呉 健忠

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き 主席研究員
氏名 呉 健忠
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001408
URL http://researchmap.jp/agbs/
カテゴリ 水稲 品種

研究情報

2014年度   Transcriptome analysis of barley identifies heat shock and HD-Zip I transcription factors up-regulated in response to multiple abiotic stresses

2013年度   bex-db:Bioinformatics workbench for comprehensive analysis of barley-expressed genes

2013年度   イネの干ばつ耐性を高める深根性遺伝子の特定

2012年度   ゲノムワイドな系統解析によるイネ栽培史における遺伝子移入パターンの解明

2012年度   オオムギ発現データベース: bex-db

2012年度   イネの新規重力応答遺伝子Dro1による耐乾性の改良

2012年度   ソルガムの紫斑点病耐性遺伝子(ds1)多型の地理的分布

2012年度   RNA-Seq法によるカドミウムストレス応答に関わるイネトランスクリプトーム解析

2012年度   コムギ6B染色体塩基配列の解読に向けたBAC物理地図の構築

2012年度   次世代シーケンサを用いたコムギ6B染色体の塩基配列の解読

2012年度   栽培イネ「カサラス」染色体の物理地図構築及び塩基配列解析

2012年度   次世代シーケンサを用いたコムギ(6B)BACライブラリのショットガン解析

2011年度   イネゲノムのアノテーション情報がない領域から塩ストレスで発現誘導されるRNAの網羅的同定と機能予測

2011年度   ソルガム紫斑点病の耐性遺伝子(ds1)の単離

2011年度   ソルガム紫斑点病耐性遺伝子(ds1)の単離と栽培品種間多型

2011年度   mRNA-Seq法によるリン酸欠乏及びリン酸過剰ストレス処理で応答するイネ転写産物の同定

2011年度   mRNA-Seq法によるリン酸欠乏及びリン酸過剰ストレス応答にかかわるイネのトランスクリプトーム解析

2011年度   リン酸欠乏ストレス条件下におけるイネ品種間の比較トランスクリプトーム解析

2011年度   アジアイネ栽培系統の独立な栽培化と交雑過程の解明

2011年度   イネ深根性遺伝子Dro1は乾燥回避能力を高める

2010年度   イネ出穂期関連遺伝子RFT1の機能を低下させる変異について

2010年度   イネ収量に関与する遺伝子GW2とGIF1における塩基配列の多様性及びハプロタイプ解析

2010年度   パンコムギ物理地図作成のための反復配列の利用

2010年度   次世代型シーケンサーを用いたリン酸欠乏応答にかかわるイネのトランスクリプトーム解析

2010年度   ソルガムの節間伸長に関するQTL解析

2010年度   アジア栽培種イネ及び祖先種野生イネ間における病害抵抗性遺伝子クラスター領域のゲノム構造比較

2010年度   大規模集団を用いたパンコムギ種子休眠性遺伝子座Phs1の精密マッピング

2009年度   不良環境下における浮イネの環境適応性の遺伝子解析

2009年度   イネ出穂期及び収量性に関連する機能遺伝子領域のゲノム動態から分かること

2009年度   栽培種及び近縁野生種イネ集団を用いたイネ収量性関連遺伝子領域における塩基配列の多様性及びハプロタイプ解析

2009年度   パンコムギのゲノムにおけるα/βグリアジン多重遺伝子の重複と分化

2008年度   イネいもち病抵抗性遺伝子Pik-mは2つのNBS-LRR遺伝子からなる

2008年度   Pikm特異的イネいもち病抵抗性の付与には2つのNBS-LRR遺伝子が必要である

2008年度   イネ属における感光性遺伝子Hd3a-RFT1領域のゲノム多様性の解明

2008年度   IRGSPによるイネゲノム新規アセンブルNipponbare Pseudomolecule Build 5の構築

2008年度   栽培及び近縁野生種イネにおける粒形と粒数関連遺伝子領域の塩基配列比較

2008年度   パンコムギにおけるα/βグリアジン遺伝子多重遺伝子族の発現と存在様式

2008年度   イネジャポニカ栽培化過程におけるSemidwarf1の人為選抜の検証

2008年度   エンレイBACライブラリーを活用したダイズ物理地図データベースの作成

2007年度   イネ属における脱粒性遺伝子Sh4領域の塩基配列の多様性について

2007年度   イネ属における開花関連遺伝子Hd3a領域の構造比較

2007年度   イネ属における収量関連遺伝子Gn1a領域の塩基配列の比較解析

2007年度   イネのテロメア反復配列における染色体特異的な塩基置換

2007年度   アフリカ栽培イネO.glaberrima第11染色体長腕における病害抵抗性遺伝子(R-gene)クラスター領域の構造解析

2006年度   イネAゲノム近縁野生種の Diversity Research Set 作成に向けた多様性解析II. 候補系統の選定

2006年度   イネ雑種弱勢原因遺伝子Hwc2の高密度連鎖解析および品種分化と周辺領域のDNA多型との関係

