田村泰盛

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き ユニット長
氏名 田村泰盛
連絡先(電話番号) 029-838-6026
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001365
URL http://researchmap.jp/yasumori_tamura/
http://www.nias.affrc.go.jp/press/2014/20141029/
http://column.odokon.org/2016/0414_145000.php
http://www.nature.com/articles/srep05872
カテゴリ 害虫 水稲 抵抗性 低コスト 品種 病害虫防除

研究情報

2010年度   トビイロウンカ抵抗性遺伝子Bph3を保有する水稲中間母本農10号のグラフ遺伝

2009年度   LC-MSによる地域型蚕品種の繭層フラボノイドの解析

2009年度   インド型イネ品種Nona Bokraのツマグロヨコバイ抵抗性発現部位の解析

2009年度   繭層フラボノイドの生理生態学的機能-紫外線遮蔽効果について

2008年度   ツマグロヨコバイ唾液腺のβ-グルコシダーゼ遺伝子の多型

2007年度   色繭セリシン蚕の開発とその特性

2007年度   ツマグロヨコバイ頭部からのβ-グルコシダーゼの精製

2007年度   ツマグロヨコバイが摂食時に唾液として吐出する新規タンパク質の特性

2006年度   ツマグロヨコバイ唾液腺に由来するラッカーゼ-1遺伝子の各組織での発現量の差異と大腸菌による発現

2006年度   ツマグロヨコバイ唾液腺に由来するラッカーゼ-1遺伝子の各組織での発現量の差異と大腸菌による発現

2006年度   ツマグロヨコバイ唾液腺で特異的に発現するラッカーゼcDNAのクローニング

2006年度   食べられてしまった植物が昆虫を体内から消化する?-パパイア乳液が鱗翅目幼虫に対して示す致死毒性発現機構について

2006年度   クワ乳液中に高濃度に存在する1,4-dideoxy-1,4-imino-D-arabinitol(DNJ)等の糖類似アルカロイドはクワの耐虫性を担う

2006年度   クワ乳液中に高濃度で存在するD-AB1やDNJなど糖類似アルカロイドの乳液内での存在様式及び乳液の毒性における糖類似アルカロイドの寄与度

2006年度   クワ科植物の多様な乳液成分が被食防衛に果たす役割

2006年度   植物乳液および乳液中のタンパク質・二次代謝物質は虫害抵抗性において決定的に重要である:パパイア乳液中のシステインプロテアーゼとクワ乳液中の糖類似アルカロイドの役割

2006年度   クワ乳液が有する高分子耐虫性因子の諸性状

2006年度   植食性昆虫の成育を阻害するクワ乳液が有するタンパク質群の酵素活性について

2005年度   Laccase-type phenoloxidase in salivary glands and watery saliva of the green rice leafhopper, Nephotettix cincticeps

2005年度   ツマグロヨコバイの唾液に由来するラッカーゼ1遺伝子の各種組織での発現量の差異と大腸菌による発現

2005年度   トビイロウンカの唾液腺タンパク質の総括的解析

2004年度   キク科植物におけるブタクサハムシ摂食刺激物質の分布と寄主選好性との関係

2004年度   クワも乳液で昆虫の食害から身を守る-クワ乳液中に高濃度に存在する糖アナログアルカロイドがクワ耐虫性に果たす役割

2004年度   ツマグロヨコバイ唾液腺に含まれるβ-グルコシダーゼの特性について

2004年度   ブタクサハムシが摂食刺激物質を含有するキク科植物を食害する可能性

2002年度   ブタクサに含まれるブタクサハムシの摂食刺激物質

2001年度   Flavonoid 5-glucosides from the cocoon shell of the silkworm, Bombyx mori

2000年度   笹繭Multi-Biのフラボノイド(3)

2000年度   Carotenogenesis Pathway of Novel Carotenoid Glucoside Mycolic Acid Esters in Rhodococcus rhodochrous Using Carotenogenesis Mutants and Inhibitors.

