片寄 裕一

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き ゲノム育種推進室長
氏名 片寄 裕一
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001407
URL https://researchmap.jp/read0004404/
カテゴリ 水稲 大豆 品種 その他の花き・花木・観葉植物 その他の果樹

研究情報

2014年度   Development of transcriptome shotgun assembly-derived markers in bunching onion (Allium fistulosum)

2014年度   Transcriptome-based single nucleotide polymorphism markers for genome mapping in Japanese pear (Pyrus pyrifolia Nakai)

2013年度   DNA markers developed from genome sequencing analysis in Japanese pear (Pyrus pyrifolia)

2012年度   ジーンターゲッティングイネにおける“ゲノムのきれいさ”の証明

2012年度   ダイズゲノム情報の充実とDAIZUbase

2012年度   国産ダイズ品種における6K SNPアレイの開発と評価

2012年度   次世代シークエンサーを用いたブタ免疫関連遺伝子の網羅的多型検索

2012年度   コムギ6B染色体塩基配列の解読に向けたBAC物理地図の構築

2012年度   次世代シーケンサを用いたコムギ6B染色体の塩基配列の解読

2012年度   栽培イネ「カサラス」染色体の物理地図構築及び塩基配列解析

2012年度   次世代シーケンサを用いたコムギ(6B)BACライブラリのショットガン解析

2011年度   国産ダイズ品種エンレイの次世代シークエンサーによるゲノム解析

2011年度   国産ダイズ品種に利用可能なSNPマーカーの開発

2011年度   ニホンナシにおけるTRIM型レトロトランスポゾン配列の取得と品種識別マーカーへの利用

2011年度   NIASジーンバンクに保存されているダイズ遺伝資源の多様性評価. 1.農業形質に関わる既知の対立遺伝子変異の地理的分布

2011年度   ダイズコアコレクションの開発

2011年度   The b-conglycinin deficiency in wild soybean is associatedwith the tail-to-tail inverted repeat of the a-subunit genes

2011年度   イネソマクローナルバリエーションの全ゲノム塩基配列解析. VI. 挿入・欠失の検出

2011年度   全ゲノム塩基配列解析による再分化イネのソマクローナル変異解析-トランスポゾン転移とコピー数多型の検出-

2011年度   イネソマクローナルバリエーションの全ゲノム塩基配列解析. V.トランスポゾン転移の検出

2011年度   全ゲノム塩基配列解析によるイネソマクローナルバリエーションの解析 トランスポゾン転移の検出

2009年度   ダイズ高密度連鎖地図の構築 エンレイ x Peking F2 雑種集団の連鎖地図とWilliams 82 ゲノムアッセンブリとの比較

2009年度   ダイズ高密度連鎖地図の構築

2009年度   ダイズ開花関連遺伝子GmphyA3の多様性解析

2009年度   ダイズゲノム解析の現状~世界の状況も含めて

2008年度   ダイズ高密度連鎖地図の構築 1.エンレイ x Peking F2 雑種集団を用いたSSRマーカーによる連鎖地図の作成

2008年度   エンレイBACライブラリーを活用したダイズ物理地図データベースの作成

2007年度   イネのテロメア反復配列における染色体特異的な塩基置換

2007年度   植物の感光性遺伝子Hd1およびその利用

2005年度   Chromosome -specific nucleotide substitution of telomere repeats on rice chromosomes

2005年度   イネのテロメア長測定とテロメア周辺配列の解析

2005年度   イネゲノム解読困難領域の解析-テロメア領域及びセントロメア領域へのアプローチ

2005年度   RecAタンパク質による3本鎖形成反応を介したイネSSRの濃縮

2005年度   イネ日本晴のテロメア長測定とテロメア周辺配列の解析

2005年度   Sequencing and characterization of telomere and subtelomere regions on rice chromosomes 1S, 2S, 2L, 6L, 7L and 8S

2005年度   Random sheared fosmid library as a new genomic tool to accelerate complete finishing of

2005年度   Complete rice genome sequence and its application to genome biology

2004年度   イネ日本晴全ゲノムの95%をカバーする物理地図の完成

2000年度   Hd1, major photoperiod-sensitivity QTL in rice, encodes a protein with the structure of zinc finger transcription factor

2000年度   The rice genome sequencing project: construction of shotgun library

2000年度   Rice genomics: genetic and physical map and the current status of genome sequencing

2000年度   Sequence analysis of rice chromosome 1

2000年度   Sequence analysis of rice chromosome 6

2000年度   イネゲノム塩基配列解析ーII 第6および第1染色体由来PACクローンのシークエンシング

2000年度   イネ塩基配列解析におけるPACクローンからのショットガンライブラリーの作製とその評価

2000年度   The Pib gene for rice blast resistance belongs to the nucleotide binding and leucine-rich repeat class of plant disease resistance genes

2000年度   イネいもち病抵抗性遺伝子Pib

2000年度   イネいもち病抵抗性遺伝子Pib

2000年度   イネいもち病抵抗性遺伝子Pibの単離

2000年度   イネのいもち病抵抗性遺伝子Pib

2000年度   イネいもち病抵抗性遺伝子Pib

2000年度   植物の感光性遺伝子Hd1およびその利用

2000年度   Rice gene resistant to blast disease

2000年度   Hd1, a major photoperiod sensitivity quantitative trait locus in rice, is closely related to the Arabidopsis flowering time gene CONSTANS

2000年度   Sequence analysis of rice chromosomes 1 and 6

2000年度   ポジショナルクローニング法によるイネ感光性関連QTLの単離

2000年度   イネ出穂期の遺伝的制御機構解明へのゲノム生物学的アプローチ

2018年度   リンゴ果皮の赤色の濃さおよび着色面積の識別に有効なDNAマーカー

2017年度   リンゴにおける粉質化程度に関するDNAマーカーの開発

2017年度   ゲノミックセレクションのカンキツ育種での有効性

2017年度   キク栽培品種を利用した網羅的EST解析

2017年度   共生細菌による昆虫の性染色体の母系遺伝阻害を介した性操作

2017年度   次世代シーケンサーによる国内のコムギ育種向けゲノムワイドマーカーセット

2017年度   国産ダイズ品種の染色体断片置換系統群

2016年度   カラムナータイプのリンゴを正確に選抜できるDNAマーカーの開発

2016年度   ウンシュウミカンの親がキシュウミカンとクネンボであることをDNAマーカーで推定

2016年度   リンゴ「ふじ」のハプロタイプ家系解析で蜜入りなどの原因染色体領域を解明

2015年度   ネギの発現遺伝子配列を活用したDNAマーカー

2015年度   ルーメン内繊維分解部分では特定の糖質加水分解酵素群の遺伝子発現が高い

2014年度   極限乾燥耐性生物ネムリユスリカのゲノム概要配列の解読

2014年度   植物保護能力をもつ国内産バイオコントロール細菌の同定とゲノム解析

2014年度   SNPマーカーを利用したニホンナシ高密度連鎖地図

2013年度   長い塩基反復単位を持ち誤判定の少ないニホンナシの新規SSRマーカー

2012年度   レトロトランスポゾン挿入多型に基づくニホンナシの品種特異的DNAマーカー

2012年度   ニホンナシ葉緑体ゲノムの全塩基配列決定

2004年度   イネの全ゲノム塩基配列情報の完全解読

2003年度   イネセントロメアの塩基配列を解明

2002年度   イネゲノム重要部分の全塩基配列の解読終了

この記事は