西澤洋子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 西澤洋子
連絡先(電話番号) 問い合わせはメールにて(メールアドレス「nias-renkei@naro.affrc.go.jp」 )お願い致 します。メールでのご使用が不可の方に関しては029-838-7424にてお問い合わせ下さい。
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001339
URL http://researchmap.jp/ynishi
カテゴリ いもち病 水稲 病害抵抗性 病原性解明

研究情報

2013年度   Ubiquitin ligase EL5 maintains the viability of root meristems 1 by influencing 2 cytokinin-mediated nitrogen effects in rice

2012年度   植物と病原菌の攻防戦~植物に味方して~

2012年度   イネいもち病菌感染時に応答するイネ遺伝子発現解析

2012年度   いもち病抵抗性に関与する転写因子OsWRKY76の解析

2012年度   イネの病害抵抗性を制御する転写因子OsWRKY53の相互作用因子の探索と機能解析

2012年度   イネ葉鞘を用いたいもち病菌感染初期における細胞内構造変化の蛍光リアルタイムイメージング

2012年度   イネの複合病害抵抗性遺伝子BSR1による抵抗性にはサリチル酸非依存性の経路が主に関与する

2012年度   レーザーマイクロダイセクションとマイクロアレイ法を用いたいもち病菌感染時のイネ根組織における遺伝子発現解析

2012年度   OsWRKY76の下流に位置する転写因子群の機能解析

2012年度   イネキチン受容体キナーゼOsCERK1の過剰発現は植物免疫応答を強化する

2012年度   イネのアレンオキシドサイクラーゼ変異株の単離と、いもち病菌抵抗性におけるジャスモン酸類の役割

2012年度   ジーンターゲティング法によるキチンエリシター受容体遺伝子破壊イネの作製

2012年度   イネ葉鞘を用いたいもち病菌感染初期における遺伝子発現パターンの蛍光リアルタイムイメージング

2012年度   ジーンターゲティング法によるキチンエリシター受容体遺伝子破壊イネの作出と解析

2012年度   日本植物病理学会論文賞

2012年度   OsWRKY76およびその下流の転写因子群による病害抵抗性の制御

2012年度   イネキチン受容体キナーゼOsCERK1過剰発現イネの解析

2011年度   いもち病抵抗性に関与する転写因子OsWRKY76 の解析

2011年度   イネのキチンオリゴ糖受容体CEBiP の改変によるいもち病抵抗性の向上

2011年度   キトサン分解能を付与した形質転換イネの作出とそのいもち病抵抗性の解析

2011年度   細菌キトサナーゼを発現するイネの作製とそのいもち病抵抗性の解析

2011年度   イネの病害抵抗性発現に関与する転写因子OsWRKY53の標的遺伝子の探索

2011年度   イネいもち病菌感染時に応答するイネ遺伝子の発現変動 レーザーマイクロダイセクション法を用いた解析

2011年度   レーザーマイクロダイセクションを利用したイネいもち病菌感染時のイネ葉身における遺伝子発現解析

2011年度   希少糖の植物への作用(19):D-allose処理によるイネの遺伝子発現制御には糖リン酸化が関与する

2011年度   高濃度窒素条件下におけるイネユビキチンリガーゼEL5の機能解析

2011年度   イネ剥離葉鞘裏面細胞を用いたいもち病菌感染初期における細胞内構造変化のリアルタイムイメージング法の構築

2010年度   キチンエリシター受容シグナルの改変によるイネいもち病抵抗性増強の試み

2010年度   キチンオリゴ糖応答性の改変によるイネの菌類病抵抗性増強の試み

2010年度   キチンエリシター受容シグナルの変換によるイネいもち病抵抗性増強の試み

2010年度   イネのbZIP型転写因子OsTGAP1の機能解析

2010年度   イネの持続的病害抵抗性の増強を目指した宿主―病原菌相互作用の研究

2010年度   イネの病害抵抗性に関与する転写因子OsWRKY53の翻訳後修飾機構の解明

2010年度   イネの病害抵抗性を制御する転写因子OsWRKY53の活性化機構の解析

2010年度   希少糖の植物への作用(17):D-allose処理イネのGAおよびABAシグナルの制御における糖リン酸化の関与

2010年度   希少糖の植物への作用 (13): D-Allose処理イネのGA反応抑制におけるOsABF1遺伝子の関与

2010年度   いもち病菌感染初期におけるイネの細胞内構造変化の可視化

2010年度   Defense Mechanisms Mediated by Chitin in Rice-Blast Interactions

2009年度   イネいもち病菌の事故感染補助因子-感染過程解析のツール

2009年度   ”植物免疫”に関わるイネキチンエリシター受容体

2009年度   エリシターにより発現誘導されるイネ膜結合型ubiquitin ligase EL5と相互作用するタンパク質の解析

2009年度   イネにおけるキチンエリシター受容体複合体の解析

2009年度   イネいもち病菌および白葉枯病菌感染時に応答するイネ遺伝子発現解析

2008年度   イネいもち病菌の感染促進因子2’-deoxyuridineのイネの防御応答に対する影響

2008年度   イネいもち病菌胞子懸濁液上清中の感染促進因子の特性評価とその精製

2008年度   イネいもち病菌の自己感染補助因子-感染過程解析のツール-

