小瀧豊美

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 小瀧豊美
連絡先(電話番号) 問い合わせは下記のメールアドレスでお願い致します。メールでのご使用が 不可の方に関しては029-838-7424にてお問い合わせ下さい。
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001359
URL https://researchmap.jp/read0004085/
カテゴリ 大豆 病害虫防除 その他の果樹

研究情報

2013年度   オープンフィールド試験はチャバネアオカメムシPlautia stali (Scott)の走光性評価に有効である.

2012年度   日本応用動物昆虫学会賞

2010年度   ケブカアカチャコガネにおけるオス付属腺分泌物の役割

2009年度   カメムシ由来の新規幼若ホルモンの構造決定

2009年度   チャバネアオカメムシのJHネットワーク遺伝子の同定と機能解析

2009年度   特定波長に対するチャバネアオカメムシの光応答反応;活動リズムと走光性

2004年度   第21章 休眠とホルモン

2000年度   特許

2000年度   遺伝子Any-RFならびに休眠制御物質およびその製造法

2000年度   カメムシ類における卵吸収とその調節機構:絶食による誘起と体液・卵巣タンパク質の変化

2000年度   チャバネアオカメムシの成虫休眠と体色変化-幼若ホルモンによる制御

2000年度   カメムシ類における卵吸収とその調節機構:卵黄タンパク質の挙動

2000年度   Relationships between JH-biosynthetic activity of the corpora allata in vitro, their size and adult diapause in a stink bug, Plautia crossota stali Scott.

2000年度   Environmental and endocrine control of adult diapause in the brown-winged green bug, Plauta crossota stali Scott.

2000年度   カメムシ類における卵吸収とその調節機構:絶食による誘起と体液・卵巣タンパク質の変化

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   セミ類における幼若ホルモンの解明:ウンカ・ヨコバイ類の特異的制御剤開発を目指して

2007-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   昆虫の卵形成制御に関与するタンパク質分解酵素の性状及び活性調節機構の解明

この記事は