2000年度   笹繭Multi-Biのフラボノイド(2)

2000年度   笹繭と緑繭に含まれるフラボノイドの差異

2000年度   Analysis of the major flavonoids present in the raw silk reeled from the yellow colored cocoon shell of the silkworm, Bombyx mori

2000年度   顔料着色繭繰製後の色性状とそれによる製品化

2000年度   織物上における節発現のシミュレーションによる検証

2000年度   細繊度黄繭種の5齢期給桑量と繭糸質

2000年度   繭整斉度計測システムの開発

2000年度   笹繭Multi-Biのフラボノイド(2)

2000年度   笹繭と緑繭に含まれるフラボノイドの差異

2000年度   Analysis of the major flavonoids present in the raw silk reeled from the yellow colored cocoon shell of the silkworm, Bombyx mori

2000年度   顔料着色繭繰製後の色性状とそれによる製品化

2000年度   織物上における節発現のシミュレーションによる検証

2000年度   細繊度黄繭種の5齢期給桑量と繭糸質

2000年度   繭整斉度計測システムの開発

2000年度   Physical properties of the raw silk and fabric made from cocoons reared on all instar artificial diet

2000年度   Physical properties of the raw silk and fabric made from cocoons reared on all instar artificial diet

2000年度   平成10年度真綿の品質評価に関する研究・報告書

2000年度   真綿の品質評価に関する研究報告書

2000年度   笹繭Multi-Biのフラボノイド(3)

2000年度   生糸糸条の節発生状態と織物上に発現する節パターン

2000年度   繭糸による立体形状構造物の製造方法並びに装置

2000年度   繭糸による立体形状構造物の製造方法並びに装置

2000年度   繭糸による立体形状構造物の製造方法並びに装置

2000年度   Analysis of the major flavonoids present in the raw silk reeled from the yellow colored cocoon shell of the silkworm, Bombyx mori

2000年度   笹繭Multi-Biのフラボノイド(2)

2000年度   笹繭と緑繭に含まれるフラボノイドの差異

2000年度   笹繭Multi-Biのフラボノイド

2000年度   ブタクサを含むキク科植物のメタノール抽出物に対するブタクサハムシの摂食反応

2000年度   Development of new silk materials for uses other than clothing

2000年度   繭糸を原料とする平面絹“プレスドシルク”

2000年度   生糸またはハイブリッドシルクを用いたシルクブラシ類

2000年度   キトサン付着処理による繭糸の改変

2000年度   植物染料の抗菌性試験

2000年度   Analysis of the flavonoids in the cocoon shell of the silkworm,Bombyx mori.

2000年度   カイコ繭層に含まれる新規フラボノイド配糖体

2000年度   キトサン付着処理による繭糸の改変

2000年度   植物染料の抗菌性試験

2000年度   細繊度黄繭種の5齢期給桑量と繭糸質

2000年度   笹繭Multi-Biのフラボノイド(2)

2000年度   笹繭と緑繭に含まれるフラボノイドの差異

2000年度   Analysis of the major flavonoids present in the raw silk reeled from the yellow colored cocoon shell of the silkworm, Bombyx mori

2000年度   繭整斉度計測システムの開発

2000年度   織物上における節発現のシミュレーションによる検証

2000年度   顔料着色繭繰製後の色性状とそれによる製品化

2000年度   生糸糸条の節発生状態と織物上に発現する節パターン

2000年度   繭糸から直接作製するインテリア用の絹新素材

2000年度   平成10年度真綿の品質評価に関する研究・報告書

2000年度   真綿の品質評価に関する研究報告書

2000年度   平成10年度真綿の品質評価に関する研究

2000年度   生糸糸条の節発生状態と織物上に発現する節パターン

2000年度   笹繭Multi-Biのフラボノイド(3)

2000年度   Physical properties of the raw silk and fabric made from cocoons reared on all instar artificial diet

この記事は