光原 一朗

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 光原 一朗
連絡先(電話番号) 029-838-7419
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001351
URL http://researchmap.jp/read0006023/
カテゴリ 水稲 トマト 病害虫防除

研究情報

2012年度   遺伝子の働きをコントロール?~遺伝子組換え技術~

2012年度   ハダニ抵抗性誘導物質の探索

2012年度   酵母分解産物中に見出された青枯病抑制物質の単離・同定

2012年度   タバコモザイクウイルス抵抗性に果たすジャスモン酸の役割

2012年度   WIPK/SIPK抑制植物においてはサリチル酸の蓄積に先行して病害抵抗性関連遺伝子の発現が傷害により誘導される

2012年度   ハダニ抵抗性誘導物質の探索

2012年度   Transcriptome Analysis of Quantitative Resistance-Specific Response upon Ralstonia solanacearum Infection in Tomato

2012年度   Identification of Natural Diterpenes that Inhibit Bacterial Wilt Disease in Tobacco, Tomato and Arabidopsis

2011年度   耐塩性に関わるイネカルシウム依存性プロテインキナーゼ遺伝子の解析

2011年度   タバコモザイクウイルス抵抗性に果たすMAPキナーゼの予期せぬ役割

2011年度   シアンこそがいもち病菌の増殖を抑えるイネの重要な防御物質である

2009年度   イネフィトアレキシン モミラクトンAのイネいもち病菌による代謝

2009年度   MAPKであるWIPKとSIPKを抑制したタバコにおけるタバコモザイクウイルス増殖抑制機構の解析

2009年度   MAPK(WIPK,SIPK)活性制御による病虫害複合抵抗性植物作出の試み

2008年度   植物の病傷害応答とカルモジュリン

2008年度   植物の過敏感反応における細胞死と自己防御活性化へのオルガネラの寄与

2008年度   REIL遺伝子抑制イネの傷害応答時における遺伝子発現

2007年度   酵母抽出液(アグリボEX)処理によるPR遺伝子群発現誘導機構の解析

2007年度   Rapid defense gene expression in both resistant and susceptible rice cultivars by elicitor(s) originating from conidia of blast fungus?Basal resistance response before fungal penetration into host cells (いもち病菌胞子由来のエリシターによって罹病性および抵抗性のイネ品種で起こる早い遺伝子発現ー胞子が宿主細胞に侵入する前に起こる基礎的抵抗反応)

2007年度   酵母抽出液(アグリボEX)処理によるトマト青枯病発病抑制効果

2006年度   TEIL(Tobacco EIN3-like)遺伝子と相同遺伝子の傷害応答時における発現差異と、TEIL遺伝子発現抑制タバコにおける花器の形態変化

2006年度   TEIL遺伝子発現抑制タバコの腰折病菌に対する感受性の増加

2006年度   エチレン・青酸合成の誘導が幼若イネにおけるいもち病抵抗性に重要な役割を担っている

2006年度   エンバクチオニン遺伝子を高発現させた形質転換イネにおける導入遺伝子の遺伝とSilencing

2006年度   過敏感細胞死におけるミトコンドリア機能不全とMAPKカスケードの関係

2006年度   トマトの青枯病に対する品種感受性とエチレンとの関係

2006年度   病傷害誘導性MAPKであるSIPKやWIPKはRhizoctonia solaniに対する抵抗性に寄与する

2006年度   病害および病傷害応答性タバコカルモジュリン分子種は、病原体の種類によらない”植物の基礎的防御”に関わっている

2006年度   A novel wound-responsive cis-element, VWRE, of the vascular system-specific expression of a tobacco peroxidase gene, tpoxN1.

