定とその評価

2010年度   イネの台風による倒状に対する耐性メカニズムの解明

2010年度   開放系大気CO2濃度増加(FACE)が染色体断片置換イネのバイオマス生産に及ぼす影響

2009年度   コシヒカリ/Nona Bokra染色体部分置換系統群を用いた農業形質に関与する染色体領域の解析

2009年度   2つの染色体部分置換系統群を用いたイオノーム解析

2008年度   ソルガム (Sorghum bicolor (L.) Moench) における光合成関連形質の品種間差異

2008年度   イネのカドミウム転流・蓄積特性の解析

2007年度   窒素施肥量が倒伏抵抗性QTL“prl5”の作用に及ぼす影響

2007年度   ASPアレイを用いたコシヒカリの準同質遺伝子系統の選抜とその生理解析

2007年度   アレル特異的プライマーPCR法を利用した簡便・低コストSNPs判定法(ASPアレイ)の確立

2006年度   イネにおけるエレメントーム研究の創出

2006年度   草丈伸長に関する染色体領域の組み合わせによるイネ草丈の最適化

2006年度   “スーパーコシヒカリ”の作出は可能か?

2006年度   イネのカドミウム蓄積に関与する遺伝子座の解明及びその機能解明

2006年度   クラスター分析と遺伝学的手法によるイネの草丈制御に関与する染色体領域の解析

2006年度   新しい育種法(リプレイシング)の開発

2006年度   コシヒカリ染色体部分置換系統を用いた農業形質に関与する染色体領域の解析

2006年度   イネにおける出穂前炭水化物蓄積に関与するQTLsの解析

2006年度   岩手県盛岡における染色体部分置換系統「コシヒカリKL212」の生育特性および収量性の比較

2004年度   イネにおける倒伏抵抗性に関与する量的形質遺伝子座(QTL)の機能解析

2004年度   トウモロコシSPS遺伝子の高発現がジャガイモの収量特性に及ぼす影響

2004年度   作物学データベースの構築

2002年度   作物学データベースのための検索用辞書の作成

2002年度   量的形質遺伝子座(QTL)を用いたイネ倒伏の遺伝学的解析

2002年度   イネを中心とした作物学データベースの構築

2002年度   Transfer of C4 metabolism or CAM into C3 plants with gene engineering methods, and their effects on photosynthetic metabolism.

2002年度   作物学データベース

2001年度   Antisense expression of a rice sucrose transporter OsSUT1 in rice (Oryza sativa L.)

2001年度   Are contents of Rubisco, soluble protein and nitrogen in flag leaves of rice controlled by the same genetics?

2000年度   Identification of quantitative trait loci for stomatal frequencies in Oryza sativa

2000年度   Toward mapping of physiological and agronomic characters on a rice function map: QTL analysis and comparison between QTLs and expressed sequence tags

2000年度   Ser162-Dependent inactivation of overproduced sucrose-phosphate synthase protein of maize leaf in transgenic rice plants

2000年度   PEP-カルボキシラーゼの阻害剤によるエレオカリスの陸生型(C4)の葉肉細胞におけるC3回路の駆動の検討

2000年度   Differential expression of phosphoenolpyruvate carboxylase isoform in calli induced from C3 and CAM types of L. Mesembryanthemum crystallium

2000年度   Transformation of a CAM plant, the facultative halophyte Mesembryanthemum crystallinum by Agrobacterium tumefaciens

2000年度   イネ機能地図の作成の試み-千粒重および登熟歩合に関するQTLの遺伝学的解析

2000年度   QTL解析を用いたイネの機能地図による光合成、物質生産に関する形質の遺伝学的解析

2000年度   イネ葉身の糖代謝に対する高CO2処理の影響

2000年度   トウモロコシショ糖リン酸合成酵素の活性調節部位(Ser162)への変異導入とイネでの過剰発現

2000年度   Elevated Sucrose-phosphate synthase activity in source leaves of potato plants transformed with the maize SPS gene

2000年度   Molecular clonong and expression analysis of a gene for a sucrose transporter in maize (Zea mays L.)

2000年度   characterization of a maize sucrose-phosphate synthase protein and its effect on carbon partitioning in transgenic rice plants

2000年度   Transgenic rice with low sucrose-phosphate synthase activities retain more soluble protein and chlorophyll during flag leaf senescence

2000年度   イネ葉身の糖代謝に対する高CO2処理の影響-出穂期の止葉葉身における炭水化物量の変化-

2000年度   Effect of elevated concentration of CO2 on the distribution and translocation of carbon at early grain-filling stage in the rice plant

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   イネの炭水化物蓄積能を決定する遺伝子座RG5の機能解明

2007-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   台風による倒状に対する耐性メカニズムの解明

2004-2006年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   染色体断片群の導入によるコシヒカリの複数有用形質の同時改良

2004-2006年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   イネの転び型及び挫折型倒伏における耐性メカニズムの解明

この記事は