杉本 和彦

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き ユニット長
氏名 杉本 和彦
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001422
URL https://researchmap.jp/read0004428/
カテゴリ 水稲 品種

研究情報

2014年度   Multiple functional polymorphisms in a single disease resistance gene in rice enhance durable resistance to blast.

2013年度   A natural variant of NAL1, selected in high-yield rice breeding programs, pleiotropically increases photosynthesis rate_x000D_

2013年度   Control of root system architecture by DEEPER ROOTING 1 increases rice yield under drought conditions_x000D_

2012年度   イネの新規重力応答遺伝子Dro1による耐乾性の改良

2012年度   イネにおける遺伝子発現情報基盤の高度化と有用性

2011年度   イネ深根性遺伝子Dro1は乾燥回避能力を高める

2011年度   イネ染色体断片置換系統で見られた褐色斑の遺伝学的解析

2010年度   A novel nuclear factor RSS3 controlling root development interacts with a bHLH transcription factor in rice

2009年度   コシヒカリと日本晴の染色体断片置換系統群から見出された穂発芽耐性QTL

2009年度   イネの組織・器官別遺伝子発現プロファイル

2008年度   イネの塩ストレス耐性に関与するRSS3の解析

2007年度   ミュータントパネル由来の易穂発芽系統の解析

2007年度   イネ穂発芽耐性 QTL、Sdr4 の単離

2007年度   日本型イネ品種「日本晴」と「コシヒカリ」の戻し交雑後代集団における穂発芽耐性QTLの検出

2006年度   イネの塩感受性変異体(rss)の単離とその特性解析

2006年度   マップベースクローニング法による穂発芽耐性 QTL、 Sdr4 の単離・機能解析

2006年度   水稲品種ササニシキとハバタキの戻し交雑集団を用いた穂発芽耐性に関与するQTLのマッピング

2006年度   イネ穂発芽耐性遺伝子(Sdr4)候補遺伝子の解析

2006年度   イネの塩感受性変異体(rss)の単離とその特性解析

2006年度   マップベースクローニング法による穂発芽耐性 QTL、 Sdr4 の単離・機能解析

2006年度   イネ穂発芽耐性遺伝子(Sdr4)候補遺伝子の解析

2006年度   イネ塩感受性変異体の単離と解析

2004年度   イネアクチベーションタギングにより得られた擬似病斑変異体及び短粒変異体の原因遺伝子解析

2004年度   イネのアクチベーションタギングにより得られた擬似病斑葉変異体における病害抵抗性

2004年度   イネアクチベーションタギングにより単離された擬似病斑変異体及び短粒半わい性変異体の解析

2002年度   Isolation and Characterization of a Rice Dwarf Mutant with a Defect in Brassinosteroid Biosynthesis

2001年度   レトロトランスポゾンTos17による遺伝子破壊を利用したイネMAPキナーゼOSMPK2の機能解析

2001年度   改変アントラニル酸合成酵素遺伝子を用いた選抜マーカー開発の為のプロモーターの検討

2000年度   Characterization of a ring finger mutant induced by insertion of the rice retrotransposon Tos17

2000年度   レトロトランスポゾンTos17の挿入によって得られたイネ突然変異体,ring finger mutant の解析

2000年度   傷,エリシターにより誘導されるMyb様転写調節因子LBM1の発現調節機構およびLBM1を過剰発現する植物体の解析

2000年度   傷,エリシターにより誘導されるMyb様転写調節因子LBM1の発現制御に関わるタバコzinc finger protein(LMP1)のリン酸化による調節機構の解析

2000年度   Transcriptional regulation of the tobacco retrotransposon (I)Tos17(I) in responese to wounding: involvement of a GATA-type zinc finger protein and MAPK cascade

2000年度   A 13-bp (I)cis(I)-regulatory element in theLTR promoter of the tobacco retrotransposon (I)Tos1(I) is involved in responsiveness to tissue culture, wounding, methyl jasmonate and fungal elicitors

2000年度   レトロトランスポゾンTos17による遺伝子破壊を利用したイネMAPキナーゼの機能解析

2000年度   MYB-related transcription factor NtMYB2 induced by wounding and elicitors as a regulator of the tobacco retrotransposon Tto1 and defence-related genes

2000年度   Myb様転写調節因子LBM1の傷誘導性に関わるGATA様転写調節因子LBP1の解析

2000年度   ストレス応答に関わるMYB遺伝子の解析

2000年度   Regulation of the tobacco retrotransposon and defence related genes in responce to wounding: involvement of MYB-related and zinc finger proteins

2000年度   Transcriptional regulation of the tobacco retrotransposon TTO1in response to wounding : Involvement of a MYB-related protein, GATA-type zinc finger protein and MAPK cascade

2000年度   Toward activation tagging in rice (イネのアクチベーションタギングに向けて)

2000年度   イネのアクチベーションタギングラインのエンハンサー近傍領域の解析

2000年度   イネにおけるアクチベーションタギングシステムの開発:トランスポゾンの利用による変異系統の拡大及び新規変異体の取得

2000年度   Functional analyses of rice map kinases utilizing gene disruption induced by retrotransposon Tos17

2000年度   レトロトランスポゾン(I)Tos17(I)による遺伝子破壊を利用したイネMAPキナーゼの機能解析

2013-2017年   [農林水産省 農林水産技術会議]   遺伝資源から多様な地域特性や経営戦略に即した有用遺伝子を効率的に特定する技術の開発(IVG)

この記事は