2008年度   キチンエリシターシグナル伝達を媒介するイネLysM受容体キナーゼ

2008年度   キチン受容シグナルをHR細胞死誘導シグナルに変換するキメラ受容体創出の試み

2008年度   MAMPS受容シグナルの変換によるイネの菌類病抵抗性増強の試み

2008年度   キチンオリゴ糖を介したイネ植物といもち病菌の相互作用の解析

2008年度   イネキチンエリシター受容体と類似構造を持つCEBiP2の機能解析

2008年度   イネクラスIキチナーゼ活性ドメインのループIIの機能解析

2008年度   イネのキチンエリシター応答性ユビキチンリガーゼEL5の機能解析

2008年度   キチンオリゴ糖を介したイネといもち病菌の相互作用

2008年度   イネいもち病菌が分泌するカタラーゼ・ペルオキシダーゼの感染初期における効果

2008年度   イネいもち病菌が分泌するカタラーゼ・ペルオキシダーゼの機能解析

2008年度   イネのユビキチンリガーゼEL5は側根形成と細胞死を制御する

2008年度   イネいもち病菌のキチン吸着ドメインをコードする遺伝子の機能解析

2007年度   イネいもち病菌の胞子懸濁液中に含まれる熱安定な感染補助因子

2007年度   R遺伝子依存的細胞死の分子機構解明をめざしたイネ培養細胞系の開発

2007年度   イネいもち病菌の遺伝子破壊と遺伝子発現解析が同時に行えるGatewayベクター

2007年度   イネの冠根形成に関与するユビキチンリガーゼEL5と相互作用するタンパク質の同定

2007年度   イネの細胞死抑制型ユビキチンリガーゼEL5の作用機構の解析

2007年度   キチンエリシターシグナル伝達を媒介するイネLysM受容体キナーゼの解析

2007年度   キチンオリゴ糖エリシター応答性GRAS遺伝子CIGR2の機能およびシグナル伝達過程の解析

2007年度   病害抵抗性イネ科植物

2006年度   イネーいもち感染初期における相互作用の解析(1)

2006年度   イネ-いもち感染初期における相互作用の解析

2006年度   キチンオリゴ糖エリシター応答性GRAS遺伝子CIGR2の機能解析

2006年度   イネーいもち感染初期における相互作用の解析(2)

2005年度   放線菌および植物ファミリー19キチナーゼの構造比較と機能解析

2005年度   イネ由来クラスIキチナーゼの結晶構造解析

2005年度   ファミリー19キチナーゼの構造と機能の比較解析

2005年度   根形成に関与するユビキチンリガーゼEL5の発現解析

2005年度   初期感染過程におけるイネーいもち病菌相互作用の解析

2005年度   エリシター処理により誘導されるEL5蛋白質の立体構造と機能

2004年度   イネのユビキチンリガーゼEL5は根の形成に関与する

2004年度   イネ原形質膜上にあるキチンオリゴ糖エリシター受容体

2004年度   イネキチナーゼ遺伝子を導入した形質転換シクラメンの特性解析

2004年度   イネ由来クラスIキチナーゼの結晶構造解析

2004年度   放線菌ファミリー19キチナーゼの構造的特徴と性質

2004年度   キチン分解酵素の作用に着目したイネの病害抵抗性機構の解析ー病害抵抗性分子育種をめざしてー

2004年度   Biosafety assessment of transgenic plants in the greenhouse and the filed.

2004年度   植物特有のATLタイプユビキチンリガーゼの生理機能を探る

2003年度   イネ由来キチナーゼ遺伝子を導入したイチゴの安全性評価

2002年度   花粉ベクター法によるシンテッポウユリの遺伝子組換え体の作出

2002年度   イネ改変アントラニル酸合成酵素遺伝子を用いた選抜マーカー開発のためのプロモーターの検討(2)選抜法の確立

2002年度   Enhanced resistance to blast fungas in transgenic rice plants harboring the chiC gene from Streptomyces griseus HUT6037

2002年度   Microarray analysis of gene expression during rice blast infection

2002年度   イネ改変アントラニル酸合成酵素遺伝子を用いた選抜マーカー開発のためのプロモーターの検討(2)選抜法の確立

2001年度   病害抵抗性イネ科植物

2001年度   改変アントラニル酸合成酵素遺伝子を用いた選抜マーカー開発の為のプロモーターの検討

2001年度   エンバク・チオニン遺伝子またはイネ・キチナーセ遺伝子を導入した組換えイネ系統の隔離圃場における栽培特性調査及び耐病性検定

2000年度   Analysis of gene expression in response to N-acetylchitooligosaccharide elicitors in suspension-cultured rice cells

2000年度   Elicitor action via cell membrane of a cultured rice cell demonstrated by the single-cell transient assay

2000年度   形質転換トマトを利用した菌類病抵抗性系統の作出

2000年度   Transgenic chrysanthemum (Dendrathema grandiflorum (Ramat.) Kitamura) expressiong a rice chitinase gene shows enhanced resistance to gray mold (Botrytis cinerea).

