下司雅也

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 領域長
氏名 下司雅也
連絡先(電話番号) 問い合わせは下記のメールアドレスでお願い致します。メールでのご使用が不可の方に関しては029-838-7424にてお問い合わせ下さい。
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001386
URL http://researchmap.jp/read0085760/
カテゴリ 受精卵移植 受胎率向上 肉牛 乳牛 繁殖性改善

研究情報

2013年度   Enhancement of maternal recognition of pregnancy with parthenogenetic embryos in bovine embryo transfer

2013年度   Effect of synchronization of donor cells in early G1-phase using shake-off method on developmental potential of somatic cell nuclear transfer embryos in cattle

2012年度   牛の人工授精における受胎率向上に向けて

2012年度   Supplementation of culture medium with l-carnitine improves development and cryotolerance of bovine embryos produced in vitro.

2012年度   Abnormal chromosome segregation at early cleavage is a major cause of the full-term developmental failure of mouse clones

2012年度   単為発生胚との共移植が凍結-融解後のウシ体内受精胚の受胎成績に及ぼす影響

2012年度   Binding of sperm to the zona pellucida mediated by sperm carbohydrate-binding proteins is not species-specific in vitro between pigs and cattle

2011年度   Effect of a single intrauterine administration of recombinant bovine interferon-t on day 7 of the estrous cycle on the luteal phase length and blood profile in dairy cows.

2011年度   Cytoskeletal abnormalities in relation with meiotic competence and ageing in porcine and bovine oocytes during in vitro maturation.

2011年度   Enhancement of lipid metabolism with L-carnitine during in vitro maturation improves nuclear maturation and cleavage ability of follicular porcine oocytes.

2011年度   Evidence of melatonin synthesis in the cumulus oocyte complexes and its role in enhancing oocyte maturation in vitro in cattle

2011年度   Follicular fluid supplementation during in vitro maturation promotes sperm penetration in bovine oocytes by enhancing cumulus expansion and increasing mitochondrial activity in oocytes

2011年度   Improvement of the developmental ability of nuclear transfer embryos by using blastomeres from in vitro fertilized embryos selected according to the early developmental stage and cell division status as donor cells in cattle

2011年度   The effect of ovary storage and in vitro maturation on mRNA levels in bovine oocytes; a possible impact of maternal ATP1A1 on blastocyst development in slaughterhouse-derived oocytes