2006年度   過敏感細胞死抑制活性を有する青枯病菌(Ralstonia solanacearum)タ イプIIIエフェクターの同定、およびその抑制機構の解析

2006年度   感染誘導性カルモジュリン分子種は、細菌病及び糸状菌病に対する基礎的抵抗性に寄与する

2005年度   Catalytic activation of plant MAP kinase phosphatase NtMKP1 by its physiological substrate SIPK,but not by calmodulins

2005年度   Cytosolic Hsp90 is an essential component for plant MAPK dependent hypersensitive cell death

2005年度   タバコのエチレンシグナル伝達系遺伝子THIL(Tobacco EIN3-like)の特性解析

2005年度   リンゴ台木におけるザルコトキシン遺伝子導入形質転換体の作出

2004年度   Plant mitogen-activated protein kinase phosphatase interacts with calmodulins

2004年度   イネはいもち病菌分生胞子の葉面付着を感知し、体内への侵入以前に遺伝子発現を誘導する

2004年度   セジロウンカの加害によってイネ体内に誘導される耐病性機構の分子生物学的解明:イネ体内における耐病性関連遺伝子の発現及びPRタンパク質誘導の経時的変化

2004年度   Ten rice peroxidases redundantly respond to multiple stresses including infection with rice blast fungus (10種のイネペルオキシダーゼはイネいもち病菌接種を含む多様なストレスに重複して反応する)

2004年度   植物活力剤アグリボEX処理によるPR遺伝子群発現誘導

2004年度   サリチル酸の生合成とシグナル伝達

2002年度   Induced Expression of a Temperature-Sensitive Leucine-Rich Repeat Receptor-LikeProtein Kinase Gene by Hypersensitive Cell Death and Wounding in Tobacco Plant Carrying the N Resistance Gene.

2001年度   ザルコトキシンIA遺伝子導入イネの白葉枯病菌に対する抵抗性

2001年度   In vitro growth inhibition of human intestinal bacteria by sarcotoxin IA, an insect bactericidal peptide.

2001年度   ザルコトキシン遺伝子を導入した形質転換体リンゴの解析

2000年度   アグロバクテリウム法によるカブの遺伝子導入

2000年度   Ethylene promotes the necrotic lesion formation and basic PR gene expression in TMV-infected tobacco

2000年度   An HR-induced tobacco peroxidase gene is responsive to spermine, but not to salicylate, methyl jasmonate, and ethephon

2000年度   Ethylene promotes necrotic lesion formation and subsequent basic PR gene expression in TMV-infected tobacco leaves

2000年度   Unique expression profile of a hr-induced tobacco peroxidase gene

2000年度   A novel tobacco peroxidase gene is induced by hr through unknown signaling pathway

2000年度   HR誘導性の新規タバコペルオキシダーゼ

2000年度   Accumulation of pathogenesis-related proteins in tobacco leaves irradiated with UV-B

2000年度   Signaling pathways for TMV-and wound-induced resistance in tobacco plants

2000年度   Wound-and pathogen-induced expression of tobacco proteinase inhibitor II (PI-II) gene occurs systemically

2000年度   Caracteristic expession profiles of tobacco pathogenesis-related (PR)-1 family proteins by chemical treatments

2000年度   Pathogen- and wound-induced defense gene expression in tobacco plants

2000年度   Accumulation of a JA-and wound-inducible novel acidic PR-1 protein in the intercellular spaces of tobacco leaves

2000年度   A novel tobacco peroxidase gene is induced by HR through unknown signaling pathway

2000年度   Ethylene promotes necrotic lesion formation and subsequent basic PR gene expression in TMV-infected tobacco leaves

2000年度   Silencing of the introduced firefly luciferase gene in tabacco plants

2000年度   Role of ethylene in tobacco mosaic vurus-induced hypersensitive cell death and ethylene-induced gene expression in tobacco leaves

2000年度   ルシフェラーゼ遺伝子を高発現させた形質転換タバコにおけるジーンサイレンシングの解析

2000年度   Transgenic tobacco plants introduced with luciferase gene as model plant for analysis of gene silencing

2000年度   Animal anti-apoptotic gene BCL-xL and CED-9 also suppress hypresensitive cell death in transgenic tobacco plants

2000年度   Salt and disease resistance in transgenic rice plants overexpressing a human cell death suppressor gene bcl-xL