2000年度   イネキチナーゼ遺伝子を導入した組換えトマト植物におけるキチナーゼの細胞内局在性

2000年度   組換えキクにおける外来遺伝子のサイレンシング

2000年度   病害抵抗性トランスジェニック植物の開発はどこまで進んだか(上)

2000年度   病害抵抗性トランスジェニック植物の開発はどこまで進んだか(下)

2000年度   キチナーゼ遺伝子導入による菌類病抵抗性ブドウの作出 II 導入遺伝子の発現と抵抗性との関連

2000年度   キチナーゼ遺伝子導入による菌類病抵抗性ブドウの作出 III うどんこ病抵抗性

2000年度   キチナーゼ遺伝子導入による菌類病抵抗性ブドウの作出 II導入遺伝子の発現と抵抗性との関連

2000年度   形質転換トマトを利用した菌類病抵抗性系統の作出

2000年度   キチナーゼ遺伝子導入による菌類病抵抗性ブドウの作出 IIIうどんこ病抵抗性

2000年度   イネ・キチナーゼ遺伝子を導入した組換えトマト植物におけるキチナーゼの細胞内局在性

2000年度   Regulation of the chitinase gene expression in suspension-cultured rice cells by N-acetylchitooligosaccharides: differences in the signal transduction pathways leading to the activation of elicitor-re

2000年度   Enhanced resistance to blast (Magnaporthe grisea) in transgenic rice by constitutive expression of rice chitinase.

2000年度   Elicitor action via cell membrane of a cultured rice cell demonstrated by the single-cell transient assay.

2000年度   キチナーゼ遺伝子再導入イネにおけるキチナーゼの発現様式の解析といもち病抵抗性R1系統の選抜

2000年度   Enhanced resistance to blast in transgenic rice by constitutive expression of rice chitinase or beta-glucanase gene.

2000年度   イネ・β-1,3;1,4-グルカナーゼ遺伝子を再導入したトランスジェニックイネにおけるいもち病抵抗性の増強

2000年度   Regulation of the chitinase hgene expression in suspension-cultured rice cells by N-acetylchitooligosaccharides:differences in the signal transduction pathways leading to the activation of elicitor-responsivegenes

2000年度   Enhanced resistance to blast (Magnaporthe grisea) in transgenic Japonica rice by constitutive expression of rice chitinase

2000年度   Agrobacterium-mediated transformation of monocot and dicot plants using the NCR promoter derived from soybean chlorotic mottle virus

2000年度   Transgenic grapevine plants expressing a rice chitinase with enhanced resistance to fungal pathogens

2000年度   Transgenic grapevine plants expressing a rice chitinase with enhanced resistance to fungal pathogens.

2000年度   イネ・キチナーゼ遺伝子を導入した組換えキク植物における白さび病抵抗性の増強

2000年度   イネキチナーゼ遺伝子導入によるいもち病抵抗性増強及びサイレンシング現象

2000年度   Transgenic chrysanthemum (Dendranthema grandiflorum (Ramat.) Kitamura) expressing a rice chitinase gene shows enhanced resistance to fungal diseases.

2000年度   イネ・キチナーゼ遺伝子を導入した組換えキクにおける2種類の菌類病に対する抵抗性の系統間差異

2000年度   Production of transgenic alfalfa with chitinase gene (RCC2).

2000年度   イネキチナーゼ遺伝子を導入した形質転換カラタチの作出とこれに接木したポンカンへの遺伝子の移行について

2000年度   Constitutive overexpression of the rice chitinase gene in transgenic cucumber plants possibly induces the production of endogenous antibiotic substances.

2000年度   いもち病抵抗性トランスジェニックイネ体内における導入キチナーゼならびにβ-1,3;1,4-グルカナーゼの発現・分布様式

2000年度   Characterization of blast tolerant transgenic rice constitutively expressing the chitinase or the beta-glucanase gene.

2000年度   Overexpression of the 1,3;1,4-b-D-glucanase gene enhanced host resistance to both fungal and bacterial pathogens in transgenic rice.

2000年度   植物と病原菌の知恵くらべ

2000年度   外来遺伝子発現用プロモーターの特性比較

2015-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   病原性鍵因子の転写制御機構と免疫抑制能の解析によるいもち病菌の活物寄生戦略の解明

2010-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 最先端研究開発支援]   イネの持続的病害抵抗性の増強を目指したいもち病罹病性の分子機構の解明

2010-2012年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   MAMPs受容・信号伝達系強化による病害抵抗性付与技術の開発

2010-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   生細胞経時観察法を用いたイネのいもち病抵抗性応答におけるミトコンドリアの機能解析

2008-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   過敏感細胞死誘導における解糖系酵素GAPDHの新機能解明

2005-2009年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   イネにおける病原菌感染シグナルの受容・伝達機構に関する研究

この記事は