中島信彦

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 研究領域長
氏名 中島信彦
連絡先(電話番号) 問い合わせは下記の電子メールアドレスでお願い致します。電子メール使用ができない方は029-838-7424にお問い合わせ下さい。
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001357
URL http://researchmap.jp/read0135752
http://www.naro.affrc.go.jp/nias/index.html
http://cropgenome.project.affrc.go.jp/kenkyu/koubo/prm.html
カテゴリ 水稲 病害虫防除 その他の野菜

研究情報

2012年度   イネ吸汁応答性トビイロウンカグルコーストランスポーターの同定

2012年度   ピーマン葉脈黄化ウイルスのワタアブラムシ(Aphis gossypii)からの検出について

2012年度   トビイロウンカ(Nilaparvata lugens)から検出されたイフラウイルスについて

2012年度   ヒメトビPウイルス複製酵素タンパク質前駆体の3Cプロテアーゼによる切断点の予測および同定

2012年度   イネグラッシースタントウイルス―トビイロウンカ間で相互作用するタンパク質の探索

2011年度   ウンカ類によるウイルス媒介に関する研究の現状と展望

2011年度   イネラギットスタントウイルスのタンパク質に結合するトビイロウンカタンパク質の探索

2011年度   The genome sequence of pepper vein yellows virus (family Luteoviridae, genus Polerovirus)

2010年度   ピーマン葉脈黄化病ウイルスの全ゲノム解読

2010年度   picorna-like viruses研究:これまでの進展と今後の課題

2009年度   イネの害虫トビイロウンカの Facilitative sugar transporter

2008年度   PSIVゲノムRNAの3’-UTRによる翻訳促進機構の解析:促進をもたらす構造エレメントの同定

2008年度   ジシストロウイルスの複製酵素前駆体タンパク質内の切断点解析

2007年度   昆虫RNAウイルスIGR-IRESを介した翻訳開始におけるtRNA結合機構

2007年度   昆虫ウイルスRNAの開始因子非依存型翻訳は3'UTRのシス因子により促進される

2006年度   開始コドンを必要としない昆虫ウイルスIRESを用いたタンパク質合成系の研究:3'UTRの必要性

2006年度   昆虫ウイルスRNA IGR-IRESの18S rRNA helix18の機能構造への影響

2006年度   単子葉植物の超迅速形質転換法

2005年度   ほとんどのジシストロウイルスは複数のVPg遺伝子をもつ

2005年度   ジシストロウイルスのリボソーム内部進入部位を利用したelongator tRNAによるタンパク質の合成開始

2005年度   ジシストロウイルスのIGR-IRESと相互作用する40Sリボソームタンパク質

2004年度   mRNAの高次構造に依存した特殊な翻訳開始の機構解析

2004年度   カイコ培養細胞におけるarpc2 (arc-p34) 遺伝子の転写誘導

2004年度   ジシストロウイルスのIGR-IRESと相互作用する40Sリボソーム上の部位

2004年度   昆虫RNAウイルスのIRESを介した外来遺伝子の翻訳

2002年度   IGR-IRES翻訳開始機構の解析と構造モデルのウイルス間差異

2002年度   PSIV-IRESの化学修飾による構造解析

2002年度   外被タンパク質遺伝子が昆虫RNAウイルス由来リボソーム内部進入部位による翻訳に及ぼす影響

2002年度   昆虫RNAウイルスIGR-IRESとリボソームとの結合機構に関する研究

2002年度   Effect of the capsid coding sequence on methionine-independent initiation of translation mediated by IGR-IRES of PSIV

2001年度   無細胞タンパク質合成手段

2000年度   Methionine-independent initiation of translation in the capsid protein of an insect RNA virus

2000年度   蛋白質への翻訳活性を促進するDNAおよび該DNAを用いて蛋白質遺伝子から効率よく蛋白質を合成させる方法

2000年度   Determining the nucleotide sequence and capsid-coding region of Himetobi P virus: a member of a novel group of RNA viruses that infect insects

2000年度   A tertiary structure model of the internal ribosome entry site (IRES) for methionine-independent initiation of translation

2000年度   昆虫新規ウイルス群の蛋白質合成開始の機構

2000年度   IRES-mediated methionine-independent initiation of translation in insect RNA viruses

2000年度   Tertiary structure analysis of PSIV-IRES for the capsid protein gene

2000年度   チャバネアオカメムシ腸管ウイルス(PSIV)外被蛋白質遺伝子IRESの高次構造の解析

2000年度   チャバネアオカメムシ腸管ウイルス(PSIV)の5’側非翻訳領域の解析

2000年度   メチオニン以外のアミノ酸から蛋白質合成を開始する昆虫RNAウイルス

2000年度   メチオニンに依存しないウイルス外被蛋白質遺伝子翻訳開始機構

2000年度   蛋白質合成開始の新しいしくみを発見

2000年度   昆虫ウイルス由来のリボソーム内部進入領域の構造

2000年度   昆虫小型RNAウイルス遺伝子の翻訳開始機構の特異性

2000年度   昆虫ウイルスの新翻訳開始機構

2000年度   コオロギ麻痺病様ウイルス類の外被タンパク質遺伝子の翻訳を開始するリボソーム内部進入配列の高次構造

2000年度   チャバネアオカメムシ腸管ウイルス外被タンパク質遺伝子の翻訳開始アミノ酸の解析

2000年度   昆虫小型RNAウイルス外被蛋白質遺伝子のAUGコドンを介さない翻訳開始

2000年度   Determining the nucleotide sequence and capsid-coding region of Himetobi P virus: a member of a novel group of RNA viruses that infect insects

2014-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   トビイロウンカRNAウイルス類の宿主RNA干渉抑制因子の同定と作用機構の解析

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物病原ウイルス媒介昆虫のウイルス相互作用タンパク質の探索

2001-2005年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   非メチオニン型翻訳開始機構の解析とその利用法の開発

この記事は