篠田徹郎

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き ユニット長
氏名 篠田徹郎
連絡先(電話番号) 029-838-6026
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001358
URL http://researchmap.jp/shinodat
カテゴリ カイコ 水稲 病害虫防除 その他の野菜

研究情報

2012年度   肉眼で判別できるカイコの遺伝子組換えマーカーの開発

2012年度   JH受容体を標的とした新規IGRスクリーニング系の開発

2012年度   変態抑制作用を有するKru"ppel homolog1遺伝子の機能解析

2012年度   JHシグナリング解析に有用なコクヌストモドキ細胞株の樹立

2012年度   ノックアウトカイコ作出によるJHシグナリングの分子機構の解析

2012年度   エクジステロイド生合成酵素遺伝子の発現に関わるハエ目特異的新規ジンクフィンガータンパク質の機能解析

2011年度   トビイロウンカのイミダクロプリド抵抗性機構の現状:P450酵素遺伝子の高発現

2011年度   JH応答配列を利用した新規IGRスクリーニングシステムの開発

2011年度   野蚕生体を宿主とするバキュロウイルスベクターを用いた構造解析用タンパク質生産及び精製技術開発に関する研究

2011年度   RNAiによるトビイロウンカの新規殺虫剤標的遺伝子の探索

2011年度   カイコの2眠変異体は幼若ホルモン生合成能の欠損によって早熟変態を起こす

2011年度   前胸腺で特異的に発現する新規遺伝子群の同定とエクジステロイド生合成における機能の解明

2010年度   幼若ホルモン生合成・作用機構研究の最近の進歩

2009年度   カイコ光沢不眠蚕遺伝子nm-gはエクジソン生合成に関わるshort-chain dehydrogenase/reductaseをコードする

2009年度   チャバネアオカメムシのJHネットワーク遺伝子の同定と機能解析

2009年度   昆虫ホルモン作用メカニズムの解明とIGR開発への利用 公開シンポジウム「ポストゲノム時代の害虫防除研究のあり方」

2009年度   トランスジェニックカイコを用いたKr ppel homolog 1遺伝子のin vivo機能解析

2008年度   カイコ培養細胞において幼若ホルモンにより誘導されるbHLH転写因子群

2008年度   DNAマイクロアレイを用いたカイコのアラタ体および前胸腺のtranscript解析

2008年度   DNAマイクロアレイを用いたカイコにおけるアラタ体特異的遺伝子の網羅的探索

2008年度   カイコ培養細胞におけるKr-h1遺伝子の幼若ホルモンに対する応答性

2008年度   カイコKrppel homolog 1遺伝子の皮膚における発現変動とホルモンによる制御

2008年度   カイコCYP15C1恒常発現株を用いたJH生合成阻害剤のスクリーニング

2008年度   カイコゲノム情報利用した幼若ホルモンネットワーク遺伝子の解明

2008年度   昆虫幼若ホルモンネットワーク遺伝子の解明と応用

2008年度   幼若ホルモンネットワーク遺伝子の網羅的解析と創農薬への利用

2008年度   幼若ホルモン生合成系・作用系遺伝子研究の現状と展望

2008年度   マイクロアレイを用いたカイコ皮膚におけるJH応答性遺伝子の解析

2008年度   幼若ホルモン活性化合物によるコクヌストモドキKrppel homolog 1遺伝子の発現誘導性

2008年度   新規カイコ44kマイクロアレイを用いたJH合成酵素遺伝子の探索

2008年度   トランスジェニックカイコを用いたJHAMT遺伝子のin vivo機能解析

2008年度   前胸腺でのエクジソン生合成に必須の役割を担う新規酵素の同定

2007年度   カイコ培養細胞株の幼若ホルモンに対する応答

2007年度   カイコ培養細胞からのJH誘導性遺伝子の同定と発現解析

2007年度   カイコ幼若ホルモンエステラーゼの類縁遺伝子解析

2007年度   カイコ幼若ホルモンエポキシドヒドラーゼ類縁遺伝子の探索と機能の解析

2007年度   哺乳動物レチノイン酸結合タンパク質のカイコにおけるホモログの遺伝子解析と機能に関する考察

2007年度   カイコ幼若ホルモン結合タンパク質類縁遺伝子の網羅的発現解析

2007年度   カイコゲノム情報に基づくシトクロームP450遺伝子の解析

2007年度   LC-MSによる重水素化内標準を用いた幼若ホルモン定量法の開発

2007年度   幼若ホルモン(JH)シグナリングにおけるJH誘導性転写因子Kr-h1の役割

2007年度   カイコの眠性変異体の分子遺伝学的解析 平成20年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会