2011年度   In vitro分化誘導実験に応用可能なブタES様細胞の特性解析

2010年度   発生培養液へのセリシン添加がウシ体外受精卵の発生および品質に及ぼす影響

2010年度   ウシ体外受精胚の凍結に及ぼす血清代替タンパク質”セリシン”の効果

2010年度   ウシ体外受精胚由来栄養膜小胞と胚との共移植が受胎率に及ぼす影響

2009年度   牛単為発生胚のインターフェロンτ分泌動態と耐凍性、

2009年度   生産現場における受胎に係る要因について

2009年度   永井卓生産現場における肉用牛の受胎率に関するアンケート調査結果から

2009年度   牛単為発生胚のインターフェロンτ分泌動態と耐凍性

2007年度   ブタ子宮内膜におけるエストロジェンレセプターに対するエストロジェン及びエストロジェン様化学物質の結合の競合

2004年度   成熟培地へのリノール酸アルブミン添加がウシ体外成熟卵子のガラス化保存後の生存性に及ぼす影響

2003年度   ウシ体外受精胚由来栄養膜小胞の子宮内投与が発情周期および血清中早期妊娠因子活性に及ぼす影響

2003年度   黒毛和種、日本短角種における成長ホルモン遺伝子型多型と産乳・哺育能力との関係

2003年度   ガラス化液へのPolyvinylpyrrolidoneの添加が体外受精由来ウシ胚盤胞のガラス化保存後の生存性に及ぼす影響

2003年度   ウシ体外受精胚由来栄養膜小胞の子宮内投与が発情周期および血清中早期妊娠因子活性に及ぼす影響

2002年度   ウシ子宮内膜の小丘および小丘間領域から単離した間質細胞の増殖性とその細胞外マトリックスの構築特性

2002年度   ガラス化液に添加したPolyvinylpyrrolidoneが体外受精胚の生存性に及ぼす影響

2002年度   組換え体ウシIFN-τの臨床応用に向けての有効投与量および投与時期の検討

2002年度   EPC-1遺伝子発現の分布と老化にともなう変動

2002年度   発情周期13日目子宮角への組換えウシインターフェロン-タウの1回投与が発情周期に及ぼす影響

2002年度   ウシ子宮内膜の小丘および小丘間領域から単離した間質細胞の増殖性とその細胞外マトリックスの構築特性

2002年度   ウシ笂の初期発生に及ぼすインターフェロンalphaの作用

2002年度   黒毛和種におけるインヒビン免疫が一次主席卵胞の発育時期に及ぼす影響

2002年度   ウシの黄体機能コントロールを目的とした組換えIFN-τの臨床評価?有効投与量と副作用について

2002年度   発情周期13日目子宮角内への組換えウシインターフェロンタウの1回投与が発情周期に及ぼす影響

2002年度   組換えウシインターフェロンτの子宮内連続投与は発情周期を延長させる

2001年度   組換えウシインターフェロン-タウの子宮内への連続投与が黄体機能に及ぼす影響

2001年度   バキュロウイルス発現系により作出した組換えウシインターフェロン-タウの子宮内投与が発情周期に及ぼす影響

2001年度   インヒビン免疫が牛の生体内卵子吸引に及ぼす影響

2001年度   ウシ子宮および胚におけるトロフィニンの発現

2001年度   培養ウシ栄養膜細胞のインターフェロンτ分泌動態と分泌促進因子の検索

2001年度   受胎・妊娠維持機構の解明

2001年度   主要研究成果(参考): 組換えウシインターフェロンτの子宮内連続投与は発情周期を延長させる

2001年度   ブタ子宮内膜におけるエストロジェンレセプターの局在と発情周期に伴う変化

2000年度   成熟培地へのリノール酸アルブミン添加がウシ体外成熟卵子のガラス化保存後の生存性に及ぼす影響

2000年度   Effects of cysteamine in non-serum maturation medium on the maturation and fertilization of bovine oocytes cultured with or without cumulus cells.

2000年度   Effects of Sodium Pyruvate in Nonserum Maturation Medium on Maturation, Fertilization, and Subsequent Development of Bovine Oocytes With or Without Cumulus Cells.

2000年度   In vitro culture of bovine preantral follicles.

2000年度   プロテインキナーゼAの刺激/抑制がウシ卵子の体外成熟に及ぼす影響

2000年度   ウシ裸化卵母細胞の体外成熟,受精及びその後の胚発生に及ぼす成熟培地条件の検討ならびに裸化卵母細胞由来胚盤胞の移植による子ウシの生産

2000年度   ウシの前核期胚におけるサイクリンBおよび透明帯タンパク質の遺伝子発現に及ぼすプロテインキナーゼAの関与

2000年度   Effects of intrauterine administration of recombinant bovine interferon-tau derived from baculovirus expression system on interestrous intervals in heifers.

2000年度   ウシにおける精子活力、受精ならびに前核形成に及ぼすベンゼン誘導体の影響

2000年度   成熟培地へのリノール酸アルブミン添加がウシ体外成熟卵子のガラス化保存後の生存性に及ぼす影響

2000年度   豚精漿は10℃での豚精液保存に有効である

2000年度   Addition of cysteamine to a serum -free maturation medium enhances in vitro development of IVM-IVF bovine oocytes

2000年度   体外受精胚由来栄養膜小胞の子宮内投与がウシの発情周期及び早期妊娠因子に及ぼす影響

2000年度   Effects of intrauterine transfer of bovine trophoblastic vesicles derived from IVM/IVF/IVC blastocysts on the estrus cycle and the early pregnancy factor in cows.

2000年度   Butyrolactone-I を用いて成熟を抑制させたブタ卵子の成熟再開

2000年度   ブタ未成熟卵子に対するButyrolactone-I(BL-I)の卵核胞崩壊(GVBT)抑制効果

2000年度   Butyrolactone-1 inhibits germinal vesicle breakdown of porcine oocyies cultured in vitro

2000年度   Development of cloned bovine embryos from nuclel of cumulus and muscle cell origin

2000年度   ブタ精漿中のSOD様活性および保存液中へのSODの添加が精子の運動性に及ぼす影響

2000年度   10℃保存ブタ精子の運動性および受精能の変化

2000年度   ウシの前核期胚におけるサイクリンBおよび透明帯タンパク質遺伝子発現に及ぼすプロテインキナーゼAの関与

2000年度   体外受精胚の追い移植により生産した双子産子の発育性

2000年度   数種の農薬成分がウシ精子活力および受精に及ぼす影響

2000年度   A comparison of in vitro culture of oocytes with surrounding cumulus and granulosa cells from bovine early antral follicles with same size whole follicles.

