和田早苗

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 和田早苗
連絡先(電話番号) 問い合わせはメール(メールアドレス「nias-renkei@naro.affrc.go.jp」)でお願い致します。メールでのご使用が不可の方に関しては029-838-7424にてお問い合わせ下さい。
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001382
URL http://researchmap.jp/swan1606/
http://www.nias.affrc.go.jp/org/DivInsect/Insect-Microbe/
カテゴリ カイコ キャベツ 病害虫防除 その他のかんきつ

研究情報

2013年度   昆虫の病原糸状菌抵抗性機構と昆虫病原糸状菌の昆虫への感染機構

2012年度   昆虫病原糸状菌Beauveria brongniartiiに対するカイコの抵抗性機構

2012年度   ドウガネブイブイ昆虫ポックスウイルスの封入体の活性-BT剤殺虫活性へのスピンドルの効果を中心に-

2011年度   BT剤の紫外線安定性に及ぼす展着剤の影響

2010年度   BT剤と蛍光ランプを用いた紫外線保護物質の探索

2010年度   カイコの持つ劣勢のCry1Ab毒素抵抗性遺伝子の究明:トランスジェニックカイコを用いたCry1Ab毒素抵抗遺伝子の検証

2010年度   カイコのゲノム情報を利用したBeauveria brongniartii菌抵抗性遺伝子の探索

2008年度   トランスジェニックカイコを用いた BtCry1Ab 毒素に対するカイコ抵抗性遺伝子の究明

2008年度   BT剤の紫外線に対する安定性の評価-室内照射試験の結果をもとに

2007年度   Bacillus thuringiensis製剤の紫外線による生物活性低下を抑制する保護物質の探索

2007年度   Bacillus Thuringiensis産生毒素Cry1Abに対するカイコの抵抗性遺伝子座位情報の高度化

2007年度   鱗翅目昆虫リュウキュウムラサキ個体群におけるWolbachiaによる雄殺し作用の時間的変化

2007年度   BT製剤の紫外線に対する安定性とその保護物質の室内評価について

2007年度   SNPマーカーを利用したBeauveria brongniartii菌抵抗性遺伝子の連関検索

2007年度   昆虫病原糸状菌Beauveria brongniartii感受性および抵抗性カイコ幼虫の血球で発現する遺伝子の比較

2006年度   ニ酸化塩素水溶液の蚕病病原に対する不活化効果とその実用化に向けて

2006年度   バキュロウイルス発現系で発現させたフゾリンによる昆虫ポックスウイルス感染力の増進

2006年度   昆虫ポックスウイルス(EPV)封入体のEPV宿主囲食膜への作用の検討

2006年度   電子顕微鏡によるドウガネブイブイ及びカイコ幼虫の囲食膜の観察

2006年度   昆虫ポックスウイルス fusolin 遺伝子のバキュロウイルス発現系の確立と発現タンパク質の核多角体病ウイルス感染力の増進活性

2006年度   次亜塩素酸ナトリウムおよび電解水による数種蚕病病原体の不活化試験

2006年度   Bacillus Thuringiensisの産生するCry1Ab毒素に対するカイコの抵抗性遺伝子について

2006年度   Bt菌の数種Cry1毒素およびCry2Aa毒素に対するカイコの感受性変異について

2005年度   地理的蚕品種の3種の昆虫病原糸状菌に対する感受性変異の関連性

2005年度   カイコ遺伝資源の病原抵抗性変異-特にボーベリア菌とBt菌毒素抵抗性変異について-

2005年度   春切りクワにおける1-デオキシノジリマイシンの採取時期および葉位変動について

2004年度   Myrothecium roridum、M. verrucariaの産生マイコトキシンによるグルーピング

2004年度   クワ葉中のデオキシノジリマイシンの検出・定量法の改良

2004年度   昆虫病原糸状菌の凍結乾燥による20年間保存

2004年度   蚕品種の地理的分布とBt菌Cry1Ab型毒素感受性の関連性について

2004年度   カイコ地理的品種および眠性種のCry1Ab感受性について

2004年度   カイコ病死虫体内におけるBacillus thuringiensis の芽胞形成について

2003年度   Discrimination of Japanese isolates of Beauveria brongniartii (Deuteromycotina: Hyphomycetes) by RFLP of the rDNA-ITS regions (日本産Beauveria brongniartii菌株のrDNA-ITS領域におけるRFLP解析)

2002年度   Beauveria brongniartii が産生する毒素タンパク質およびBt菌δ-内毒素の毒素活性検定に有効な昆虫培養細胞系の探索

2002年度   地理的蚕品種の Beauveria brongniartii に対する感受性差異

2002年度   地理的蚕品種「赤蚕」のB. brongniartii に対する齢期別感受性

2002年度   昆虫病原糸状菌 Beauveria brongniartii に対する抵抗性の蚕品種間差異

2000年度   Granulovirus-infected larvae of Pseudaletia separata (Lepidoptera: Noctidae) produce factor(s) toxic to an endoparasitoid, Cotesia kariyai (Hymenoptera: Braconidae)

2000年度   クワアザミウマによる桑葉の被害とそのクワ品種間差異

2000年度   蚕品種のBacillus thuringiensis Cry1Aa及びCry1C型δ-内毒素に対する感受性について

2000年度   Bacillus thuringiensis Cry1Ab型δ-内毒素に対するカイコの抵抗性遺伝子の連関分析

2000年度   蚕品種のBacillus thuringiensis Cry1Ab型δ-内毒素に対する感受性差異

2000年度   Bacillus thuringiensis Cry1Ab型δ-内毒素に対するカイコの抵抗性遺伝子の遺伝様式

2000年度   Beauveria bassiana 培養上清硫安塩析画分に対する抗血清を用いた Beauveria属糸状菌の識別について

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   コナガの薬剤及び天敵微生物耐性獲得機構解明への分子遺伝学的アプローチ

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   リポフェクションによる昆虫個体への簡便な遺伝子導入・遺伝子機能解析技術の開発

この記事は