小松田 隆夫

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き 主席研究員
氏名 小松田 隆夫
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001419
URL http://researchmap.jp/read0080432
カテゴリ 機能性 品種 病害虫防除

研究情報

2014年度   Transcriptome analysis of barley identifies heat shock and HD-Zip I transcription factors up-regulated in response to multiple abiotic stresses

2013年度   Six-rowed spike4 (Vrs4) controls spikelet determinacy and row-type in barley

2013年度   An alternative mechanism for cleistogamy in barley

2012年度   オオムギ稔性回復遺伝子Rfm1の詳細マッピング

2010年度   オオムギ種子休眠性QTL“Qsd1”の精密マッピング

2007年度   麦類植物の受粉性の識別方法とその利用による麦類植物の改良方法

2006年度   イスラエルの野生オオムギに見つかった乾燥感受性突然変異体eibi1

2006年度   2倍体コムギを用いた種子アブシジン酸情報伝達系相同遺伝子のマッピングと種子休眠解析QTL解析

2006年度   オオムギ六条性遺伝子vrs1の単離

2006年度   オオムギ節間長に関するQTLのマッピング

2006年度   オオムギの六条性遺伝子と栽培化、ゲノム進化 国立遺伝学研究所研究集会「高等植物の生殖形質におけるゲノム障壁制御遺伝子の分子遺伝学的解析」

2005年度   Identification and mapping of QTL for spike density associated with cleistogamy in barley

2005年度   北アフリカのオオムギの形態および分子マーカー解析

2005年度   オオムギ小穂非脱落性遺伝子のゲノム解析

2005年度   連鎖地図にもとずく遺伝子単離システムの開発

2004年度   比較ゲノム手法を用いたオオムギ稔性回復遺伝子Rfm1のマッピング

2004年度   比較ゲノム手法を用いたオオムギ有用遺伝子単離ーイネからムギへー

2004年度   オオムギ小穂非脱落性遺伝子のゲノム解析

2004年度   オオムギ小穂非脱落性遺伝子を含むゲノム領域の分子進化系統解析

2004年度   オオムギにおける新しい小穂非脱落性遺伝子について

2002年度   Development of mapping population for tagging brittleness genes in barley

2002年度   Genetic analysis and development of STS marker closely linked to earliness in wheat mutant Jishi 8810

2002年度   Conversion of AFLP markers around non-brittle rachis (btr1) to STS in barley

2002年度   Genetic analysis of opened and closed types of flowering in barley

2002年度   Genetic analysis of opened and closed types of flowering in barley

2001年度   小型ゲルと銀染色を用いた簡易AFLP法

2001年度   小型ゲルと銀染色を用いた簡易AFLP法

2001年度   Phylogenetic analysis of Hordeum marinum Huds. based on nucleotide sequences linked to the vrs1 locus

2001年度   Molecular mapping of a fertility restoration locus (Rfm1) for cytoplasmic male sterility in barley (Hordeum vulgare L.)

2001年度   A DNA marker closely linked to the vrs1 locus (row-type gene) indicates multiple origins of six-rowed cultivated barley (Hordeum vulgare L.)

2000年度   高能率ゲノム走査法

2000年度   Molecular diversity and evolution in the genus Hordeum.

2000年度   Simple and efficient AFLP system and application for rapid construction of an STS-AFLP map of barley (Hordeum vulgare L.)

2000年度   High resolution map around the vrs1 locus controlling two- and six-rowed spike in barley, Hordeum vulgare.

2000年度   Map construction of sequence-tagged sites (STSs) in barley (Hordeum vulgare L.)

2000年度   Sequence-tagged sites for barley genome mapping.

2000年度   Phylogeny in the genus Hordeum based on nucleotide sequences closely linked to the vrs1 locus (row number of spikelets)

2000年度   A nucleotide sequence linked to the vrs1 locus for studies of differentiation in cultivated barley (Hordeum vulgare L.).

2000年度   オオムギのmsm1細胞質雄性不稔に対する稔性回復遺伝子Rfm1のマッピング

2000年度   Genotype x sucrose interaction for 2,4-D-induced somatic embryogenesis in soybean (Glycine max L.)

2000年度   A simple AFLP system using small gel plates and its application to the map construction in barley.

2000年度   Mapping QTL's for tissue culture traits in barley.

2013-2017年   [農林水産省 農林水産技術会議]   麦及び飼料作物の有用遺伝子の同定とDNAマーカーの開発(TRS)

2014-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   イネ科S-Z型自家不和合性の分子機構の解明

2013-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   オオムギにおける小穂非脱落性遺伝子の進化

2011-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   コムギの光沢および密穂遺伝子のマッピング

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   オオムギにおけるマイクロRNAを介した閉花性遺伝子の発現制御機構の解明

2011-2012年   [農林水産省 農林水産技術会議]   麦類における有用遺伝子の同定・機能解明と品種改良に向けたDNAマーカーの開発(略称:ムギ遺伝子、TRG)

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   オオムギ野生種におけるS遺伝子座領域のゲノム解析と認識決定因子の同定

2008-2010年   [農林水産省 農林水産技術会議]   麦類の遺伝子単離と機能解明 (略称:ムギゲノム、TRC)

2007-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   転写因子によるイネ科オオムギの多様性と進化

2005-2007年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   エコタイリング法によるオオムギvrs1遺伝子座の対立遺伝子変異の分子解析

2005-2007年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   野生オオムギHordeum spontaneumにおける乾燥耐性遺伝子のマッピング

2000-2004年   [独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業]   オオムギゲノム機能の開発と制御

この記事は