2007年度   カイコ幼若ホルモンエポキシドヒドラーゼ(jheh)類縁遺伝子の解析

2006年度   ツマグロヨコバイ唾液腺に由来するラッカーゼ-1遺伝子の各組織での発現量の差異と大腸菌による発現

2006年度   コクヌストモドキJHAMT遺伝子のクローニングとRNAiによる機能解析

2006年度   ツマグロヨコバイ唾液腺に由来するラッカーゼ-1遺伝子の各組織での発現量の差異と大腸菌による発現

2006年度   ツマグロヨコバイ唾液腺で特異的に発現するラッカーゼcDNAのクローニング

2006年度   カイコのアラタ体における幼若ホルモン生合成酵素と転写因子E75の発現解析

2006年度   カイコのアラタ体における転写因子の発現解析およびホルモン制御

2006年度   カイコファルネソール酸エポキシダーゼの発現と機能解析

2006年度   マイクロアレイ解析によるカイコ培養細胞からのJH誘導性遺伝子の同定

2006年度   コクヌストモドキJHAMT遺伝子の発現解析および機能解析

2006年度   昆虫幼若ホルモン後期合成経路にかかわる遺伝子の探索

2006年度   コクヌストモドキJHAMT遺伝子のクローニングとRNAiによる機能解析

2006年度   幼若ホルモン酸メチルトランスフェラーゼハイスループットアッセイ系の検討

2006年度   カイコRasタンパク質の遺伝子解析

2005年度   ツマグロヨコバイの唾液に由来するラッカーゼ1遺伝子の各種組織での発現量の差異と大腸菌による発現

2004年度   Molecular characterization of juvenile hormone biosynthetic pathway genes in Bombyx mori

2004年度   タマネギバエの耐寒性とchaperonin

2004年度   ハスモンヨトウ・オオタバコガのJH酸メチル基転移酵素の解析

2004年度   遺伝子発現ネットワーク推定システムの構築

2004年度   昆虫ゲノム・ESTデータからの遺伝子情報の取得

2004年度   幼若ホルモン生合成パスウェイジーンの解析とゲノム創農薬

2004年度   幼若ホルモン酸メチルトランスフェラーゼの遺伝子発現解析

2004年度   3種カブリダニに悪影響のない薬剤の選択

2003年度   昆虫変態のかぎをにぎる幼若ホルモン合成酵素遺伝子

2002年度   ハルザキヤマガラシサポニンおよび類縁サポニンのコナガ摂食阻害活性

2002年度   カイコのアラタ体から単離した発育時期特異的遺伝子とその発現特性

2002年度   カイコBroad-Complex cDNAのクローニングと脱皮・変態過程における発現解析

2001年度   ハルザキヤマガラシに含まれるコナガ摂食阻害物質

2001年度   佐賀県におけるトマト黄化葉巻病の発生経過とその要因について

2001年度   ディファレンシャル・ディスプレイ法を用いた脱皮・変態特異的遺伝子の探索

2001年度   ハルザキヤマガラシに含まれるコナガ幼虫摂食阻害物質の単離

2001年度   アブラナ科外来雑草ハルザキヤマガラシのコナガ抵抗性機構

2001年度   Searching for developmentally regualted genes in prothoracic galnds and corpora allata in the silkmoth, Bombyx mori, by differnetial display analysis

2001年度   Isolation of a feeding deterrent in the wintercress, Barbarea vulgaris (Brassicaceae) to a crucifer specialist, Plutella xylostella

2000年度   Characterization of a recombinant insect chitinase and baculovirus chitinase

2000年度   害虫防除剤及び害虫抵抗性植物

2000年度   バキュロウイルスにより発現したハスモンヨトウ・キチナーゼ及びバキュロウイルス・キチナーゼの性質

2000年度   研究室紹介:野菜・茶業試験場環境部虫害研究室

2000年度   Characterization and DNA binding properties of GRF, a novel monomeric binding orphan receptor related to GCNF and bFTZ-F1.

2000年度   Juvenile hormone modulates 20-hydroxyecdysone-inducible ecdysone receptor and ultraspiracle gene expression in the tobacco hornworm, Manduca sexta.

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   遺伝子ノックアウト技術で拓く幼若ホルモン研究の新展開

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   昆虫ウイルスによる宿主内分泌系操作の新規機構解明

2005-2009年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   幼若ホルモンネットワーク遺伝子の解明と制御

2005-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   昆虫幼若ホルモン(JH)の特異的阻害剤の開発とそれらを利用したJH作用機構の解明

1995-1997年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   幼若ホルモンによる遺伝子調節の分子機構:幼若ホルモンリセプター・応答配列・転写因子の同定とその機能

この記事は