土生芳樹

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き ユニット長
氏名 土生芳樹
連絡先(電話番号) 029-838-7419
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001343
URL http://researchmap.jp/_habu
カテゴリ 水稲 品種

研究情報

2012年度   SGS3による切断RNA-RISC複合体の安定化

2012年度   表現型変化に依らないイネの活性トランスポゾン探索

2012年度   エピゲノム操作の作物育種への応用

2012年度   シロイヌナズナTAS遺伝子領域に見られるDNAのメチル化に関与するタンパク因子の解析

2011年度   フェノーム手法によるイネ根の環境応答機構の解析

2010年度   A novel nuclear factor RSS3 controlling root development interacts with a bHLH transcription factor in rice

2010年度   ペチュニア園芸品種(Petunia x hybrida)にピコティ形質を付与する低分子RNAの解析

2010年度   クロマチン修飾変化がイネ亜種間交配系統における減数分裂期組換えと分離ひずみに及ぼす影響の解析

2009年度   育種におけるクロマチン修飾:減数分裂期組換えとのかかわり

2009年度   イネ初期生長特性のフェノーム解析

2009年度   シロイヌナズナのサイレンシング因子Morpheus'Molecule 1(MOM1)による内在性領域不活性化機構の解析

2008年度   イネMOM1によってサイレンシングを受ける内在性ゲノム領域の検索

2008年度   ゲノムタイリングアレイが拓くヘテロクロマチンサイレンシングの新局面

2008年度   シロイヌナズナmom1系統で見出されたエピアリールの特徴と系統間多様性

2008年度   イネ亜種間交配個体におけるクロマチン修飾変化による減数分裂期組換えホットスポットの誘導

2008年度   シロイヌナズナのサイレンシング因子MOM1によるエピジェネティックな制御を受ける内在性領域の網羅的検出

2008年度   シロイヌナズナのサイレンシング因子MOM1によるエピジェネティックな制御を受ける内在性領域の網羅的検出

2007年度   クロマチン修飾変化がイネ亜種間交配個体における減数分裂期組換えと分離ひずみに及ぼす影響の解析

2007年度   時系列画像解析を利用した遠縁間交配F1イネの初期生長におけるクロマチン修飾阻害の影響解析

2007年度   生長自動モニタリング装置を利用した日印交雑F1イネの初期生長におけるクロマチン修飾阻害の影響解析

2006年度   シロイヌナズナのサイレンシング因子MOM1の標的遺伝子座におけるトランススプライシングを受けたRNAの蓄積

2006年度   シロイヌナズナのサイレンシング因子MOM1の標的遺伝子座におけるヒストンメチル化状態とトランススプライシングの解析

2006年度   成長計測で難問に挑む-雑種強勢とクロマチン修飾

2006年度   シロイヌナズナのサイレンシング因子 MOM1 の標的遺伝子座におけるトランススプライシングを受けた RNA の蓄積

2006年度   クロマチン修飾変化がイネ遠縁間交配後代での分離ひずみに及ぼす影響

2006年度   クロマチン修飾変化がイネ遠縁問交配個体の生長・組換え価・分離ひずみに及ぼす影響の解析

2004年度   GMOにおけるサイレンシング制御は可能か?

2004年度   雑種強勢をエピジェネティックな観点から見てみると

2004年度   生物多様性におけるエピジェネティクスの意義

2004年度   転写レベルのゲノム監視機構としてのエピジェネティクスの意義

2004年度   植物の遺伝子サイレンシング

2002年度   転写型ジーンサイレンシングに関わる因子MOM1の機能

2002年度   (e) 遺伝子導入

2002年度   植物のエピジェネティックな遺伝子発現制御

2002年度   植物のエピジェネティックな遺伝子発現制御

2013-2017年   [独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業]   エピゲノム制御ネットワークの理解に基づく環境ストレス適応力強化および有用バイオマス産生

2015-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ゲノム・エピゲノム情報の統合を通した作物の減数分裂期組み換え位置の特徴解明

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ゲノム情報を書き換えてストレスに対抗する植物のしくみの解明

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物ヘテロクロマチン領域の反復配列サイレンシング機構の解明

1998-1998年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   高等植物におけるDNA型トランスポゾンの転移機構

1996-1997年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物の新トランスポゾンの単離と既知トランスポゾンの異種植物での転移

1997-1997年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   可動遺伝因子による高等植物の不安定変異の解析

1996-1996年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   マルバアサガオの花と葉におけるキメラ斑の形成機構

この記事は