神村学

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 神村学
連絡先(電話番号) 029-838-6026
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001376
URL http://researchmap.jp/insect
カテゴリ 害虫 栽培技術 病害虫防除 防除 その他の花き・花木・観葉植物 その他の果樹 その他の野菜

研究情報

2013年度   Establishment of transgenic silkworms expressing GAL4 specifically in the haemocyte oenocytoid cells.

2011年度   JH応答配列を利用した新規IGRスクリーニングシステムの開発

2008年度   カイコ培養細胞におけるKr-h1遺伝子の幼若ホルモンに対する応答性

2007年度   カイコ培養細胞株の幼若ホルモンに対する応答

2007年度   カイコ培養細胞からのJH誘導性遺伝子の同定と発現解析

2007年度   緑きょう病菌由来エクジステロイド22位酸化酵素とそれを用いた脱皮ホルモン不活性化システム

2007年度   緑きょう病菌由来エクジステロイド22位酸化酵素とそれを用いた脱皮ホルモン不活性化システム

2007年度   カイコ幼虫における昆虫サイトカインparalytic peptideの活性化機構の解明

2006年度   マイクロアレイ解析によるカイコ培養細胞からのJH誘導性遺伝子の同定

2006年度   カイコ血球のフローサイトメータによる解析と血球種マーカーの探索

2004年度   カイコ真皮細胞のフローサイトメーターによる解析

2004年度   カイコ真皮細胞のフローサイトメーターによる解析

2004年度   幼若ホルモンの分子的作用機構-特に脱皮・変態の制御について-

2002年度   昆虫の成長因子ーカイコ麻痺ペプチド(BmPP)、アワヨトウ発育阻害ペプチド(GBP)の生理機能を中心にー

2002年度   カイコBroad-Complex cDNAのクローニングと脱皮・変態過程における発現解析

2001年度   A new chitinase-related gene, BmChiR1, is induced in the Bombyxmori anterior silk gland at molt and metamorphosis by ecdysteroid

2001年度   Inactivation or removal of the budded particles of a nuclear polyhedrosis virus of a silkworm. Bombyx mori L.(Lep.,Bombycidae)

2001年度   Molecular cloning of silkworm paralytic peptide and its developmental regulation

2000年度   Establishment of a novel bombyx mori cell line that reacts hemolymph and changes cell form.

2000年度   Establishment of a novel Bombyx mori cell line that reacts hemolymph and changes cell form.

2000年度   Cloning of metamorphosis-specific ecdysteroid-inducible genes from Bombyx silk gland and their hormonal regulation

2000年度   カイコ麻痺ペプチドの生理作用

2000年度   カイコ麻痺ペプチドの麻痺活性と発現変動

2000年度   カイコ麻痺ペプチド(BmPP)はプラズマ細胞を伸展させるか

2000年度   カイコ血液性幼若ホルモン結合タンパクの性質とクローニング

2000年度   Expression of ecdysone receptor isoforms and trehalase in the anterior silk gland of Bombyx mori during an extra larval molt and precocious pupation induced by 20-hydroxyecdysone administration.

2000年度   蛹化特異的に発現が抑制されるプロテアーゼインヒビター相同体cDNAの単離

2000年度   カイコ前部糸腺におけるBm18 sheelerの蛹化時特異的転写活性調節

2000年度   蛹化過程の絹糸腺で特異的に発現するP450(CYP9G1) cDNAの単離

2000年度   緑きょう病菌による脱皮ホルモンの不活性化

2000年度   緑きょう病菌によるカイコの脱皮・変態の阻害機構

2000年度   カイコ血液性幼若ホルモン結合タンパクの性質とクローニング

2014-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   脱皮ホルモンの消失が休眠を誘導し耐寒性を強める分子機構-遺伝子カスケード-の解明

2014-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   コガネムシの構造色発色を支える分子機構/遺伝子基盤の解明

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   リポフェクションによる昆虫個体への簡便な遺伝子導入・遺伝子機能解析技術の開発

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   絹糸腺の解毒、排泄および生体防御における機能の解明

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   昆虫の休眠における脱皮ホルモンの役割の解明

この記事は