2000年度   アグロバクテリウム法によるカブの遺伝子導入

2000年度   Induced expression of sarcotoxin IA enhanced host resistance against both bacterial and fungal pathogens in transgenic tobacco

2000年度   Agrobacterium-mediated transformation of monocot and dicot plants using the NCR promoter derived from soybean chlorotic mottle virus

2000年度   Proposed mechanisms for the hypersensitive cell death in TMV-infected tobacco plants

2000年度   Isolation and characterization of a tobacco wound-induced leucine-rich repeat receptorlike protein kinase gene

2000年度   Chacterization of tobacco divergent calmodulin genes in virus-infected and wounded leaves

2000年度   スペルミンによるタバコ病害抵抗性の獲得

2000年度   Characterization of tobacco divergent calmodulin genes in virus-infected and wounded leaves

2000年度   アグロバクテリウム法によるカブの遺伝子導入.

2000年度   Expression profile of a wound-induced tobaco peroxidase gene

2000年度   An HR-induced tobacco peroxidase gene is responsive to spermine, but not to salicylate,methyl jasmonate, and ethephon

2000年度   Wound-induced expression of a tobacco peroxidase is not enhanced by ethephon and suppressed by methyl jasmonate and coronatine

2000年度   Ethylene promotes the necrotic lesion formation and basic PR gene expression in TMV-infected tobacco

2000年度   Hypersensitive cell death by virus infection and acquired resistance

2000年度   タバコカルモジュリン遺伝子群の病傷害ストレス応答

2000年度   Ethylene promotes necrotic lesion formation and subsequent basic PR gene expression in TMV-infected tobacco leaves

2000年度   Signaling pathways for induced expression of pathogenesis-related protein genes

2000年度   Spermine is a salicylate-independent endogenous inducer for both tobacco pathogenesis-related proteins and resistance against tobacco mosaic virus infection

2000年度   Signaling pathways for TMV- and wound-induced resistance in tobacco plants

2000年度   Analysis of gene silencing in transgeni tobacco plants introduced with firefly luciferase gene

2000年度   Enhanced salt- and cold-tolerance by overproduction of animal cell death supressors in tobacco cells

2000年度   細胞死抑制機構は動物と植物で保存されているか? ーBcl-XL/Ced-9による植物の細胞死抑制ー

2000年度   抗菌性ペプチド遺伝子導入植物における細菌病および糸状菌病抵抗性

2000年度   Animal cell death suppressors Bcl-XL and Ced-9 could inhibit cell death in tobacco plants

2000年度   Delayed and suppressed necrotic lesion formation on TMV-infected transgenic tobacco plants overproducing animal cell death suppressors

2000年度   Animal cell-death suppressors Bcl-xL and Ced-9 inhibit cell death in tobacco plants

2000年度   Enhanced resistance to bacterial diseases of transgenic tobacco plants overexpressing sarcotoxin IA, a bactericidal peptide of insect

2000年度   Ethylene prmotes necrotic lesion formation and subsequent basic PR gene expression in TMV-infected tobacco leaves

2000年度   Role of ethylene in tobacco mosaic virus-induced hypersensitive cell death and ethylene-induced expression in tobacco leaves

2000年度   Enhanced resistance to bacterial seedling blight off disease in transgenic rice plants with a oat leaf specific thionin gene.

2000年度   外来遺伝子発現用プロモーターの特性比較

2016-2019年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物常在酵母が分泌する酵素による植物の健康維持作用

2008-2012年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   作物の抵抗性誘導経路の強化による新規病虫害複合防除手法の開発

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物の感染防御における新奇オートファジー制御機構の解明とその応用

2008-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物乳液中に含まれる耐虫防御タンパク質・物質の耐虫性発現分子機構解明と応用

2009-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   オートファジーを利用した耐病性イネ創出と、自然免疫能を強化する薬剤の開発

2002-2006年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   耐病性植物育種の分子基盤研究

この記事は