2000年度   マイクロドロップレット法による牛体外成熟卵子の保存におけるサイトカラシンD前処理の影響

2000年度   Butyrolactone-I inhibits germinal vesicle breakdown of porcine oocytes cultured in vitro.

2000年度   ブタ未成熟卵子に対するButyrolactone-Iの卵核胞崩壊抑制効果

2000年度   Addition of cysteamine to a serum-free maturation medium enhances in vitro development of IVM-IVF bovine oocytes.

2000年度   10℃保存ブタ精子の運動性および受精能の変化

2000年度   ブタ精漿中のSOD様活性および保存液へのSODの添加が精子の運動性に及ぼす影響

2000年度   Butyrolactone-Iを用いて成熟を抑制させたブタ卵子の成熟再開

2000年度   ウシ未成熟卵子の体外成熟に及ぼす成熟培地及び卵丘細胞の影響

2000年度   黒毛和種、日本短角種におけるκ-カゼイン遺伝子型と乳量の関係

2000年度   Development of cloned bovine embryos from nuclei of cumulus and muscle cell origin.

2000年度   体外受精胚由来栄養膜小胞の子宮内投与がウシの発情周期及び早期妊娠因子に及ぼす影響

2000年度   Effects of intrauterine transfer of bovine trophoblastic vesicles derived from IVM/IVF/IVC blastocysts on the estrus cycle and the early pregnancy factor in cows.

2000年度   パーコールを用いた牛凍結精子の効率的な生存分離方法

2000年度   体外受精胚の追い移植により生産した双子産子の発育性

2000年度   ウシの体外成熟・体外受精・体外培養技術

2000年度   牛における発情期の卵胞の吸引除去がその後の卵巣機能に及ぼす影響

2000年度   Effects of cytochalasin D on vitrification of bovine in vitro matured oocytes in microdroplet.

2015年度   ウシ体外成熟卵子の液状保存温度は25℃が発生能維持に有効である

2013年度   カイコ虫体発現系由来ウシインターフェロンτは妊娠認識に関わる生物活性をもつ

2013年度   ホルスタイン種体内成熟卵子と性選別精子による効率的な雌体外受精胚生産法

2012年度   L-カルニチンは牛体外受精卵の胚盤胞期への発生率と耐凍性を高める

2011年度   体外成熟培地へのウシ卵胞液添加はウシ体外成熟卵子のATP量を増加させる

2011年度   成熟培地へのメラトニン添加は、ウシ未成熟卵子の体外成熟率を向上させる

2009年度   ウシ栄養膜小胞の子宮内投与による黄体退行の抑制効果

2006年度   ほ乳期の黒毛和種・体細胞クローン後代雄牛における血液性状

2005年度   特異抗体を用いてウシインターフェロンτを測定できる

2003年度   ウシ子宮内膜上皮細胞のPGF2α産生能は部位により差がある

2002年度   インヒビン免疫はウシの生体内卵子吸引成績を向上させる

2002年度   インターフェロンτ添加はウシ体外培養胚の胚盤胞への発生率を高める

2002年度   簡単にウシ子宮内膜上皮細胞を分離する方法

2001年度   組換えウシインターフェロンτの子宮内連続投与は発情周期を延長させる

2000年度   無血清培地で成熟培養した裸化未成熟卵子由来胚盤胞の移植による子ウシの生産

2000年度   マイクロドロップレット法を用いたウシ卵割期胚の凍結保存

2000年度   無血清成熟培地へのシステアミン添加は、ウシ体外成熟・受精卵の発生率を向上させる

2010-2012年   [農林水産省 農林水産技術会議]   生体内吸引卵子と性選別精子を用いた効率的な体外受精卵生産技術の開発

2004-2005年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ウシ栄養膜細胞を用いたインターフェロンタウ産生バイオリアクター構築に関する研究

この記事は