2006年度   イネ属における感光性遺伝子Hd1領域の塩基配列の多様性について

2006年度   レトロポゾン及びレトロトランスポゾンマーカーを用いたイネ属(Oryza)ゲノム間における近縁関係の解析

2006年度   イネ栽培品種間における病害抵抗性遺伝子クラスター領域の構造比較

2006年度   イネセントロメア塩基配列の網羅的解析

2006年度   p-SINEマーカーを用いた栽培及び野生種イネコレクションにおける詳細な系統解析

2006年度   イネ属における出穂期関連遺伝子Hd6の塩基配列多様性解析

2005年度   栽培イネ(日本晴)ESTマーカーを用いた野生イネゲノムの多様性の解析

2005年度   Chromosome -specific nucleotide substitution of telomere repeats on rice chromosomes

2005年度   イネ品種「Kasalath」第8染色体セントロメアのゲノム構造及び品種「日本晴」との比較解析

2005年度   Conservation of 3'-UTR sequences of rice expressed genes within the genus Oryza

2005年度   Comparison of the genomic sequence and structure of the japonica (cv. Nipponbare) and indica (cv. Kasalath) rice chromosome 1

2005年度   イネのテロメア長測定とテロメア周辺配列の解析

2005年度   イネゲノム解読困難領域の解析-テロメア領域及びセントロメア領域へのアプローチ

2005年度   遺伝子マーカーを用いたイネ属におけるゲノム多様性解析

2005年度   インド型イネ品種「kasalath」第8染色体セントロメアのゲノム構造および日本型品種「日本晴」との比較解析

2005年度   イネ第1染色体のインド型品種「Kasalath」と日本型品種「日本晴」の比較ゲノム研究

2005年度   RecAタンパク質による3本鎖形成反応を介したイネSSRの濃縮

2005年度   イネ日本晴のテロメア長測定とテロメア周辺配列の解析

2005年度   Sequencing and characterization of telomere and subtelomere regions on rice chromosomes 1S, 2S, 2L, 6L, 7L and 8S

2005年度   The map-based sequence of the rice genome

2005年度   Random sheared fosmid library as a new genomic tool to accelerate complete finishing of

2005年度   A fine physical map of the rice chromosome 5

2005年度   Complete rice genome sequence and its application to genome biology

2005年度   Analysis of genome diversity in wild rice using EST markers from Oryza sativa cv. Nipponbare

2005年度   Comparative analysis of chromosome 8 centromere of indica and japonica rice

2004年度   IRGSPによって完成された日本晴イネ全染色体の物理地図について

2004年度   イネ日本晴全ゲノムの95%をカバーする物理地図の完成

2004年度   イネ全ゲノム塩基配列の完全解読

2000年度   イネPAC物理地図の作成状況

2000年度   ESTマッピング情報を利用した連鎖地図上のギャップ領域のRFLPマーカー作出

2000年度   Rice gibberellin-insensitive dwarf mutant gene Dwarf 1 encodes the alpha-subunit of GTP-binding protein

2000年度   イネ矮性遺伝子D1の相補性検定

2000年度   イネゲノムにおける発現遺伝子の分布状況

2000年度   A comprehensive map of rice expressed sequence tags(ESTs): its characteristics and application to genome analysis.

2000年度   A physical map with yeast artificial chromosome (YAC) clones covering 63 percent of the 12 rice chromosomes

2000年度   イネ高密度発現遺伝子地図:その特徴とゲノム解析への応用

2000年度   解析ソフトウェア”SEGMAP”を用いたイネ高密度発現遺伝子地図の作成

2000年度   イネ高密度発現遺伝子地図の作成

2000年度   新たなESTマーカー作出によるイネYAC物理地図の充実

2008-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   脱粒性遺伝子の栽培化とイネの起源

この記事は